G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

「殺戮の天使」をプレイ。7月6日~アニメ放送【Switchゲー紹介その3】※クリア後追記あり

※2018.7.11クリアしました※

まあこわい。物騒なタイトルですね。

ジャンルで言えば、サイコホラーアドベンチャーだそうで。まあこわい。

 

この手のゲームをあまりやったことがありません。

といっても、怖いからやらないのではなく、たいていこういうのは後味が悪い&ゲーム性が乏しいのでやらずにいました。

まあ食わず嫌いも良くなかろうと、ものは試しに。

f:id:GK_GK21:20180701131447j:plain

 

ちなみに、Switchだと1500円ですが、

スマホ(iPhone,Android)なら480円、PC版は無料らしいです。

先に言ってよ…

 

<目次>

なお、序盤のネタバレは含みます。

 

※追記:クリアしたので感想を追記しました。

Baka?

起動したら、いきなりBakaと出てきました。

読み間違ってたらごめんなさい。

f:id:GK_GK21:20180701131443j:plain

 

※調べたら「バカー」という会社のようです。

 

そしてタイトル画面。血文字で書かれたかのような物騒なフォントと選択。

f:id:GK_GK21:20180701131447j:plain

 

もちろん、New Gameでスタート。

謎の個室に、ひとりの金髪少女が座っているシーンから始まります。

f:id:GK_GK21:20180701131451j:plain

 

少女も今目覚めたかのように、自分の状況が把握できていません。

病院の診察室に来ていた記憶はあるようですが…

f:id:GK_GK21:20180701131006j:plain

 

ここでいきなりのカットイン。

主人公はレイ。レイチェル・ガードナーちゃん13歳。

ずいぶん細い上に、さらに縞模様による錯覚で長く見せる、般若スタイル。

f:id:GK_GK21:20180701131010j:plain

 

いきなり操作開始です。

上下左右移動と、調べるボタン、メニューボタンくらいです。

f:id:GK_GK21:20180701131014j:plain

 

探索開始

部屋にいても仕方ないので、外に出ていきます。

f:id:GK_GK21:20180701131018j:plain

 

基本的には、気になるものを調べる&道具を使うのみのようです。

壁の落書きには、意味深なことが書かれています。

f:id:GK_GK21:20180701131022j:plain

 

ちなみに、レイの年齢は13歳だそうです。

f:id:GK_GK21:20180701131026j:plain

 

デスゲームのはじまり

行く先はカギがかかっていて、進むことができません。

コンピューターを調べると、「プレイスタート用」というカードキーが貰えます。

f:id:GK_GK21:20180701131030j:plain

 

自分でドアの前で、アイテム選択⇒カードキーを使うを選ばなくてはいけないらしい。

個人的には、必要なアイテムを持っていたら自動で使って欲しい…

f:id:GK_GK21:20180701131034j:plain

 

先に進むと、いやーなことを言われます。

最下層にいるレイが、「いけにえとなりました」とのこと。

f:id:GK_GK21:20180701131040j:plain

 

そして、「ここから先はプレイエリア」。

誰が「プレイ」しているのでしょうか?

f:id:GK_GK21:20180701131044j:plain

 

まずはB6階へ

エレベーターは昇りのみ、そして一つ上がったら止まりました。

そしてたどり着いたのはFloor B6、地下6階。

f:id:GK_GK21:20180701131047j:plain

 

建物の中のはずですが、路地が再現されています。

そして壁に貼られた新聞記事には、「連続殺人」の記事が…

f:id:GK_GK21:20180701131051j:plain

 

新聞記事だけでなく、随所に赤黒い何かが飛び散っています。

f:id:GK_GK21:20180701131055j:plain

 

探索を続けると、けがをした小鳥を助けることに。スナック菓子で釣る。

f:id:GK_GK21:20180701131059j:plain

 

アイテムとして小鳥をゲット。

f:id:GK_GK21:20180701131103j:plain

 

しかし、小鳥に導かれていくと、急に男が登場。

新聞記事に出ていた「殺人鬼」です。

哀れ、真っ二つにされる小鳥…

f:id:GK_GK21:20180701131111j:plain

 

そしていきなりカウントダウンが始まり、3秒以内に逃げることに。

追いつかれると、あっさり殺害されて、

f:id:GK_GK21:20180701131115j:plain

 

即、ゲームオーバー。なんてこったい。

そしてタイトルに戻されるので注意。

f:id:GK_GK21:20180701131119j:plain

しかし、追っかけられる直前にセーブ画面が勝手に起動するので、セーブしておけばそこから再開できます。

また、セーブは会話・イベント中以外はいつでもできるようです。

 

ダッシュで逃げ切り、箱の中に隠れてやり過ごします。

f:id:GK_GK21:20180701131124j:plain

 

真っ二つになった小鳥を拾い上げます。

優しい反面、普通は真っ二つの小鳥を拾えますかねえ。

f:id:GK_GK21:20180701131128j:plain

 

アイテムとして獲得される小鳥。

f:id:GK_GK21:20180701131131j:plain

 

さらに、埋める直前に縫い直してあげる優しさ。

優しさなんでしょうか?

f:id:GK_GK21:20180701131135j:plain

 

このゲームのルールもちらほら

落書きを調べると、このゲーム全体のルールが示唆されています。

f:id:GK_GK21:20180701131140j:plain

ここから推察するに、

  1. 選ばれた「いけにえ」は一番下の階層からスタート
  2. 1階ごとに、殺人鬼的なサイコキャラが居座っている
  3. そいつをかわして(逆に殺すもあり?)上に上がっていけばOK
  4. 殺人鬼側にもルールがあり、それは原則守られる

こんな感じのルール設定がされているように思われます。

 

謎を解いて次のフロアへ

殺人鬼から逃げる以外は、特に時間制限等もないため、のんびりやっていれば問題ありません。

謎解きと書きましたが、謎と言えるほどのものも今のところありません。

ただ、鍵を見つけたあとのドアが無いじゃんとしばらく探しました。

この目の前のがドアとは思いませんでした。

調べられるものと、単なるオブジェクトの区別はつきにくいです。

f:id:GK_GK21:20180701131143j:plain

 

最後の最後に殺人鬼再び。

またダッシュで逃げますが、かなり余裕でした。

f:id:GK_GK21:20180701131151j:plain

 

殺人鬼を振り切ってB5フロアへ

エレベーターは1つしか上がらず、B5フロアに進みます。

f:id:GK_GK21:20180701131156j:plain

 

また打って変わって違った雰囲気の中。どうやら病院のようです。

f:id:GK_GK21:20180701131200j:plain

 

今度はすぐに人が出てきました。

f:id:GK_GK21:20180701131204j:plain

 

どうやら、レイのかかりつけのダニー先生のようです。

f:id:GK_GK21:20180701131207j:plain

f:id:GK_GK21:20180701131212j:plain

 

また、レイが診察を受けていた理由は、「人が死ぬところを目の前でみた」ことだそうです。

また、ダニー先生は暢気に「ゲームみたい」などと話しています。

f:id:GK_GK21:20180701131216j:plain

 

しかし、ちょいちょいサイコっぷりを発揮するダニー先生。

f:id:GK_GK21:20180701131221j:plain

 

また、このゲームのルールも知っているようです。

f:id:GK_GK21:20180701131225j:plain

 

さらに分かりやすいフラグを立てていきます。

あぁ絶対に目を奪おうとしてくるわ…

f:id:GK_GK21:20180701131229j:plain

 

きっと患者さんの悲痛な叫びも無視されてきたのでしょう。

f:id:GK_GK21:20180701131233j:plain

 

徐々に核心に迫ってくるダニー先生。

f:id:GK_GK21:20180701131237j:plain

 

来たか…

f:id:GK_GK21:20180701131242j:plain

f:id:GK_GK21:20180701131245j:plain

f:id:GK_GK21:20180701131250j:plain

 

と思うと、また普通に戻るダニー先生。

(もう分かり切ってるので、そろそろ襲ってくれませんかね)

f:id:GK_GK21:20180701131255j:plain

 

義眼を取ってきてくれという先生。

謎解きっぽいことも言われますが、全く必要ありませんでした。

f:id:GK_GK21:20180701131259j:plain

 

3択で、赤・緑・青の義眼が置かれていました。

しかもアレキサンドライト=緑だ!と思って緑を持っていったら不正解。

しかも3つ持って行っても自分がカギを持っているというオチ。

これはひどい。

f:id:GK_GK21:20180701131303j:plain

 

 

義眼を持ってこいってのもよく分かりませんが、義眼をコレクションしているのもよく分かりませんね。

f:id:GK_GK21:20180701131310j:plain

 

何となく卑猥なイメージもありますが、義眼を着けるところは見せたくないようです。

f:id:GK_GK21:20180701131314j:plain

 

お隣で待機。さっさと逃げたいところですが…

f:id:GK_GK21:20180701131318j:plain

 

鍵がかかっていたので、たまたま拾ったバールで開けていきます。

f:id:GK_GK21:20180701131321j:plain

 

しかし、ダニー先生に後ろを取られてしまいました。

f:id:GK_GK21:20180701131325j:plain

 

ここで歪んだ望みを吐露する先生。

f:id:GK_GK21:20180701131328j:plain

 

分かりやすくサイコっぷりを出してきました。

f:id:GK_GK21:20180701131332j:plain

 

お気に入りの義眼は、眼球がなぜか2個入りだそうで。

f:id:GK_GK21:20180701131336j:plain

 

手術台に捉えられるレイ。

f:id:GK_GK21:20180701131340j:plain

 

両親との再会を願うレイ。

しかし予想通り…

f:id:GK_GK21:20180701131343j:plain

 

お亡くなりのようですね…

f:id:GK_GK21:20180701131347j:plain

 

そして、精神が乱れてしまったレイ。

画面も乱れておりました。

f:id:GK_GK21:20180701131354j:plain

 

しかし、突如、B6にいた殺人鬼「ザック」が乱入。

ダニーに斬りかかりました。

f:id:GK_GK21:20180701131358j:plain

 

しかし、心が壊れてしまったレイには興味を持たないザック。

f:id:GK_GK21:20180701131402j:plain

 

ザックはルールを破って上階に上がってきたので、「裏切り者」になります。

f:id:GK_GK21:20180701131405j:plain

f:id:GK_GK21:20180701131410j:plain

 

殺人鬼と少女の冒険

精神崩壊気味なレイは、このデスゲームからの脱出を狙うザックに「殺して」と頼みます。

f:id:GK_GK21:20180701131418j:plain

 

しかし、ザックは死んだ目をしたレイを殺したがりません。

逆に、一緒に脱出できたら殺してやると約束します。

f:id:GK_GK21:20180701131422j:plain

 

f:id:GK_GK21:20180701131426j:plain

 

ここで、奇妙な連携ができあがり、パーティにザックが加わります。

本名はアイザック・フォスターさん。20歳前後とのこと。

上半身は火傷により、包帯グルグル。志々雄真実的な。

f:id:GK_GK21:20180701131432j:plain

 

B4に上がり、二人の冒険は続く…

f:id:GK_GK21:20180701131439j:plain

 

ここまでの感想

謎解きというよりは、ストーリーを楽しむものですね。

ネタバレではなく推測ですが、たぶんレイは人を殺していますね。

そして、それが自分の両親なのかもしれません。

 

というように次々と死に、やたらと血が流れるゲームなのでしょう。

ホラーというよりサイコなので、残虐ではあっても恐怖はないのかな。

それがSwitchのゲーム層と合っているのか分かりません。

 

「ゲーム性」を考えると、正直なところイマイチです。

分岐があるのかまだ分かりませんが、特に選択肢もなく、謎解きとは言えないような、調べて回る作業が中心。

また、途中でも書いたように、グラフィックがしょぼいので分かりづらい…

ドット絵は嫌いではないんですが、さすがに分かりにくいなあと思うものも。

人物も、いっそ萌え系でもいいからもう少し綺麗な方が良かったかなあ。

 

ゲームとしてより、ライトノベル・小説として認識した方がいいかもしれません。

ですので、ストーリーがどれだけ素晴らしいかが、作品の魅力につながるでしょう。(今のところは未知数)

ただサイコキャラを並べて残虐描写が続く、というだけの、薄っぺらいものでないことを期待しています。

なんとこの殺戮の天使は、英語・中国語・韓国語版も出ているそうで、その期待感もあって買ったということもあります。

 

とはいえ、何より無料ダウンロードできるものを買ってしまっているため、必ず最後までやり遂げようと思います。

 

追記:クリア後の感想(ネタバレあり)

その後、クリアいたしましたので感想を。

トータルタイムは5時間ちょうどくらい。一部、死に戻りがあったのですが、誤差の範囲だと思います。

 

さて、内容について。

まあ予想通り、レイちゃんが殺人鬼でしたね。

感想としては、良くも書こうと思えば書けるのですが、ゲーム=エンターテイメントという考えで率直に述べたいと思います。

 

ちょいプレイした時にも「ゲームというよりラノベ」と書きましたが、最後までその通りでした。

「神とは何か?人間とは何か?」というテーマにしたかったのか?

 

 

レイの生い立ちをふまえ、ストーリーを振り返ると…

 

  1. 生まれる
  2. 両親が不仲となり、父はアル中・母は精神病で、暴力が日常茶飯事
  3. 自分の思い通りになる存在がないため、小動物を殺すことで「自分のもの」にする
  4. 自分のものにするため、死体を糸と針で縫って整える
  5. そんなレイが原因で両親の喧嘩がエスカレートし、父が母を殺す場面を見てしまう
  6. 自分にも襲い来る父を、母が隠し持っていた拳銃で殺す
  7. 父と母の死体を縫い合わせ、理想の優しい家族像を物理的に作り出す
  8. ここで施設に入れられ、ダニー先生に惚れこまれる
  9. 以後、殺人鬼としてビルの中で殺人を繰り返す
  10. 聖書に出会うことで、自分が穢れた存在だと知り、神にすがるように
  11. 自分を殺してくれると神に誓ったザックを「私の神」とする
  12. ザックがただの人間と知ったが、それでも殺される約束をしなおす
  13. 神と人間ではなく、人間と人間の約束を交わし、神の支配から逃れる
  14. 外に出たところで、自分は更生施設へ、ザックはつかまり死刑へ
  15. 脱獄して更生施設に迎えにきたザックに「私を殺して」と頼んでEND

ざっとこんな感じですかね。 

ゲームのスタート時点は、10と11の間くらいでしょうか。

 

敢えて学びを得たとするならば、

「人間はあいまいで矛盾して狂気ともなるが、それでも人は人でしかない」ということですかね。

気づけば登場人物が殺人者しかほぼいないので、感情移入とは程遠いかなあ。

 

グラフィックがドット絵過ぎてモノが判別しづらいのと、

攻撃などの演出が「赤く画面が光る」となっており、かつそれが攻撃したのか、攻撃未遂なのかもよく分からないというのがちょっとストレス。

音量もいきなり大きくなる場面も多かったですしね。

 

つまらないとまではいいませんが、元々フリーゲームだったことを考えると、

フリーでやればもう少し満足度も高かったかなというのが率直な感想です。

 

公式ホームページ系へはこちらから

殺戮の天使の公式サイトはこちら。

ダウンロードもこちらからできます。

gamemaga.denfaminicogamer.jp

 

また、アニメについても公式リンクを貼っておきます。

先ほど書いたように、ゲームというよりノベル的要素が強そうなので、ゲームでやるよりアニメで見た方がいいのかもしれません。

絵も綺麗になってますしね。私も第1話は観てみようかな。

satsuriku.com

 

過去のSwitchゲーム紹介記事はこちら

たまには、最後に過去記事紹介を。

こちらも見てね。 

www.gk-gk21.com

 

 

www.gk-gk21.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞