G-log 日々思うこと

千葉県・30代会社員。ライターに憧れて文章を書く勉強中。テンションはいつも低位安定。読書記録、旅行、その他日常など。よろしくお願いします。

読書感想/老人と海

老人と海」 ヘミングウェイ 著

 

どうも。海の苦手なGOです。

老人と海といえば、言わずと知れたヘミングウェイの名著とされています。

教養として知っておいた方が良かろうというのと、

「腹が立ったときに読む本」

と本屋さんのPOPに書いてあったので購入してみました。

一応、以下ネタバレを含みます。

 

 

あらすじ①

舞台はメキシコ湾の漁村。

老人サンチャゴは、ベテラン漁師であったが、不漁が続いていた。

老人を慕い漁を教わっていた少年マノーリンも、

父親から老人と距離を置くよう言いつけられた。

 

一方、漁師としてのプライドは捨ててはおらず、

マノーリンを置いて一人でも獲物を求め小舟で海に出る。

そんなある日、老人は大物がかかった手ごたえを得る。

老人の長い漁師生活の中でも最大級の力強さを感じた老人。

 

しかし、針にかかった獲物は深く沈んでおり、

全く姿を見せないまま船をけん引し続けた。

老人も長期戦を覚悟し、魚との戦いに臨む。

老人は痛む背中、疲労、空腹、眠気にも抗い続けた。

 

戦いは数日間に及んだ。

 

あらすじ②

疲労した魚が浮上してきて、その全貌が明らかになる。

老人の小舟の大きさを上回る全長。

疲労困憊だったが、勢いを取り戻した老人。

老人は渾身の力で銛を突き刺し、獲物をしとめた。

 

舟に獲物を縛り付け、帰路につく老人。

しかし、既に疲労もピークの中、

魚の流す血に、海のハンター・サメが集まり始める。

 

老人も必死に撃退するものの、

次々に襲い来るサメに、獲物はどんどん食われていく。

陸についたころ、老人の努力も虚しく骨以外の食い尽くされていた…

 

 

感想

老人は獲物たる魚に、奇妙な情を感じ始めていました。

同じ孤独同士、海で相手と戦い続けることで、

ある種の親近感があったのでしょう。

 

また、魚との勝負に勝利した老人でしたが、

その後のサメにより漁としては失敗に終わります。

タイトルの「老人と海」との勝負だとすると、

老人は海に負けたとも言えるかと思います。

 

とはいえ、そういうバトル話でもないですね。

老人は、魚こそ骨だけになってしまいましたが、

その戦いの過程にこそ満足していたように感じました。

また、老人を軽んじていた漁村の村民たちも、

骨を見ることで老人の戦いとその勝利を知ることができ、

老人への敬服を得たように思います。

 

薄い本だけど

薄い本ですが、ほぼ全編にわたって魚との戦いが続きます。

老人が小舟で、かつ素手で綱・網を引き、銛を繰り出す。

また数日間にわたる戦いのため、合間に食料として魚を現地調達するなど、

サバイバル要素もかなり展開されています。

そのため、こちらも何となく疲労感がありました。ふー。