G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【海外ドラマ】「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」1話完結の推理ドラマ。

久しぶりに「AmazonPrime」で観られる海外ドラマのご紹介。

今回は、「ELEMENTARY Holmes&Watson in NY」です。

「エレメンタリーホームズアンドワトソンインニューヨーク」。

うーん、長いタイトルですこと。

まだシーズン2を見終えた程度ですが、結構面白いのでご紹介。

 

余談ですが、DVDボックスがシーズン1全て入って2,500円という破格でした。

そして24話しかないのに12枚組という枚数の多さ。

 

 

世界一有名な探偵・シャーロックホームズ

コナン・ドイルのシャーロックホームズシリーズは、19世紀のロンドンが舞台。

名探偵のシャーロックホームズと、助手のワトソン君が数々の難事件を解決していく小説は、読んだ・聞いたことのある人も多いでしょう。

 

私も「そして誰もいなくなった」読んだなあと思ったら、それはアガサ・クリスティーでした。

たぶん「シャーロックホームズの冒険」くらいは読んだはずなのですが、かなり記憶が曖昧です。

 

シャーロックホームズが現代のニューヨークで生まれ変わる

「エレメンタリー」では、タイトル通り、舞台は現代のニューヨークです。

シャーロックホームズはスマホを使い、ネットの情報を駆使しています。

しかし、原作同様の設定も数多く残っています。

 

例えば、以下のような設定は、完全に一致しなくても、かなり近いものがあります。

  • ホームズがコカインやヘロインに手を出しており、ワトソンがやめさせたこと
  • 徹底した現場観察と、過去の事件と関連付ける推理手法
  • ワトソンがホームズの事件簿を小説化しようとしている
  • 「オレンジの種5つ」「唇のねじれた男」など短編と同じドラマタイトル

※多くの情報をWikipediaから得ております。

シャーロック・ホームズ - Wikipedia

 

登場人物も、兄のマイクロフト・ホームズや、ライバルのモリアーティ、レストレード警部などのキャラクターも登場し、原作ファンならその設定も楽しめるでしょう。

 

登場人物紹介

主要な人物は、シーズン1~2では4人です。

シャーロック・ホームズ

主人公。元・麻薬中毒患者で現在も依存症と戦っており、イギリスからニューヨークにやってきた。

あらゆる分野を研究・精通しており、自宅で爆破実験などをして事件解決を図ったことも。また、非常に鼻が利くため、香りで犯行のヒントを得ることも多い。

ニューヨーク市警の顧問を務めているが、警察からは無報酬であり、難事件を解決することにやりがいと楽しみを感じている。

特技はバイオリン、ボクシング、棒術、ピッキングなど。趣味は養蜂。

 

ジョーン・ワトソン

もう一人の主人公。原作とは異なり、女性。元外科医であるが、医療ミスを犯したことで医者を引退。

麻薬依存症患者の付き人を務めており、シャーロックホームズの父親の依頼で、彼と同居して見守ることとなった。

ホームズに付き添って事件現場や推理をみているうち、ホームズに探偵として弟子入りする。その後は、持ち前の才能を生かし、対等なパートナーとして成長していく。

 

グレッグソン警部

ニューヨーク市警の警部。ロンドン時代から、ホームズを顧問として迎えていた。

物腰は柔らかく丁寧で、警部になっても現場に出張ることも多い。

ホームズをよく理解しており、顧問だけでなく友人であるともいえる。

結婚はしているものの、夫婦関係はあまりうまくいっていない。

 

ベル刑事

グレッグソン警部の部下。まだ若手であるが、何かと文句の多いホームズにも認められている。彼も破天荒なホームズを毛嫌いしていたが、その推理力を目の当たりにして徐々に認めていく。

現場仕事が大好きであり、少し生意気に見えても正義感が非常に強い熱血漢。

 

一話完結型

ストーリーは一話完結(だいたい40分強)です。

大きなストーリーとしては、ホームズの麻薬依存症との闘いや、ワトソンの人生設計などがありますが、それらは少しずつ進み、一つの事件で一話が原則です。

中にはずいぶん凝った仕掛け・トリックだなあと思う話もありますが、それでも一話で終わってしまいます。

 

無双するかと思いきや、二転三転も

基本的にホームズが超人であるため、警察がお手上げ状態から解決までグッと持っていきます。

ただ、事件はそこまで単純なものは少なく、一度たどり着いた推理が覆されることもしばしば。

だいたい最初の容疑者は死体で見つかりますしね。

ある意味、ワンパターンと言えなくもないですが、それでもその論理と演出でワクワクして面白いと感じます。

 

弱さを抱えた面も

ホームズは能力とともに自尊心も非常に高いですが、精神的な脆さも兼ね備えています。

それにより薬物依存に陥ったこともあれば、ワトソンへの依存度もかなり高い描写がみられます。

ワトソン側は、そこまでホームズへの依存は見られず、第3シーズンでは恋人も作っています。

その関係性も今後の展開が気になりますが、単なる恋愛ドラマにならないことを期待したいと思います。

 

メンタリストに非常によく似ている

今回のホームズと、別ドラマ「メンタリスト」に出てくるパトリック・ジェーンは非常によく似ています。

まず、ホームズは警察の顧問、ジェーンは警察のコンサルタントと立場はほぼ同じ。

どちらも相手や物事の観察眼がずば抜けていますし、心理学にも明るい。

過去に愛する人を失ったという点も一緒。ピッキングが得意である点も共通。 

 

www.gk-gk21.com

 

ドラマ自体ほとんど観ませんが、頭の良い人が活躍するドラマは面白いですね。

アメリカでは第6シーズンが制作・放映されることになっており、AmazonPrimeでも第5シーズンまで配信されています。

 

続きが気になりますが、まだ半分も観終えていないと思うと楽しみは長そうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞