G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【世界遺産】富岡製糸場に行ってきた。木骨レンガ造の素敵な工場。

世界遺産について勉強をし始め、行ったことのある世界遺産についても2つの記事を書きました。

www.gk-gk21.com

www.gk-gk21.com

 

日本にある世界遺産については、それなりに行っていたようですが、まだまだ残すところ多数。

そんなこともあって、次に近い世界遺産である富岡製糸場に行ってきました。

f:id:GK_GK21:20181026184432j:image

 

 

池袋から高速バスで

富岡製糸場は、群馬県の富岡市にあります。

JRを乗り継ぎ、高崎駅から上信鉄道に乗って行く手段もありましたが、乗り換えが面倒。

 

調べると、池袋から高速バスで行けるとのことでした。

お値段も片道2,100円で、電車で行くよりちょっとだけ安め。

池袋駅東口、交番の近くの高速バス乗り場から発着です。

f:id:GK_GK21:20181026184456j:image

 

まあ、うちから池袋がそれなりに遠いんですけどね…

午前7時15分にバスが出発し、上里サービスエリアで休憩をしたのち、

約2時間後、9時20分に「富岡」に到着しました。

 

そこから歩いて20分(約2km)ほどありますけどね。

道中、上毛かるたの電柱を発見しました。
f:id:GK_GK21:20181026184034j:image

それ以外には、特に目新しいものはありませんでした。

ちなみに車で行く人向けにお伝えしておきますが、有料駐車場はそれなりに立地していました。

 

富岡製糸場とは(お勉強)

ここで、富岡製糸場について簡単に。

1872年(明治5年)、日本発の官営模範工場として設営されました。

当時は、生糸の輸出価値が高く、政府の殖産興業政策の目玉的存在でした。

 

富岡が選ばれたのは、①養蚕が盛ん、②水が豊富、③土地が広い、④住民が同意した、⑤石炭が近くで採れたの5つの理由からです。

 

当時、工場は、フランス人の技術者を招き、フランスパンで殴られながらも、

和洋の技術を融合させた「木骨レンガ造」として建設されました。

木材で建物の枠組みを作り、壁などをレンガで作った構造は、

建物の重量負荷を上手く分散したため、今日まで建物が現存することとなりました。 

 

140メートルの長さを誇る操糸場と、約100メートルの置繭所(おきまゆじょ)が「コの字」型に配置されています。

この地図で言うと、右半分の辺りですね。

f:id:GK_GK21:20181026184052j:image

 

その周辺には、全国から集められた女工が暮らす寄宿舎や、

フランス人が暮らすための洋館、工場のための診療所などが建てられ、

寄宿舎を除く建物は、今でも現存しています。

 

操業期間は115年間ということで、非常に長いですね。

生糸生産だけでなく、ここで育った女工たちが全国に散らばったことで、

日本全体の生産性向上にもつながりました。

そして2014年、日本と西洋の文化交流が評価されて、世界遺産に登録されました。

 

どうだい、ためになっただろう。

 

富岡製糸場の中へ。敷地広い。

というわけで、富岡製糸場の中へ。

東京ドーム1.5個分(?)近い敷地があると言っていました。

f:id:GK_GK21:20181026184417j:image

 

入場料は、大人1,000円です。

ぼくはおとななので、1,000円払いました。
f:id:GK_GK21:20181026184203j:image

 

ただの愚痴ですが、やたらと小学生~大人の集団が多かったです。

小学生はかわいいもんですが、おっさん集団は何だったのだろう?

パッと見は、どこぞの議員視察っぽい感じでしたが…
f:id:GK_GK21:20181026184028j:image

 

いずれにしても、おっさん集団は邪魔っちゃ邪魔ですね。

f:id:GK_GK21:20181026184025j:image

 

おしゃれな建物

建物は、レンガ造りの素敵なもの。

これが入り口から入ってすぐにある「東置繭所」です。

f:id:GK_GK21:20181026184140j:image

 

世界遺産でもありますが、国宝でもあるようです。

f:id:GK_GK21:20181026184500j:image

 

ちなみに、「西置繭所」は、現在保存・改修工事中でした。

f:id:GK_GK21:20181026184002j:image

 

工事風景を見学するには、別途200円が必要です。

f:id:GK_GK21:20181026184413j:image

200円払うと、ヘルメットが借りられて工事中の様子を隙間から見られます。

f:id:GK_GK21:20181026184407j:image

 

と言っても、中は撮影禁止でした。

あらかた工事は終わっており、今は屋根の瓦ぶきを修理・再配置しているようです。

f:id:GK_GK21:20181026184151j:image

 

展示は大きく分けて、製糸と蚕の2種類

基本的には「遺産」=学ぶところですので、展示を見るのがメイン。

展示は、「製糸技術・工場・労働について」と、「蚕・絹について」の2種類に大別できます。

f:id:GK_GK21:20181026184224j:image

 

蚕・カイコについて

カイコは生きているものも置かれていました。

脱皮の回数によって1齢~5齢までの年齢層に分かれています。

f:id:GK_GK21:20181026184446j:image

 

こちらはカイコの一生。

知っているようで、あまり知りませんでした。

f:id:GK_GK21:20181026184346j:image

 

カイコは、繭を作って蛹(さなぎ)状態になったところで殺害され、

その後は、繭を乾かすために置繭所にて乾燥されます。

f:id:GK_GK21:20181026184439j:image

 

かわいらしく、「カイコの一生」がありますが、殺されるんだよなあ。

f:id:GK_GK21:20181026184320j:image

 

 

f:id:GK_GK21:20181026184031j:image

 

f:id:GK_GK21:20181026183933j:image

 

絹の布を一反作るには、カイコ2,700匹が必要らしい。

f:id:GK_GK21:20181026184428j:image

 

敷地内には、カイコのエサの、桑の木が並んでいました。

葉っぱが落ち切っていますが、けっこう低い木なんでしょうか?

f:id:GK_GK21:20181026184306j:image

 

建造物と生産工場

工場の建物については、随所で説明書きがあります。

先ほども書きましたが、操糸所、置繭所の他、首長館や女工館などがあります。
f:id:GK_GK21:20181026184014j:image

 

木骨レンガ造について。

レンガの積み方も、フランス式とイギリス式があります。

この、レンガを縦と横に交互に積むのがフランス式。

f:id:GK_GK21:20181026184330j:image

 

「富岡製糸場」といわれて、よく写真に出てくるのはここらしい。

f:id:GK_GK21:20181026184025j:image

 

使い方は単純でも、神経使いそうで一日やるのはきっついでしょうね。

f:id:GK_GK21:20181026184310j:image

 

昔の写真はこんな感じ。

f:id:GK_GK21:20181026184125j:image

 

その他、富岡製糸場の歴史パネル多数

他にも、照明がないから窓がでかい話。

f:id:GK_GK21:20181026184206j:image

 

設立の背景。

f:id:GK_GK21:20181026183944j:image

 

建設当時の状況。

女工を雇うのが大変だったそうです。

f:id:GK_GK21:20181026184107j:image

 

赤ワイン=生き血=血を吸われる説が流れたこともあって、なかなか人手不足だったそうです。

後には、全国各地から女工が集まりました。

f:id:GK_GK21:20181026183947j:image

 

経営も、官営⇒三井さん⇒片倉さんと代わっていきました。

f:id:GK_GK21:20181026184159j:image

 

片倉さんの時代には、カラー写真があったんですね。

f:id:GK_GK21:20181026184342j:image

 

 

富岡製糸場のお土産

富岡製糸場内には売店(お土産)がありますが、そんなに広くはありません。

絹のスカーフなどに加えて、シルク入りの食品やせっけんなども。

f:id:GK_GK21:20181026184228j:image

 

そもそも、食品にも使われるということを初めて知りました。

f:id:GK_GK21:20181026184038j:image 

ちなみにそれぞれを作るためのカイコの必要数がこちら。

多くのカイコの命を貰って、シルク製品が使えるんですねえ。

カイコさんお疲れ様です。

f:id:GK_GK21:20181026183929j:image

 

その他の建物

その他の建物。

まずは、当時の蒸気エンジンを再現したもの。
f:id:GK_GK21:20181026183919j:image


社宅群。役職者用とのことですので、ちょっと偉い人ですね。
寄宿舎よりよっぽど立派な感じ。中には入れません。
f:id:GK_GK21:20181026184210j:image

随所にある鬼瓦。

見づらいですが、雲の上に太陽が昇る形になっており、日本で最高峰の技術を表しているとか(うろ覚え)。
f:id:GK_GK21:20181026184143j:image
こちらは診療所。

病院付きとはありがたいけど、病院が必要になるくらい過酷だったのか?
f:id:GK_GK21:20181026184021j:image

f:id:GK_GK21:20181026184217j:image

こちらは寄宿舎(正確には寄宿所)。

今でもこういうアパートありますよね。

f:id:GK_GK21:20181026184334j:image
f:id:GK_GK21:20181026184129j:image


周辺で買ったお土産

富岡製糸場周辺の商店街は、それなりに栄えていて、お土産なども売られています。

f:id:GK_GK21:20181026184244j:image

 

オシャレな喫茶店も立ち並んでいました。

バスの時間の都合で行けませんでしたけどね。

f:id:GK_GK21:20181026184044j:image

 


シルク入り石けん屋さんの店頭に置かれていた、泡の塊。

めちゃくちゃ気持ちよかったので、つい買ってしまいました。

3個で1,000円の小さめで、これが作れる量ではないと思いますけど…
f:id:GK_GK21:20181026184237j:image


これは食べ歩きしようとした群馬名物・焼きまんじゅう。

ベッタベタ過ぎて、外で食べるには向きません。

服も顔もベッタベタ。

正直なところ、味もパサパサしててそれほど美味しくはないかな…
f:id:GK_GK21:20181026184041j:image

 

こちらは、「くず湯」のもと。

繭の形をした屑の塊を、熱湯に溶かすと、とろっとろの餅のような飲み物が出来上がります。

これは試食したら美味かったので、買ってみました。
f:id:GK_GK21:20181026184011j:image

 

というわけで、富岡製糸場のご紹介でした。

富岡製糸場のためだけに行くほどかと言われると微妙でしたが、

他に温泉などの観光も絡めるといいかもしれませんね。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞