G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ものづくり】自分のキャラクターを製品化してみる(邪神像編)

これは長いようで短きにわたる、私がものづくりに挑戦した話である―

 

 

私のアイコンのキャラクターの誕生について

私のアイコンのキャラクターは、この子である。

正式な名前はまだない。

f:id:GK_GK21:20190103185213j:plain

 

今から2年以上前、彼は私のペン先から誕生した。

 

彼が誕生したのは、ちょっとした偶然であった。

仕事中、暇と空腹を持て余した私は、同僚のところに食べ物の無心にいった。

(後の科捜研の女である)

一応、意味を確認したら「無心:あつかましく金や物をねだること」と辞書にある。

その通りであった。

 

彼女が私にくれたのが「ぷっちょ」であった。

(ぷっちょはグミなのか、アメなのか?)

そこに描かれていたのが、キャラクターの「ぷっちょ君」である。

 

twitter.com

 

ぷっちょの個包装の袋には、「ぷっちょ君」のプロフィールが(確か)クイズ形式で載っていた。

質問が書いてあり、袋をめくると答えが書いてあるものだった。

まあ、ゆるい小ネタが書いてあるだけのものだ。

 

しかしぷっちょ君を見た時の私には、「これは私もいける」という直感があった。

何に対して、何がいけるのか分からなかった。それは今でも分からない。

そこで私はペンを取ったのだった。彼の誕生した瞬間だ。

 

キャラクターの変遷

誕生当時の彼の様子を捉えた、唯一の画像である。

まだ今とは異なる姿をしていた。そして子どももいた。

f:id:GK_GK21:20190107195327p:image

 

その後、半年ほど経ったときの画像がこちらである。今の形にだいぶ近づいている。

f:id:GK_GK21:20190107200921p:image

 

ミッキーマウスだって、初期と現在では大きな違いがある。

ちなみに私は蒸気船ウィリーの頃の方が好きだ。

様々な紆余曲折や時代変化や狂喜乱舞を踏まえて、今の形に近づいていく。

f:id:GK_GK21:20190107200946p:image

 

2017年には、夏休みの日記に毎日登場するという活躍を見せるに至った。

f:id:GK_GK21:20190107200933j:image

 

【最近描いたえにっき】 

www.gk-gk21.com

 

 

CG化

ちょっとしたきっかけでillustratorを手に入れたことで、ついにCG化されることとなった。

この程度なら、オートシェイプでもいくらでも作れたのは分かっていたし、いまだにillustratorはこれ以上使いこなせていない。

それでも、その後はTwitterのアイコンなどにも採用された。

f:id:GK_GK21:20190103185210j:plain

 

製品化に向けて、立体化に挑戦してみる

というわけで、キャラクター誕生から現在までをざっと振り返った。

生まれて現在の形に近づいてから、何らかの形にしたいと思っていた。

具体的には、販売するしないはさておき、グッズ化したいと考えた。

 

そこでまずはどのような可能性があるのか、粘土を用いて検討してみた。

f:id:GK_GK21:20190105065356p:image

 

 

できあがったのがこれである。

映っている針金は、手足の補強をしている。
f:id:GK_GK21:20190105065408p:image

 

イラストでは、棒状の手足であるため、その再現を試みた。

しかし立体物となった以上、ある程度の太さが必要となる。

かといって、丸々とした手足になってしまっては、本来の魅力が薄れてしまう。

 

結果として、自立が不可能なものが出来上がってしまった。

f:id:GK_GK21:20190105065402p:image 

 

こうして、立体化の可能性は極めて低いと判断した。

ちなみにこの粘土製のモノは、邪神像と名付けられ、私の家の使っていない部屋に崇め奉られている。

(たぶん続く)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞