G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【TGS2018】東京ゲームショウ2018を観てきた。eスポーツ、VRと時代は進む。

2018年9月20~23日に幕張メッセで開催された、「東京ゲームショウ2018」。

一般公開初日である、22日にふらりと寄ってみたので、ダイジェストでご紹介&感想。

 

f:id:GK_GK21:20180922190654j:image

 

 

なお、体験のほとんどが終了または60分以上待ちが中心だったので、見学が中心です。

 

人が凄い…セットも豪華

先日、初のコミックマーケットに参加しましたが、それと比べてもセットの豪華さは相当レベル高いですね。

そして人も凄い。ただ、人の量はコミケの方が多かったかな。

ちなみに午後2時30分頃行ったせいか、入場はすんなりできました。
f:id:GK_GK21:20180922190629j:image

 

人の量の割には、それなりに動き回ることはできました。
f:id:GK_GK21:20180922190651j:image

 

スマホ、eスポーツなど時代が変わったなあ

ゲーム会社といえばどこを思い浮かべますか?

私の中では任天堂、SONY、SEGA、スクエニ、バンナム、コナミ、アトラス…あたりのメジャーどころがパッと浮かびます。

(アトラスはメジャーか分かりませんが)

f:id:GK_GK21:20180922190612j:image

 

しかし、最近のゲームショウでは、Googleも出ていました。
f:id:GK_GK21:20180922190634j:image

 

そしてスマホゲームコーナーも出来ていて、時代だなあと感じました。

そしてeスポーツイベント・大会も様々な場所で行われていました。

会場には入れなかったのですが、司会の声を聞くに盛り上がっていたようです。

f:id:GK_GK21:20180922190624j:image

 


f:id:GK_GK21:20180922190619j:image

 

知ってる、注目してるタイトルがほとんど無い!

最近は、新しいゲームに遠ざかっているので、最新のゲーム動向が分かりません。

キムタクがモデルとなった「JUDGE EYES」は、今私がやっている「龍が如く」的な感じだと思ったら、

もっとスタイリッシュアクションになっていて似て非なるものでした。

どのみち、今更PS4買う気はないのでできないんですけどね。

f:id:GK_GK21:20180922190657j:image

 

全体的に、盛り上がっていたのはFPSかアイドル系のように感じました。

PUBG(何度かPDGB、PUGBと間違えたけど)は名前だけは聞いたことありましたが、FPSってイマイチ興味が持てないんですよね…
f:id:GK_GK21:20180922190542j:image

 

アイドルものは、そもそもジャンルがよく分かりません。

リズムゲーなのか、シミュレーションなのか?

f:id:GK_GK21:20180922190626j:image


インディーズゲーム会社もたくさん。学校系も。

 

インディーズゲームもたくさん並んでいました。

メーカー制作のものもありますが、日本工学院や、岡山情報ビジネス学院など、学校系の出展も。
f:id:GK_GK21:20180922190640j:image

 

学生制作やインディーズ系のメーカー、その他海外メーカーなどのゲームは、サンプルプレイがほぼ並ばずに体験できました。

パズルゲームやアクションゲームをやりましたが、シンプルやアイディア勝負で十分面白そうなものも多々ありました。
f:id:GK_GK21:20180922190534j:image

 

VR、ARも大人気

AR、VRはやはり体験が大人気でした。

これは回転するプロペラに映像が映し出せる機械。

動画でないと伝わらないけど、エアリアルディスプレイ(空中投影)に近い感じ。

f:id:GK_GK21:20180922190548j:image

 

こちらはかなり大掛かりなVRゲーム。

実際に自転車をこぎながら、恐らくレース的なものをやっているのでしょう。
f:id:GK_GK21:20180922190603j:image

 

これはさらに大掛かり。

画面だけ見るとジェットコースターのような動きをしていました。

座席が相当動いているため、かなり本格的なVR。

というかそこまで来たらある意味ヴァーチャルじゃなく、単にリアルな気も。

f:id:GK_GK21:20180922190637j:image

 

たまご型スピーカー装置で、個室のように中に座れます。

これは比較的並ばず入れたので、体験してみました。

VRゴーグルをつけて入ると、立体音響とあいまってそれなりに臨場感高い。

一個100万円弱とのことで、スッと逃げたけど。

f:id:GK_GK21:20180922190621j:image

他にも、豊田紡績が他2社と組んで、未来のクルマのVR体験をやっていました。
f:id:GK_GK21:20180922190605j:image

 

こちらも大人気だったので乗れませんでしたが、中では何が行われていたのか気になりました。
f:id:GK_GK21:20180922190645j:image

 

コンパニオンを撮る人を撮る私

ゲームショー、モーターショーと言えばコンパニオン。

明らかにそれ目当ての人も多く、カメラも本格的です。
f:id:GK_GK21:20180922190610j:image

 

 

また、モデルさんもそういうのは全くOKで、むしろ撮られたいという人もいるのでしょう。

f:id:GK_GK21:20180922190642j:image

 

私はどちらかというと、「コンパニオンを撮る人を撮る」ことが多いのですが、さすがに顔出しはいかがなものかと思うので、素直にコンパニオンの方の写真を載せておきます。

f:id:GK_GK21:20180922190600j:image

 

顔が特定できない範囲では、実際にはこんな感じですね。

ものすごいカメラの量。左側のステージには、ミニスカートのコンパニオンの方がポージングしておりました。

f:id:GK_GK21:20180922190551j:image

 

別角度から見るとこんな感じ。

もはやどこのブースだったのかは分かりません。
f:id:GK_GK21:20180922190616j:image

 

最近は、男性コンパニオン(男でもこう呼ぶのか?)もいるみたい。

これはコンパニオンというよりモデルか?
f:id:GK_GK21:20180922190536j:image

 

感想まとめ

ゲームの最新状況に詳しくない私にでも、元々ゲーム好きとしては十分楽しめました。

ただ、体験コーナーが軒並み混雑していて、短くても40分、長いと100分待ち、もしくは既に受付終了と、本質的には楽しめてないように思いました。

今年発売のタイトルでは、スマッシュブラザーズspecialが楽しみなのですが、任天堂はブースがなかったので情報は分からず残念。

ドラクエビルダーズ2を買おうか迷ったくらいかなあ。


おまけ

マリオオデッセイが好きだったので、マリオの相棒・キャッピーを買おうか迷ったが、結局買わず。

2000円というのが、こういうところにしては良心的な価格だなあと。

f:id:GK_GK21:20180922190607j:image

 

もはや長寿番組の「ゲームセンターCX」ブースを覗いたら、ADの加賀さんとタニーがいました。

加賀さんはだいぶ声も出して営業していて、好感が持てました、何も買いませんでしたけど。

イカに1000円は高いよう。

f:id:GK_GK21:20180923191854j:image

〝こんな記事もあります〞