G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

「これ高かった!いくらしたと思う!?」が苦手

タイトルでは伝わらないかもしれませんが、この手の質問が苦手です。

特に相手のテンションが高いとき。

金額関連には限らず、具体的にはこんな感じ。

 

「これ高かったの!いくらだと思う!?」

「すごい人数だった!何人来たと思う!?」

「〇〇県は〇〇の数では日本一です!さていくつでしょう!?」

 

こんな質問をぶつけられた時、どう答えるのが正解なのでしょうか?

 

 

模範解答と会話の流れ

だいたいこういうとき、相手の心境は「お前が思ってるより凄いんだからな!」という気持ちで満ち満ちていることでしょう。

なので例えば「この服、高かったの!いくらだと思う!?」と聞かれたら、

ブランド、相手の年収、普段着の傾向、価値観などを考慮して、

「実際にかかった値段よりも少し低い値段」を言うのがベストアンサーだと思います。

 

なので、

敵「この服、高かったの!いくらだと思う!?」

GO「うーん、8万円くらい?」

敵「もっとだよ!10万円したんだから」

という感じが、相手の期待を完璧に汲んだ会話の流れでしょう。

※この手の質問が苦手なので、もはや敵として会話しております。

 

失敗例

で、これが失敗すると、

敵「この時計、高かったんだよー!いくらしたと思う?」

GO「うーん、100万円くらいか?」

敵「いや、さすがにそこまでのは買えないけどさ…」

GO「あぁ…はい」

というように、最初のテンションをけっこう挫いてしまいます。

私が悪いのかは別として、この雰囲気が苦手。なので、この手の質問が苦手。

 

予測がつくものならいいけど… 

ある程度想像がつくならいいんですよね。

例えばですが「この服高かった!」程度の話ならば、

相手のことが多少なりとも分かっていれば、せいぜい10万円以内だろうし、

同じくらいの給料なら5万円くらいで十分高いので、その辺りで答えておけば難なく終わり。

 

f:id:GK_GK21:20180818214745j:image

 

ただ、時計や宝石のようなものだと、かなりピンキリですよね。

私の様に2万円の活動量計兼腕時計を付けているだけで高いと言い張る人もいますし、

数百~数千万円クラスのものも数多く売られているだけに、非常に読みづらい。

 

ましてお金以外で知識もない分野だとさらに難しい。

「イベントで人が凄く来て大成功!」と言われて、

「1000人くらい?」と返したあとに「いや、300人くらいだけどね…」とか。

「わが県は〇〇ではシェアトップなんです。何%だと思いますか?」と言われて、

「50%くらいですか?」と返したあとに、「いえ、30%くらいです」とか。

 

なるべく低めに答えて、相手の気持ちを盛り下げないようにしていますが、

想定できないものだと難しいし、あまり低く答えても馬鹿にしてる感が出ても嫌ですし。

 

敵「いくつに見える?」

さすがに今どきはいなくなりましたね。

嫌われる質問のひとつだということが浸透してきたせいでしょうか。

この質問に限らず、上で出したような質問についても、なるべく自分からはしないように気を付けたいと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞