G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【スーツ】ZOZOが期待外れなので、オンワード樫山でオーダースーツを作ってみた

今回は、初めてオーダーでスーツを作ったお話です。

もっと高いイメージがありましたが、総計35000円くらい。

これから新社会人になる方もいると思いますが、これくらいならば手が届きやすいのではないでしょうか。

ピンキリのキリの方ですが、今時はスーツ需要の低下のせいか、どんどん安くなっていってますね。 

 

 

ZOZOのオーダースーツは駄目だった

なぜオンワード樫山にたどり着いたかは、約3か月前にさかのぼります。

そのころ、ようやく届いたZOZOSUITにて計測をしてみました。

もちろんカッコいいデジタルのSUITではなく水玉ドットで、失敗した草間彌生みたいな全身タイツの方です。

やや数値のズレっぽいものに不安はありましたが、2万円ちょいでスーツが作れるとのことでしたので、さっそく頼んでみました。

 

www.gk-gk21.com

 

しかし、7月発注で納期が10月とのこと。

長いなあと思いつつもそれを待っていたのですが、10月も半ばになったころに

「やっぱ12月になるわ。ごめんごめん。キャンセルしたければメールくれ」というメールが。

当初のハイテク計測スーツが水玉スーツになったのも含め、これは当てにならないなと思ったので即キャンセル。

 

しかし、オーダースーツへの興味はまだ尽きていませんでした。

というわけで、今度は信頼できるメーカーにお願いしようと探し求めた結果、「オンワード樫山」にたどり着きました。

f:id:GK_GK21:20181025221455j:image

 

私でも名前を知っているブランドならば、相当有名なんだろうと決定。

 

ネットで予約して店舗に行く

まずはネットで測量を予約して、実店舗に行って測ってもらうという流れです。

(一応、自宅に呼ぶという選択肢もあるようですが…)

 

ネット予約では、場所(店舗)と時間を決めます。

東京、大阪など大都市には店舗がありますが、千葉県にはありませんでした。

そこで、最も近い秋葉原の店舗に行くことにしました。

 

kashiyama1927.jp

 

秋葉原駅から徒歩5分程度、雑居ビルの9階にテナント入居していました。

外観からはよく分からないですね。

f:id:GK_GK21:20181020175128j:image

 

しかしちゃんと「KASHIYAMA the Smart Tailor」の看板を見つけました。

ちなみに秋葉原店は予約専用のため、普段は人がおらず、店舗として機能していないとのこと。

f:id:GK_GK21:20181020175140j:image

 

スーツのいろいろを決めてみる

体型を測るイメージはありましたが、それ以外には何をするのか知らなかったオーダースーツの世界。

店員さんとマンツーマンになった後の大雑把な流れは、

1.生地を決める(=基本の値段が決まる)

2.形やオプションを決める(=有料もあり)

3.測る(=少し脱ぐ)

4.調整する(形をとる)

5.お支払い

というステップで、全部で40分くらいでした。

 

1.生地を決める

これは予算や好みと相談ですね。

f:id:GK_GK21:20181020175133j:image

 

安いものだとポリエステル繊維などが使われますが、少し良くなってくるとウール100%などになっていきます(詳しいことは知らぬ)。

ストライプや色合い(黒~グレー等)を決めていきます。

生地の見本を触りながら、手触りや色合い、柄などで決めていきます。

ただ、生地でベースとなる値段に3~7万円くらいの開きが出ますので、そこは気をつけましょう。

 

2.形やオプションを決める

形・オプションについては、決めることが思ったよりたくさんありました。

ジャケットでは、ボタンの数(1~3個)や、横のポケットの角度(水平または斜めにする)、

襟をとがらせる、背中は真ん中or左右に切れ目を入れるなど、様々な箇所を細かく指定できます。

良いボタンにすると+2,000円など、有料オプションもあります。

パンツは、裾をシングル・ダブルのどちらにするとか、ポケットの角度などを指定していきます。ちなみに私はダブル派。

 

3.測る

ここからが、肝心の「測る」部分になります。テーラーっぽい!

肩幅、バスト、ウエスト、股下などをメジャーで測ってもらいます。

自分のスリーサイズを知るきっかけにもなりますね。

 

4.調整する

測ったサイズに応じて、既製品のスーツの中で一番近いサイズのものを試着しながら、少しずつ理想に向けて調整していきます。

例えば、私はやや巨乳(B90cm、W70cm、H91cmくらい)であるため、肩~胸のサイズに合わせると、腹がゆるゆるになります。

なので、通常のスーツよりも、腹部分を1cmほど詰めてもらいます。

同様に、その割には腕が細いため、袖やヒジの辺りも、1cmずつくらい細くしてもらいます。

ズボンについては、通常の裾上げで長さ調整をしたほか、

太ももが太い割に、ひざから下が細いため、ひざ周辺を1cmきつくしてもらいます。

といったように、普段意識しない部分もだいぶ調整してもらいました。

 

5.お支払い

測量が終わって調整が済めばお支払いです。

初めてということもあったので、一番安い30,000円の生地にしました。

それに「ズボンの線が消えにくい加工オプション」代金の2,000円が乗っかります。

税込み35,000円程度でオーダーのスーツが作れるのはいいですね。


納期は10日間程度

今回は、生地の在庫があるということで、最短の一週間。

ただ、「ズボンの線が消えにくい加工オプション」があるため、全部で10日間の納期となりました。

 

普通の紳士服屋でスーツを作っても、裾上げ等に一週間くらいかかるので、それほど長いということもありませんね。

もうじき届くので楽しみ楽しみ。

 

ステマっぽくなったので、良くなかったところ

というわけで、良くなかったところもちゃんと書きたいと思います。

まず、ネット上でも生地を選べるというものですが、ホームページ上では、ほぼ同じ色・模様にしか見えません。

実際に見ると違いが分かるのですが、ネットで決定するのは怖い。

f:id:GK_GK21:20181020175138j:image

 

他にも悪かったのが…と思ったのですが、初めてということもあって結構楽しかったので、そんなに不満はありません。

あとは、スーツの出来栄え次第で、リピートするか酷評するかが決まりますね。

ZOZOのオーダースーツのレビュー記事を見ると、やはり買わなくて良かったなぁと思ってしまいましたから。

 

【後日、オーダースーツが届いた話】 

www.gk-gk21.com

 

【さらに後日、ネットで頼んでみた話】

www.gk-gk21.com

 

うん、けっこう気に入ってますね。

〝こんな記事もあります〞