G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

小浜島のリゾート・はいむるぶしに泊まった

リゾートへ行こう!

念願の八重山再訪を果たすにあたり、せっかくだから良い所に泊まろうと。

というわけで、

東京ドーム8個分の広大な敷地をもつリゾート「はいむるぶし」に泊まってきました。

f:id:GK_GK21:20180316190432j:image

 

良い所に泊まったのでお金が尽き、一泊でしたけどね。

ちなみにはいむるぶしの意味ですが、

「はい」=南

「むる」=群

「ぶし」=星

で、南十字星だそうです。

 

 

 

小浜島からのアクセス

島自体のことは別記事で書こうと思いますが、小浜島港〜はいむるぶしの行き方について。

小浜島に行くには、石垣島からフェリー以外にルートがないのですが、

そのフェリーの到着に合わせてバスが港で待ってくれています(予約不要がありがたい)

港からホテルまでは3kmなので歩けなくもないですが、荷物もあるので利用した方が楽でしょう。

短時間ですが、簡単な島の案内も聞けますしね。

 

とにかく広い

とにかく敷地が広いです。東京ドーム8個分とか何とか。

敷地内だけの移動用カートや送迎サービスがあるほど。

フロントから部屋までも、カートで送ってくれました。

部屋は20室くらいがワンセットの離れがいくつかあり、場所に寄って見える景色も違います。

f:id:GK_GK21:20180316190857j:image

 

ビーチ、大浴場、プール、池、昆虫館…何でもある

敷地内にはそれだけで楽しめるものがいっぱいあります。

大浴場は、名前に「展望」と付いているだけあって、オーシャンビューのステキな風呂でした。

(ちょっと狭いので混んだら辛そうですが)

 

f:id:GK_GK21:20180316191650j:image

 

また、ビーチも白い砂浜と青い海が広がり、昼と夜にメニューが変わるカフェも営業しています。

 

f:id:GK_GK21:20180316191925j:image

海を見ながら、海風を感じながら食事もできます。

f:id:GK_GK21:20180316192014j:image

白い砂浜に素敵なパラソル&チェアもあり、ここで飲食もできます。

私もひとりで寝転んで、ぼんやり過ごしました。

 

食事は予約制

夕飯がセットのプランでない場合、事前に予約が必要です。

一応、島内にも数件の飲食店があるようですが、食いっぱぐれが怖いので申し込んでみました。

f:id:GK_GK21:20180316192408j:image

食事もまた改めて書きたいと思いますが、ひとりでも丁度いい量でも注文できました。

 

原付で走ろう

ホテルから出る用に、自転車か原付を借りることができます。

別記事にも書きますが、乗れる人は原付が楽だし楽しいです。

狭い島内なので、自転車でも十分一周できますけどね。

 

「南の島のリゾート」が国内で満喫できる、素晴らしいホテルでした!

私以外にも、ひとりで来てる人も何人かいたように見えました。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞