G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

猿島・東京から一番近い無人島

東京から一番近い無人島。

最近はすっかり有名になったように思いますが、

噂の無人島「猿島」に行ってきました。

と言っても、まだ暑かった時期のことですが…

東京から一番近い無人島 

猿島は、神奈川県の横須賀市に含まれる離島です。

横須賀市と言えば、海軍カレーですね。

人口は40万人強いますが、急斜面が多い地形で、

たまーに空き家問題などで取り上げられてしまいます。

 

f:id:GK_GK21:20171027212755j:plain

 

さて、猿島の行き方です。

総武・横須賀線のJR横須賀駅からは歩いて20分ほど。

またはバスで15分ほどで到着する「三笠桟橋」から船が出ます。

鉄道なら、京急横須賀駅の方が近いようです。

 

f:id:GK_GK21:20171027213031j:plain

 

夏場は、午前8:30から1時間に1便ずつ就航しています。

値段は往復+入島料で、大人1名1,500円。

乗船時間は10分程度なので、船酔いする人も我慢できるでしょう。

ちなみに帰りは、9:45分から1時間に1便ずつ、最終は17:00です。

 

猿島は、国の軍事要塞があった島です。

要塞という特性上、島の外からは施設が見えないようになっています。

島の外周は少し小高い部分や森に覆われており、

島の中心部を削って谷のようにし、そこに施設が隠れています。

なるほど。

f:id:GK_GK21:20171027213803j:plain

 

船が到着し、桟橋を渡ると、売店や休憩所、島の案内所があります。

他の人がバーベキューやビーチ遊び、釣りなどの準備をしている間に、

ぼっちの私はさっさと散策に出かけました。 

おかげで、人のいないタイミングで撮影できました。

 

素敵な自然と廃墟

島内は、基本的には舗装されたところを歩くので、

きっちりした装備などは不要です。

繰り返しですが、元々軍事施設であるため、

防衛拠点としての施設の名残が見え隠れします。

以下、説明よりも写真で紹介したいと思います。

(弾薬庫跡)

f:id:GK_GK21:20171027213849j:plain

 

(トンネル)

f:id:GK_GK21:20171027213921j:plain


(砲台の跡)

f:id:GK_GK21:20171027213939j:plain

 

(道中の風景)

f:id:GK_GK21:20171027213955j:plain

 

非常に素敵な雰囲気。

 

ウォーキングとしての楽しみ

途中、やや傾斜の厳しい道があったり、

結構急な階段があったりと、それなりの適度な運動にもなります。

一人ぼっちのペースで休憩なしで一気に歩き回ると、

おおよそ30分くらいで一周を終えることができました。

家族や友人と行く場合には、もっとじっくりゆっくりした方がいいでしょう。

 

私も西表島伊豆大島大久野島などの離島には何度か行ってますが、

行きやすさはやはりNo.1でした。

無人島も初めてですが、人も多いので無人感はあまりなかったかな。

家族・友人と行くもいいですし、1人でもそれなりに楽しかったです。

安くて近い無人島、軽い気分転換に行ってみてはどうでしょうか。

 

www.tryangle-web.com

 

ちなみに最終便に取り残されても、ボタンを押せば助けが呼べるそうです。

ただし、お迎えは別料金と書いてあるので、果たしていくら払うやら…

無人島は計画的に。
f:id:GK_GK21:20171027214419j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞