G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【農業】トウモロコシを収穫したので、トウモコロシについて思うこと

トウモロコシ&ヤングコーンの収穫体験をしてきました。

というわけで、今回のテーマはトウモロコシとヤングコーンです(安直)。

 

f:id:GK_GK21:20180717211058j:image

 

 

トウモロコシとヤングコーンの関係

たまに別物と勘違いしている人がいますが、ヤングコーンはトウモロコシの成長過程です。

トウモロコシは、1本の木(?)に対して、2本のトウモコロシが実ります。

ただ、放っておくと3本以上ができていきますが、そこに栄養を取られてしまうと、最初の1~2本も美味しく&大きくなりません。

 

そこでまだ未熟なうちに刈り取った3本目をヤングコーンと呼んでいます。

私の超上手い絵で表すと、こんなイメージです。

f:id:GK_GK21:20180718050113j:image

 

トウモロコシの栄養は?

続いて、トウモロコシの栄養について。

そもそもトウモコロシは、米・麦と並ぶ三大穀物です。

ですので、主な栄養は、炭水化物(糖分)となっています。

しかし、野菜属性も持っているため、食物繊維やビタミンB類、各種ミネラルなども含まれています。

なので、疲労回復や整腸作用なども期待できるかも。

 

「ヒゲ」と呼ばれる「めしべ」部分も栄養があるので、気にならない人はそのまま食べるも良しです。

ヤングコーンは、葉酸や亜鉛が豊富なようですね。髪や肌の健康や、血液循環にも良い影響があるようです。

 

ヤングコーン収穫体験へ

というわけで、トウモロコシ畑へと降り立ちました。

f:id:GK_GK21:20180717211140j:image

 

トウモロコシの収穫は特筆すべきこともないのでヤングコーンについて。

ヤングコーンは、冒頭に書いた通り、3本目の若い芽を摘む=収穫です。

この群生するトウモコロシの中から、「3本目が生えつつある個体」を探していきます。

これは目視と触感で確かめていくしかありません。

 

たまたま一緒にいたチビッ子を撮影させてもらいました。

この20cmくらいのところにヤングコーンが埋まっています。

f:id:GK_GK21:20180717213603p:image

 

皮を剥いていくと、ヒゲにまみれたヤングコーンが登場しました。

これまたチビッ子がいたので、ヒゲでブラッシングしたら楽しそうにしてました。

f:id:GK_GK21:20180717213617j:image

生でも食べられるトウモロコシ&ヤングコーン

無農薬&新鮮なので、生でも食べることができました。

若干の繊維質は感じますが、糖度も十分で美味しかったです。

農家の方に聞くと、「ヒゲ」の部分も使い道がいっぱいあるそう。

  • 煎じてお茶にしてみる
  • 春雨のようにサラダに混ぜる
  • 炒めて、付け合わせとして食べる

などのバリエーションがあるみたい。

f:id:GK_GK21:20180717211131j:image

 

トウモロコシは鮮度が命ということで、冷凍ケースに入れてお持ち帰りいたしました。

こんな状態のトウモコロシは初めて見ました。というより、冷凍ケースに野菜を入れたことがないかも。

おかげで家でも生で食べられましたし、焼いたり蒸したりで美味しくいただきました。

f:id:GK_GK21:20180717211135j:image

 

収穫体験をしてみて

久々に農業収穫体験をしましたが、なかなかに楽しかったです。

以前、貸し農園でトウモロコシを育てていましたが、台風により全滅したトラウマが解消されました。

何より、自分で取って自分で食べるというのはいいですね。

知らないチビッ子とも打ち解けましたし、「沖縄の農家感」を出すこともできました。

ここ沖縄じゃないけど。

今度は違う作物に挑戦してみたいですね。

f:id:GK_GK21:20180717211458j:image

 

☆おまけ☆

文章中のいくつかは、トウモロコシではなくトウモコロシになっています。

いくつあったか探してみよう!

 

 

タイトルとすぐ上の文章合わせて6個

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞