G-log 日々思うこと

千葉県・30代会社員。ライターに憧れて文章を書く勉強中。テンションはいつも低位安定。読書記録、旅行、その他日常など。よろしくお願いします。

読書感想/ざんねんないきもの辞典

『ざんねんないきもの辞典』 今泉忠明 監修

 

どうも、ざんねんないきものです。

最近の残念は、32歳にもなって「どうぶつの森」にハマったことです。

そんな私と親和性のあるタイトルに惹かれ、購入しました。

「ざんねんないきもの辞典2」や「せつないいきもの」など、シリーズ化しているようですね。

 

 

動物の「残念な」生態が満載

あの人は美人なのに仕事できないのよね。的な残念な人は大勢います。

本書では、そんな生き物の残念さが満載。

「ダチョウの脳は目玉より小さい」から始まり、

「チーターは肉弾戦に弱い」まで100を超えるエピソードが綴られています。

 

細かく分けると、

 ・ざんねんな体

 ・ざんねんな生き方

 ・ざんねんな能力

のカテゴリーに分類されています。

ダチョウチーターのように有名な生き物もあれば、

バビルサカカポカメガエルなどの知らなかった生き物も。

 

驚きがあるはず

これだけ種類が豊富に記載されていますので、いくつかは驚きの残念さがあると思います。また、きっとあなたの愛すべき生き物が出てくると思います。

個人的なお気に入りは、シマリスのシッポは取れる&再生しない」が驚きNo.1です。

f:id:GK_GK21:20171127225432j:plain

 

進化ってふしぎ

改めて進化について考えると凄いことですよね。

よく進化の話で例に出される生き物として「キリン」があります。

元々は馬のような姿だったのが、首の長い=視野の広い種だけがどんどん生き残り、

今ではみんなが知るあの姿になっています。

何百年、何千年、何万年かけてたどり着いた姿なのか分かりませんが、

今生きている生き物たち全てが進化の結果として今の姿になり、

そして今現在でも進化中ということに、改めて壮大さとロマンを感じました。