G-log 日々思うこと

千葉県・30代会社員。ライターに憧れて文章を書く勉強中。テンションはいつも低位安定。読書記録、旅行、その他日常など。よろしくお願いします。

IKEAのソファをつくろう!

先日、IKEAにて購入したソファが届きました。

9~13時と幅広い時間でしか指定できなかったので不安でしたが、

8時50分には到着するという素晴らしい配送でした。

配送の方が、どう見ても60歳は超えてる感じでしたが大丈夫でした。

 

重さは1つが45kg、もう1つは25kgくらいと書いてありました。

重さ以上に、箱の大きさによるプレッシャーが強い。

 f:id:GK_GK21:20180203170916j:plain

以下、単にソファを組み立てるだけの内容です。

部屋が汚いのはご了承ください。

 

 

箱を開ける

箱を開けないことには始まらないので、開けてみました。

f:id:GK_GK21:20180203171302j:plain

背もたれ部分、座席部分、ひじ掛け×2、座るクッション×2、背もたれクッション×2、その他ネジ類が入っていました。

 

ちなみにソファの座席部分の裏側はこんな感じになってました。

細い針金的なものが張ってあるだけで、やや不安になりましたが…

f:id:GK_GK21:20180203171738j:plain

 

かたや、ひじ掛け部分は安定感が抜群でした。

最初の箱のプレッシャーに負けたため、助手を呼びましたが、

助手が乗っても大丈夫なこの安定・安心感。

助手も「これでベンチとして完成でいいのでは?」と言ってました(カバー掛けただけだけど)。

f:id:GK_GK21:20180203171905j:plain

 

背もたれと座席の合体

ひじ掛け部分はカバーをかけるだけでひとまず終わり。

カバーと各部品にはそれぞれマジックテープが付いているため、かなりやりやすかったです。

次は背もたれと座席は、ネジによって合体させます。

f:id:GK_GK21:20180203172143j:plain

何となくのソファ感。これにカバーをかけます。

 

一番の苦労:ひじ掛け部分と本体の合体

ひじ掛け部分と本体の合体が一番苦労しました。

単に横に並べて穴の位置を合わせてネジを締める…だけなんですが。

穴の位置が微妙にズレると、すぐにネジが弾けます。

f:id:GK_GK21:20180203172438j:plain

まぁ正直、ひじ掛けと本体は頑丈にくっついている必要はないかと思います。

なので、ネジ締めも本気を出しませんでした。

ひじ掛けの安定っぷりは先ほどご覧になった通りですしね。

 

完成!

後は足にキャップを入れ、起き上がらせて、クッションをはめれば完成!

f:id:GK_GK21:20180203172631j:plain

 

ひとりでできるもん??

IKEAで店員さんに聞いたときは「頑張れば一人でできる」との意見でした。

確かに頑張れば一人でもできそうな感じはします。

が、本体を起き上がらせる、カバーをぴっちりかける、カーペットを敷く(組み立てと関係ないけど)といった作業は、一人ではかなり難しかったでしょう。

とはいえ、組み立て費は「5,000円+商品代の20%」なので、

それだけで軽く1万円以上はかかってしまう計算です。

 

個人的には、組み立て自体はなかなか体験できるものでもないので、

それはそれなりに楽しかったです。助手のおかげでけっこう楽でしたし。

仲間って素晴らしいですね。

 

あとはIKEAグッズは私のようにセンスがなくてもオシャレ感が出せそうなので、

これからも部屋作りに取り入れていきたいと思います。 

次はこのフロアランプが欲しいけど、要らないんだよなあ…