G-log 日々思うこと

千葉県・30代会社員。ライターに憧れて文章を書く勉強中。テンションはいつも低位安定。読書記録、旅行、その他日常など。よろしくお願いします。

読書感想/羊と鋼の森

「羊と鋼の森」 宮下奈都 著

 

「ピアノの調律師」というややマニアックな職業にスポットを当てた小説。

仕事小説というよりは、ピアノの調律を通じた、主人公の成長を描いた物語。

心理描写や「音」にまつわる表現が非常に丁寧でした。

私に音楽は分かりませんけどね。

 

2018年6月8日に、山崎賢人さん主演で、映画も公開されるみたいですね。

hitsuji-hagane-movie.com

 

<目次>

一応、ネタバレは無いように書くつもり。

 

あらすじ

主人公の外村(とむら)は、北海道の山間部で生まれ育った。

高校2年生の秋、たまたま体育館のピアノの調律をしにきた板鳥(いたどり)に出会い、彼の行うピアノの調律の世界に魅せられて、調律師を目指す。

専門学校を卒業し、板鳥のいる会社「江藤楽器」に無事に入社した外村。

学校を出たばかりでピアノも引けず、音楽に詳しくもないが、

板鳥、柳、秋野ら優秀な先輩たちに導かれながら、徐々に成長していく外村だった。

 

「羊と鋼の森」タイトルの由来

まず「羊」は、ピアノの中で弦を打つための「ハンマー」に由来。

このハンマーは、羊毛を固めたフェルトでできているそうです。

 

次に「鋼」はハンマーで打たれる「弦」の素材。

つまり、ピアノの天板を外すと、ずらっと「羊」と「鋼」が並んでいます。

 

最後の「森」は、本書では複合的な意味があります。

ピアノの中の、羊毛と鋼の弦が並んだ姿も「森」。

主人公の外村は、北海道の「森」の豊かな地で育ち、「牧羊」も盛んだった。

また、調律の世界そのものが「森」であり、その奥深さを表現。

などなど、「森」は重要なキーワードになっています。 

 

ピアノの中身をきちんと見たことがないので、少しイメージしにくかったですが…

 

主人公は一見「普通」

主人公は、一見悩みの多い「普通の高校生」(すぐに社会人になるけど)です。

しかし、ピアノを調律しているのを一度見ただけで、「ピアノの調律師になろう」と思う人がどれだけいるでしょうか?

自分がピアノを弾いていた、音楽が好き、とかならまだしも、外村君は全くの門外漢でした。

 

そして「自分には才能が無いのでは」「まだまだ経験が足りない」といった将来に対する不安や悩みこそあるものの、「調律師を辞めたい」という心境には至っていません。

それが外村君の迷い込んだ「深い森=調律の世界」なのでしょう。

悪い意味ではなく、一度足を踏み入れたら、その森の魅力に取りつかれて出られなくなってしまったようです。

 

芸術は正解の無い世界

正直なところ、調律師というものに何の興味も持ったことがありません。

楽器を一切やらずに育ったので、調律が行き届いたピアノとそうでないピアノを、聞き比べても恐らく違いが分からないでしょう。

(同じ場所で、同時に聞き比べれば分かるかもしれませんけど)

しかし、この作品では単なるドレミの音程だけではない、言ってみれば正解のない「調律」というものにこだわり、挑み続ける人達が登場します。

 

音楽や絵画などの芸術活動には正解はありませんし、音程という意味を除けば、調律にも恐らく正解はないのでしょう。

私は芸術的には「書道」を少しかじった程度ですが、こうした求道的な活動というものも、続けていたら面白かったかもしれませんね。

 

ピアノを聞いて(ちょっととはいえ)感動することはありますが、

こうした人達の「目に見えないこだわり」が少しずつ積み重なって、

人の心に感動を作り上げていくというのは、少し視点が広がった気になりました。

 

AI書店員もオススメ。

過去記事ですが、以前AI書店員「ミーム」さんに、私の顔でオススメ本を紹介してもらった際に、この「羊と鋼の森」がチョイスされました。

失恋って判断されたけど。

www.gk-gk21.com

よくよく見ると、その紹介文でも「美しい文章に癒やされる」とありました。

失恋したときに読む本なのかは分かりませんが、恋愛要素はほぼ無しというのは、恋愛に傷ついた人にはいいかもしれませんね。

ただ映画化すると、変に恋愛要素とか入れてきそうなのが少し怖いところ。

 

文庫本で300ページ足らずという、比較的薄めではありますが、

描写の丁寧さをきちんと読み込むと、けっこう時間がかかります。

そういうコスパの面でも良い作品ですね。