G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ひとり旅】太宰府天満宮。学問の神様・菅原道真公と御神牛に会う。

ひとり旅の続き。

山口県から関門トンネルを抜けて、福岡県へ。

中州で一泊したのち、学問の神様・菅原道真が祀られる、

太宰府天満宮に行くことにしました。

 

f:id:GK_GK21:20180904044304j:image

 

 

なお、太陽がまぶしすぎて、一部画像が見づらい部分がありますのでご了承ください。

 

通りゃんせ

この童謡をご存知の方も多いでしょう。

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

もちろん、私も知っていました。

しかし恥ずかしながら、「天神様」=「菅原道真」ということは、太宰府天満宮に行って初めて知りました。

f:id:GK_GK21:20180904044301j:image

江戸時代にできた童謡のようですが、歌詞の不気味さがあって様々な都市伝説もあるみたいですね。

 

菅原道真公とは

太宰府天満宮に行ってみると、菅原道真への畏敬の念が強いため、このブログでも菅原道真「公」と付けたくなってしまいますね。

ガースーとは呼べない感じです。

 

そんな菅原道真公について、簡単に。

西暦845年に生まれ、没903年、京都生まれ。平安時代ですね。

学問の神様として名の知れた道真公は、幼少のころからその才覚を発揮していたそうです。

特に文学畑で活躍しており、国の文学編纂などで尽力し、右大臣にまで昇りつめました。(武術も嗜んだそうですが)

しかし、藤原時平の讒言によって、京都から今の太宰府周辺に左遷となります。

この時の役職が、太宰権師(だざいごんのそつ)です。

 

謹慎生活を送りながらも、人々のための政治も行った菅原道真公。

最期は、人々に愛されながら59歳で人生を終えました。

死後、「遺骨を牛に運ばせ、その牛が止まった場所に供養してほしい」という遺言に従って、牛が止まったのが今の太宰府天満宮と言われています。

なお、菅原道真公と牛については、白牛が藤原時平からの刺客から守ったなどの逸話が残されており、現在の太宰府天満宮に牛も祀られているのです。

 

というようなことが、敷地内にある「菅公歴史館」で学ぶことができます。

f:id:GK_GK21:20180904044307j:image

f:id:GK_GK21:20180904044157j:image
f:id:GK_GK21:20180904044146j:image
f:id:GK_GK21:20180904044321j:image
f:id:GK_GK21:20180904044313j:image

 

 

太宰府駅に降り立つ

博多駅から、西日本鉄道の太宰府駅へは、

JR博多駅⇒(鹿児島本線)⇒JR二日市駅⇒(徒歩10分)⇒西日本鉄道:二日市駅⇒(1駅)⇒太宰府駅です。

高校が近いらしく、またこの日が夏休み明けだったせいか、先生方がお迎えまでしていました。

f:id:GK_GK21:20180904044201j:image

 

駅前には、一蘭のおみやげ処が。

まだ朝の8時頃だったのでやってませんでしたが。

 

f:id:GK_GK21:20180904044258j:image

 

駅前にはお土産屋が立ち並び、そのまま太宰府天満宮の参道へとつながっています。

f:id:GK_GK21:20180904044345j:image

 

参道を進む

改札を出て、右方向に太宰府天満宮があります。
f:id:GK_GK21:20180904044247j:image

 

古民家、または古民家「風」なお店が軒を連ねています。

8時過ぎ頃の様子ですが、空いているお店が数軒ありました。

人はそれほど歩いておらず、快適な歩行空間でした。

f:id:GK_GK21:20180904044142j:image

 

この日はもう、太陽がまぶしすぎて困ったものです。

f:id:GK_GK21:20180904044334j:image

 

なお、参道の中にはコンセプトスタバも立地しています。 

一応、こちらが紹介記事です。メニューは普通。

www.gk-gk21.com

 

 

菅原道真公の祀られる太宰府天満宮へ

歩いて10分もかからない程度で、太宰府天満宮の入り口に到着しました。

f:id:GK_GK21:20180904044332j:image

 

全体像がこちら。

メインの「御本殿」以外にも、太鼓橋や御神牛などの見どころがあります。

また、九州国立博物館とだざいふ遊園地といったレジャー施設も。

九州国立博物館、行きたかったのですが、月曜日(=定休日)という凡ミスをやらかしました。

f:id:GK_GK21:20180904044213j:image

 

こちらが御神牛(ごしんぎゅう)。

なでると、なでたところが良くなるとか。

f:id:GK_GK21:20180904044216j:image

 

鼻が一番なでられているため、テッカテカです。
f:id:GK_GK21:20180904044205j:image

 

こちらが太鼓橋。

この太鼓橋に限らず、朱色の橋って好きなんですよね。
f:id:GK_GK21:20180904044329j:image


f:id:GK_GK21:20180904044327j:image

池の上にはカエルの石像も置かれています。

f:id:GK_GK21:20180904044136j:image

 

橋と言いつつ、ほぼ階段ですね。
f:id:GK_GK21:20180904044210j:image

 

御本殿へ

太鼓橋を渡るとすぐに御本殿が見えてきます。

f:id:GK_GK21:20180904044208j:image

 

御本殿の手前の門。ご立派です。

f:id:GK_GK21:20180904044242j:image

こちらにも牛が。

こっちは昭和33年と書かれているので、入り口の御神牛(昭和60年?)よりもベテランです。

だいぶ痩せているようにも見受けられます。

f:id:GK_GK21:20180904044347j:image

 

こちらが営業時間。季節によって多少変動アリ。

f:id:GK_GK21:20180904044226j:image

 

本題に戻りますが、こちらが御本殿です。
f:id:GK_GK21:20180904044339j:image

平日の朝でも、何人か参拝客がいらっしゃいますね。

f:id:GK_GK21:20180904044224j:image

 

左右には、梅の木が植えられています。
f:id:GK_GK21:20180904044310j:image

 

f:id:GK_GK21:20180904044319j:image

 

 

かわいいサイズの牛も。
f:id:GK_GK21:20180904044316j:image

 


そして学問の神様らしく、受験合格と大きく売り出されています。
f:id:GK_GK21:20180904044341j:image

 

その他、敷地内の写真ダイジェスト

これは休憩室。冷房完備、授乳室なども。
f:id:GK_GK21:20180904044229j:image

キリンですかね。

f:id:GK_GK21:20180904044131j:image

こちらは鳥の「ウソ」。ポケモン感がある。

f:id:GK_GK21:20180904044235j:image

敷地内には、池が多かったですね。

f:id:GK_GK21:20180904044139j:image

太鼓橋が映える。

f:id:GK_GK21:20180904044244j:image

 

参道の名物は「梅ヶ枝餅」

小一時間、太宰府天満宮にいたので、時刻は午前9時30分ころ。

この頃には、多くの店が開店していました。

f:id:GK_GK21:20180904044221j:image

 

そして名物は梅ヶ枝餅。

あんこを薄めの餅でくるんで焼いたものです。

左遷されて傷心中の菅原道真公に、老婆が励ましの意味を込めて、梅の枝を添えてこの餅を差し出したところ、菅原道真公がいたく気に入ったそうです。

f:id:GK_GK21:20180904044133j:image

 

サイズはこぶし大くらいで、簡単に持ち運べるサイズ。

参道内には、軽く10軒以上は売られていました。

全てが120円だったので、何か取り決めがあるのでしょうね。
f:id:GK_GK21:20180904044337j:image

 

こういう焼き餅、かなり好きなんですよね。

3つほど色んな店で買って食べ歩きましたが、味の違いは分かりませんでした。

小説「君の膵臓を食べたい」でも登場していましたね。

 

なお、梅ヶ枝餅をお土産に買おうと思い、福岡空港を探したのですが見つかりませんでした。

買うならここで買うべきみたいですね。

f:id:GK_GK21:20180904044149j:image

 

そして、9時30分ころになると、一気にチャイナタウンかというほど中国系観光客の人の群れ。
f:id:GK_GK21:20180904044218j:image

 

すぐ近くの駐車場を見に行ったら、相当数のバスが停まっていました。

そりゃいっぱいになるわけだわね。
f:id:GK_GK21:20180904044250j:image

 

というわけで、行くなら朝早くの方が良さそうです。

帰りはそのまま帰る予定でしたので、「福岡空港行き」のバスが太宰府駅前から出ていて便利。

(国際線の方に行かされますが、すぐ国内線に行けます)
f:id:GK_GK21:20180904044253j:image

 

学問の神様に会ってきたので…

学問の神様のところに行ってきたので、何らかの学問をしなければ。

(すっかり英語学習をさぼってることはよぎりましたけどね)

というわけで、新しく勉強用の本をAmazonで発注してみました。

最近ニュース等でも見て気になった、世界遺産検定です。

受験するかは分からないけど、勉強してみると面白いかもしれません。

単に観光で太宰府天満宮に行っただけですが、少しでもやる気になれれば良かったなり。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞