G-log 日々思うこと

千葉県・30代会社員。ライターに憧れて文章を書く勉強中。テンションはいつも低位安定。読書記録、旅行、その他日常など。よろしくお願いします。

読書感想/凍える牙

『凍える牙』 乃南アサ

 

小説の場合はあまり「事前情報を入れずに読む派」の私ですが、

タイトルだけではどんな本か判断できませんでした。

どうやら映画化もされているみたいですね。

警察&動物ものという珍しい作品のように思います。

 

以下、ネタバレを含みます。

あ、あとファンの人は読まないでください。

 

 

 

あらすじ

冬のある日、 レストランで一人の客が突然発火・炎上し、ビルを巻き込んだ火災となった。

死亡した男の身元すらなかなか調べがつかず、なぜ発火したかもわからない。

「音道貴子(おとみちたかこ)」は、離婚したばかりの中堅警察官だが、

女であることで警察組織の中では軽く見られていた。

そんな差別的感情をもつ代表格であるベテラン刑事・滝沢とコンビで事件を探る。

 

一方、都内では「野犬の仕業か?会社員襲われて死亡」という事件が起きる。

果たして二つの事件に関連はあるのだろうか。

また、音道と滝沢のコンビは協力して事件を解決に導けるのだろうか。

 

テーマは1つで良かった

本書は、文庫で500ページ超とけっこう長いです。

その理由に、テーマが2つあることが考えられます。

1つがいわゆる推理・警察物ととしての事件解決。

もう1つ、警察という組織から、ひいては社会における女性蔑視の問題。

 

この作品は1996年に書かれたもののようですので、

当時の男女の尊卑の問題は、小学生だった私にはよくわかりません。

この作品には、主人公・音道のことを「女だから」と軽視する男性が多く出てきます。

それが多すぎて「男を叩きたいがために、わざと女性を叩いてる描写ばかり入れる」ように見えてしまいました。

そして以下の通り、解説を読むと本当にそうだったのかなと、より強く思いました。

 

解説が残念

解説は別の方ですが、ずいぶん思考が偏っており、私の嫌いなタイプのフェミニストでした。

(フェミニズム自体に反対しているわけではありません)

「日本を5流国家、男性は昔から腐っていて、今でもそうだ。そんな人間の屑ばかりなせいで日本は終わる(言い回しはほぼ原文ママ)」

そんなことが普通に書いてある解説は初めて見たように思います。

1999年にこの解説を書いたそうですが、時代を考慮しても流石にひどいですね。

 

部分部分は面白いんだけど

そんなわけで、何というか思考の偏りを感じてしまったためイマイチでした。

事件の中心にオオカミがいるというのは珍しいですし、

冒頭の人体発火は「これからどうなるのか?」という点で少しワクワクしました。

ただその発火事件もちょっと無理があるかなあと思いましたが…

 

批判的なことばかり書いたので、ついでにもう一つ。

事件の最後の舞台は、千葉県の「海浜幕張」で終わります。

が、何の恨みがあるのか、

「自然の息吹も感じられない。人間だってこんな場所は嫌なはず。だだっ広いばかりでクソ面白く名もない街(言い回しはほぼ原文ママ)」とこき下ろしています。

音道の独白というスタイルを取って述べられていますが、元々そんな自然万歳なキャラでもなく、「急にどうした?」と思いました。

千葉県民的には、やや嫌になる書きっぷりでしたね。

 

というわけで、作品そのものというより、感じ取った思想が合わないという、小説を読んで初めて感じた違和感でした。

あまり音楽も小説も、作者のパーソナリティには興味ないんですけどね。

一冊で判断するのは良くないかもしれませんが、積極的に手に取ることはなさそうです。