G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【カフェ巡り8】遅歩庵いのう 伊能家の子孫が営む古民家カフェ

カフェ巡りのコーナー…

 

今回は千葉県香取市にある「遅歩庵いのう」(ちぶあんいのう)さんです。

香取市は合併してかなり広くなりましたが、もともと旧佐原市(さわらし)は、

江戸時代に水郷の町として、江戸との物流で栄えた街です。

 

今でも川沿いに数多くの古民家が立ち並び、観光舟も川を流れる歴史の趣のある街です。

こういう、川のある町並みが好きなんですよね。 

 

f:id:GK_GK21:20180822205045j:image


f:id:GK_GK21:20180822205008j:image

 

 

伊能家17代目が経営

「伊能忠敬」と言えば、教科書にも載る有名人ですね。

GoogleMapの基礎を作った人です。しかもGoogleカーも無しに。

その伊能家の子孫の方が経営しているお店ということです。

 

おじいさんと呼べるような年配の店主に尋ねたところ、当代は17代目。

(一瞬怖い人っぽかった(失礼)ですが、話しかけたらすごく親切な方でした)

ただし、伊能忠敬自身は伊能家の「分家」に養子で入ってきた人物であり、

この「遅歩庵いのう」は本家の方であるとのこと。

 

「遅歩庵」という店名は、国学者であった伊能家9代目の方の「号」(学者としての名前のようなもの)が遅歩庵。

それに加えて、分家である伊能忠敬が「全国測量に向けて歩き出すのが遅かった」という二つの意味を持つそうな。

 

ちなみに伊能忠敬は今年「没後200周年記念」だそうで、香取市内ではこれをPRしていました。

 

f:id:GK_GK21:20180822205059j:image

f:id:GK_GK21:20180822205037j:image

 

遅歩庵いのうの場所

遅歩庵いのうは、小野川沿い「伊能忠敬記念館」のすぐ隣にあるカフェです。

最寄の駅では、JR佐原駅から徒歩10分程度。

佐原駅は、水郷・古民家の街並みを象徴する駅舎になっています。

f:id:GK_GK21:20180823203446j:image

 

小野川沿いに、いくつか他の店舗も立地しています。

喫茶店、飲食店もありますが、船着き場や小道具屋などもあります。

f:id:GK_GK21:20180823203450p:image 

 

ちなみに佐原駅自体は、東京基準で考えるとけっこう遠いです。

特に、成田駅以降は電車の本数がぐっと減るので車の方がいいかも。

 

古民家に作られたシンプルな喫茶店

川沿いを駅の方(=北側)から南下していくと、右手側に見えてきます。

GoogleMapでは「水曜定休」でしたが、実際はやっていました。

よくわからんのう。
f:id:GK_GK21:20180822205019j:image

 

川沿いからのれんをくぐって入ってみると、少し不安になる入り口が。
f:id:GK_GK21:20180822205109j:image

しかし、中に入ると古民家の風合いを残しながらも、近代風な雰囲気のカフェが。

f:id:GK_GK21:20180822205005j:image

 

あまりに暑かったので、アイスコーヒーとベイクドチーズケーキのセット(850円)。

他にはモンブランもありました。メニューはシンプルで、ザ・喫茶店という感じ。

f:id:GK_GK21:20180822205033j:image

 

久しぶりにチーズケーキをいただきましたが、甘さ控えめで美味しかったです。

(炎天下を飲まず食わずで歩き回ってたせいもありますが)

 

東京バンドワゴンの舞台にも

反対側(伊能忠敬記念館側)からも入り口がありまして、そこには「ンドワドンバ京東」という看板が。

f:id:GK_GK21:20180822205106j:image

「東京バンドワゴン」という古本屋&カフェを舞台にしたテレビドラマが2013年頃に放映されており、そこの舞台で使われたそうです。 

www.ntv.co.jp

 

周りの観光もセットで

この小野川沿いは古民家が立ちならび、現役の住居もあればお店もあります。 

また、小野川は小舟に乗って観光もできますので、川下りも楽しめます。

たまたま行った昼頃は、舟が満席とのことで乗れませんでした。

あと、仕事中だったことを思い出したので乗れませんでした。

30分ごとに出ているようです(未確認)。

f:id:GK_GK21:20180822205029j:image

 

 

そして遅歩庵いのうの隣は「伊能忠敬記念館」。

日本全国を踏破した人物を学ぶにはいいですね。

仕事中だったのを思い出したので行けませんでしたが。
f:id:GK_GK21:20180822205012j:image

 

そして、遅歩庵の橋を渡った反対側には、伊能忠敬の生家があります。

元々は酒造業を中心とした商家だったそうですね。 

f:id:GK_GK21:20180822205055j:image

 

こちらの家には、昭和20年頃まで「伊能さん」が暮らしていたそうです。
f:id:GK_GK21:20180822205052j:image

f:id:GK_GK21:20180822205102j:image

伊能忠敬にはお世話になっているはず

というわけで、今回は歴史を感じる古民家カフェでした。

周辺散策も含め、行って学んでみてください。

f:id:GK_GK21:20180822205040j:image

 

個人的には、最近できた古民家ホテル「NIPPONIA佐原」が気になっています。

突撃で泊まれないかと思ったら空いてませんでした。

ひとりで泊まると一泊3万円くらいしますしね…

www.nipponia-sawara.com

 

憧れのままにしておこう。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞