G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【Switchゲーム紹介8】「メゾン・ド・魔王」をプレイ。アパート経営タワーディフェンスゲーム。

「メゾン・ド・魔王」。

魔王がアパート経営をし、モンスター(住民)を使って勇者を蹴散らすタワーディフェンスゲーム(拠点防衛)。

Steam等では、何年も前から配信されていたようですが、Switch版は最近配信開始となりました。

 

f:id:GK_GK21:20181202100008j:plain

 

メゾンとは、フランス語で家や建物を意味するそうです。

コーポは共同住宅(英語)、ハイツは高台(英語)だそうな。

 

 

あらすじ

不労所得が欲しい魔王が、賃貸物件を購入します。

住民たちをうまく使って、世界征服をゆるく目指します。

f:id:GK_GK21:20181202100017j:plain

 

念願の賃貸物件。

f:id:GK_GK21:20181202100022j:plain

 

モンスターを住まわせ、兵隊として使うとともに家賃収入を得ていきます。

f:id:GK_GK21:20181202100026j:plain

 

ゲームシステムとゲームの流れ

大雑把な流れは、以下の3つです。

1.モンスターを入居させる

2.お金を稼いで、部屋を良くしていく

3.クエストに挑んで、冒険者たちを倒す

 

以下、具体的に。

チュートリアルというほどではありませんが、ゲーム上で説明もあります。

いろんなモンスターが部屋を探してアパートを訪れます。

それを住まわせることによって、家賃収入を得たり、襲い来る勇者たちを倒してもらったりします。

f:id:GK_GK21:20181202100029j:plain

 

アパートの部屋に投資することで、より魅力的な部屋にすることができます。

魅力的な部屋の方が、よりよいモンスターが住み着き、家賃もたっぷり徴収することができます。

f:id:GK_GK21:20181202100033j:plain

 

最初は弱いモンスターしかやってきませんが、しかし住まわせないことには話が進みません。

f:id:GK_GK21:20181202100037j:plain

 

住民が入居したら、住民や部屋の様子を確認していきます。

f:id:GK_GK21:20181202100041j:plain

 

住民となるモンスターは、7種族×4種類で28種類。

種族ごとに「魔王への好感度」が設定されていて、高いほど住民としてやってくる頻度が上がったり、より上位種が訪れるようになります。

好感度は、種族によって上げ方が異なります。

例えば「魔族」のモンスターは、住民が死ねば死ぬほど好感度が上がります。

逆に亜人族は、住民が生きれば生きるほど上がっていくので、反比例していきます。

f:id:GK_GK21:20181202100143j:plain

 

住民によって、防御力が高い、攻撃力が強い、夜だと強い、家賃は高くても払えるなど、特徴があるので、それらを組み合わせてアパート経営と冒険者討伐を両立させていきます。

 

住民も成長していく

住民は、いい部屋に住み続けることで、ステータスが加算されていきます。

また、恋人ができたり、更には子どもが生まれたり。

職業も昇格することで、より家賃が払えるようになります。

f:id:GK_GK21:20181202100045j:plain

 

子どもが生まれて育っていくと、最大3体が入居・戦闘できるようになるので、戦力もアップ。

f:id:GK_GK21:20181202100132j:plain

 

冒険者たちが襲ってくる

アパート経営をしていると、時々冒険者たちが襲い掛かってきます。

ただ、野生の冒険者たちはあまり強くありません。

 

アパート手前にある掲示板には、「クエスト」が貼られています。

それを受けると、より強い冒険者たちが1~5回に分けて襲い掛かってきます。

間に休憩時間があるので、その間に戦力の立て直しをすることも可能です。

f:id:GK_GK21:20181202100228j:plain

 

冒険者たちが襲い掛かってくると「WARNING」となり、基本的に住民はすべて部屋に戻ります。

f:id:GK_GK21:20181202100101j:plain

 

その中から、戦ってほしい住民の部屋をノックすると、部屋から出て戦ってくれます。

相手に応じて近接・遠距離攻撃のモンスターを使い分けたり、挟み撃ちにしたり、天候ボーナスが付いているモンスターを使ったりと、即座の戦略性が要求されます。

ただし、仕事などで出かけてしまっているモンスターは戦うことができません。

f:id:GK_GK21:20181202105831j:plain

 

相手の商人の名前「取根子」は、たぶん許可は取ってないでしょうね。

全ての敵を倒すと、クエスト完了となります。

報酬はお金がメインですが、クエストによっては、アパートが増築できるようになったり、新たな家具が買えたり、新たなモンスターがやってくるようになったりします。

f:id:GK_GK21:20181202100106j:plain

 

アパートを大きくしたり、強いモンスターを住まわせたり 

そして、貯めたお金でアパートを大きくしていきます。

最初は平屋で、屋上も質素ですが…
f:id:GK_GK21:20181202100045j:plain

 

2階建てになると、鉄筋っぽい造りになります。 

f:id:GK_GK21:20181202100109j:plain

 

入居者も、ステータスが1桁だったモンスターから徐々に強いモンスターを入れられます。

f:id:GK_GK21:20181202100121j:plain

 

例えば、アンデッド系の最強モンスターがこちら。

圧倒的な防御力と、テンポの速い遠距離攻撃が魅力です。

f:id:GK_GK21:20181202100157j:plain

 

そしてさらにアパートを大きくしていきます。

f:id:GK_GK21:20181202100136j:plain

 

こちらが3階建て。部屋も12室に拡張されます。
f:id:GK_GK21:20181202100140j:plain

 

敵も強くなっていきますが、味方も強化されていきます。

戦略さえ間違えなければ、たいがい勝てます。

f:id:GK_GK21:20181202100147j:plain

 

そして、いよいよ最大拡張すると4階建てになります。

こうなると、16部屋×最大3体で、最大48体の入居者が入居可能になります。 

f:id:GK_GK21:20181202100219j:plain

 

ここまで来ると、もうエンディングも間近です。 

 

ラスボスがイマイチ歯ごたえなく…

私の中で、(夜は)最強のドラキュララ3人家族が圧倒的に強く、ラスボスである伝説の勇者ジークは、割とあっさりと討伐いたしました。

f:id:GK_GK21:20181202100238j:plain

 

猫型モンスター、ニャイキングはひっそりと死んでいましたが。

f:id:GK_GK21:20181202100242j:plain

 

そして、ジークを倒すと「世界を征服するときが来た…」そうです。

f:id:GK_GK21:20181202100245j:plain

 

そして、全住民&魔王が世界征服に向かって旅立っていき、エンディングです。

f:id:GK_GK21:20181202100249j:plain

 

エンディングでは、これまでの住民たちの履歴を見ることができます。

闘いに敗れた者、家賃滞納で追い出された者、何となく見た目が好きじゃないから追い出された者、夜逃げした者…

f:id:GK_GK21:20181202100252j:plain

 

けっこうな数の住民が入れ代わり立ち代わりだったのですね。

f:id:GK_GK21:20181202100258j:plain

 

というわけで、クリアです。

f:id:GK_GK21:20181202100302j:plain

 

 

クリアまでのプレイ時間と感想

正確に測っていませんが、クリアまでの時間はおおむね10時間くらいです。

ただ、アパート経営中は時間経過を待って放置していることも多いため、実際のプレイ時間となると、7時間もないんじゃないかな。

 

難易度は結構低めです。

慎重に行くため、長い時間放置していると、勝手に住民の満足度が上がっていき、ステータスが強化されていきます。

強いモンスターが数体入れば、それほど戦略の必要性なく、ラスボス撃破できてしまいました。

1回くらい、全滅すると思ったんだけどなあ。

さっさとクエスト受注ばかりやっていれば、住民が育ち切る前にボスと戦わなくてはならなくなるため、もっと難易度が高かったかもしれませんね。

ボリューム感としても少ないですが、半額セールで500円以下だったので仕方ない。

 

絵が可愛らしいですし、難易度も低く放置プレイも(ある程度)可能なので、空いた時間やながら作業でもできる、ライト感覚なゲームでした。

 

 

www.gk-gk21.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞