G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【ウタマロ石鹸VS白パンの泥汚れ】試してみた

ウタマロ石けん。良い名前だ。ウタマロ。

最近「売れている」というニュースになるまでは知りませんでした。

主婦・主夫層ならば常識なんでしょうか。

 

f:id:GK_GK21:20180918205858j:image

 

そんなわけで、ウタマロ石けんのレビュー(?)です。

 

 

白パンが汚れまくったのよ

先日の山口県旅行の際、白パンで鍾乳洞に突っ込んだところ、

アレを漏らしたのかっていうぐらい泥はねが目立ち、

途中のファッションセンターしまむらにて履き替えるという事件がありました。

 

www.gk-gk21.com

 

その後、洗濯機で洗ったものの、完全には落ちなかったのがこちらです。

洗剤はアリエール。

f:id:GK_GK21:20180918205904j:image

 

ウタマロ石けんとは

そんなときに、ウタマロ石けんの存在を知りました。

きっかけは、ウタマロ石けんの記事でした。

trend.nikkeibp.co.jp

※有料記事ですが冒頭は読めます。

 

なんと60年以上のロングセラー商品だったのですね。

そんなウタマロ石けんの売れ行きが「V字回復」という記事です。

 

V字回復の理由としては、「泥汚れに強い」「袖口や襟の黒ずみに強い」ということ。

正に、泥はねに悩んでいた私にとっては救世主のようなもの。

というわけで、マツキヨで買ってきました。140円くらいだったかな。

お安いものです。
f:id:GK_GK21:20180918205847j:image

 

白パンの様子

買ってきたところで、まずは白パンの様子を確認します。

泥汚れを拡大すると、こんな感じです。

一度洗濯して諦めてから放置していたので、完全に残った汚れです。
f:id:GK_GK21:20180918205853j:image

 

裾の方も、薄まったとはいえ、まだまだ目立ってしまっています。

これを履いて出かけるのはちょっと忍びない。
f:id:GK_GK21:20180918205901j:image

 

こすった&漬けてみた

以下の手順で、白パンの汚れ落としに挑みました。

  1. 全裸になる
  2. 白パンを持って風呂場へ行く
  3. シャワーでぬるま湯を白パンに浴びせる
  4. ウタマロ石けんをこすり付ける(直接)
  5. ひたすらこすり付ける
  6. ここで死んでもいいくらいの勢いでこすり付ける
  7. 疲れたので休む
  8. こするのを諦める
  9. ぬるま湯を張って、石けん成分を残したまま白パンを漬けこむ
  10. 身体を拭く
  11. パンツをはいてTシャツを着る
  12. 寝る
  13. (翌朝)白パンの様子を見る
  14. 干す

というようなフローです。

途中から「漬ける」に逃げたのは、筋肉疲労が限界を迎えたためです。

 

こすった&漬けた結果

その結果がこちらです。

f:id:GK_GK21:20180918205856j:image

 

よーーく見ると、わずかに染みが残っていますが、ちょっとその辺に出かけるくらいなら気にならないかな。

f:id:GK_GK21:20180918205850j:image

 

結果的に、こすりが良かったのか、漬けが良かったのか分かりません。

そもそも、手洗いで命を燃やしてまで頑張ったのが初めてなので、

ウタマロ石けんの効果だけとは言い切れないかもしれません。

逆に言えば、こすりで限界を感じたので漬け込んでみましたし、

それでも完全除去には至りませんでした。

 

しかし、ウタマロ石けんがきっかけでここまで頑張れたということは事実。

ありがとう、ウタマロ石けん!

ということで綺麗にまとまりました。

www.e-utamaro.com

 

 

Amazonだとちょい高めですが、送料等もありますからね。

固形のいわゆる「石けん」以外にも、液体タイプなども出ているようです。

でもたまには固形の洗濯石けんを使うと、いい筋トレになるかもしれませんね。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞