G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

「覇穹 封神演義」について思うこと

今年はアニメを少し観てみようと思い、

「覇穹 封神演義」と「ゆるキャン△」を観ています。

封神演義といえば、私がちょうど小中学生のころ流行ったので、そんな思い出もあり。

そんな「覇穹 封神演義」について思うこと。

「封神演義」を読んだことがある前提で書いております。

 

ちなみに「ゆるキャン△」は漫画の1巻をちょうど読んでアウトドアに憧れたため。

ネットで評判見ると、けっこう評価高いみたいですね。

女子高生が主役なので、金銭感覚がかなり親しみやすいです。

 

覇穹

はきゅう。まず漢字を出すのに苦労します。

「覇」は覇王、制覇、連覇など出しようがあります。

「穹」は全く出てきません。公式HPからコピペしました。

読み仮名は「キュウ、あめ、そら」と読むそうです。

 

「覇穹」でググっても出てこないので造語のようですが、

「空を制する=仙界大戦」ってことなんでしょうかね。

 

話を削り過ぎでは…?

のっけから、こんなだっけ?という感じでした。

王貴人も出てこないで、太公望がいきなり妲己に突撃。

即捕まるという何ともお粗末な話。

 

それ以外も、いつの間にか武吉は仲間になっているし、

楊戩も大して仲良くなってないのに信頼関係ばっちり。

それ以外も含めて、読んだことがあるから多少ついていけますが、初見だったら意味不明でしょうね。

その割に、人肉ハンバーグお料理コーナーはしっかりやってましたが。

 

昔のアニメ版は観ていないけど

封神演義は、昔アニメ化していたそうですね。

それも結構な不評っぷりだったため、今回の「覇穹~」は期待が高かったようです。

なぜベストを尽くしてくれなかったか…

 

ダイの大冒険の再アニメ化はまだかなあ

「昔の作品&アニメが不評だった&今でも一定の人気あり」でいうと、「ダイの大冒険」を思い出します。

こちらはリアルタイムでアニメも観ていました。

最終回がバラン戦で「異常なまでの人類への恨み(?)を残し、バランは去った」というナレーションで、急にブチっと打ち切られたのが衝撃でした。

あとエンディングのめっちゃいい声の人の歌が好きでしたね。

いろいろ難しいんだろうけど、リメイクしてくれないかなあ。

 

思い出を掘り返す

アニメの出来はさておき、こうして昔のことを思い出せたのは良かったです。

恐らくまだ実家にあるであろう封神演義とダイの大冒険。

今度、帰省するときには読んでみようかな。

実家まで15分あれば帰れるけど。