G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ジム】24時間ジムに切り替えたのでメリットとデメリットを書く

以前は普通(?)のスポーツジムに通っていたのですが、24時間営業ジムに切り替えました。

そんな訳で、スポーツジムについて思うこと。

f:id:GK_GK21:20190130201010j:plain



 

 

24時間ジムにした理由

あえて24時間ジムにしたのは、名前の通り営業時間が一番大きな理由です。

普通のスポーツジムの営業時間は、10時〜22時くらいでした。

なおかつ、私は夜だけの会員でしたので、実質行けるのは19時〜22時の間でした。

 

これがあまりにも遅いし短いんですよね。

例えば仕事をサボって帰った時には、家に17時頃に到着します。

そうすると、2時間待たなければ行けないわけですよ。

まあこの点はフルタイム会員になればいいのですが、そうすると月会費が3~5000円くらい上がってしまいます。

 

しかしもう1つ、営業開始時間が遅いのが問題でした。

私は朝型(単なる不眠がちですが)の人間なので、休日であっても、遅くとも朝5時には起床しています。

どうせなら朝一に運動でもしようかなと思うと、フルタイム会員になったとしても10時からしか開いていません。

ああこの時間にジムでも行ければなあと思うことが多々ありました。

 

24時間ジムと普通のジムを比較した、メリット・デメリット

あくまで私見ですし、店舗によっても異なると思いますのでご了承ください。

メリット

  1. いつでも行ける
  2. 時間に対して値段は安い
  3. 空いている時間が狙える

まず一つ目の、「1.いつでも行ける」は最初に書いた通り。

朝でも夜でも行けるのはいいことです。

少し話が分かりにくくなりますが、スポーツジムに限らず、「24時間いつでも行ける場所」があるということは良い事だと思います。

朝、目が覚めて、特に運動したいわけでもないけど、自宅にいるのに飽きた瞬間などに、喫茶店やコンビニ以外に行ける場所があるというのはメリットになっています。

それでやる気が出たら運動しますし、出なくてもシャワーでも浴びて帰れば良い。

そんな使い方もしています。

 

「2.時間に対して値段が安い」は、店やプランによってまちまちかと思います。

 私の行っていたところは、19~22時(=3時間)で約7,000円でした。

しかも休日は不可(これは痛い)。

今は、お値段はほとんど変わらずに24時間行くことができます。

こう比べるのがいいとは思いませんが、3時間と24時間では比べ物になりませんね。

 

「3.空いている時間が狙える」のもいいです。普通のスポーツジムでは、日中は高齢者がたくさん、夜は学生~社会人が多くなります。

特に19時~22時の私と同じプランを使っている人は、必然的に同じ時間帯に遭遇することになります。

かたや、24時間やっていれば、自分のタイミングかつ人がいないタイミングを狙うことができます。

具体的には、朝の5時前後に行くことが多いのですが、誰もいないことがほとんどです。

 

デメリット

  1. 管理が行き届いていないときがある
  2. 狭い・少ない
  3. レッスンなど飽きない工夫はない

 

まず、「1.管理が行き届いていないときがある」のが一番目につきます。 

24時間スタッフがいるジムもあるのかもしれませんが、私の行っているところは夜中~明け方には誰もいなくなります。

したがって、その時間は利用者のマナーに全てが委ねられます。

残念ながら、私の行っているジム周辺はそれほど民度が高いエリアとは言えないので、マナーはそれほど良くはありません。

私が明け方に行っているからということもありますが…

使用後拭かない、譲らない、音漏れひどい等々。

 

次に「2.狭い・少ない」について。これは経費節減型ですから、ある程度は仕方ありませんね。

少ないというのは、シャワーや更衣室のことです。

シャワーは男女1つずつしかありませんし、更衣室もそんなもの。トイレもひとつです。

特にシャワーについては困りますね。長いと15分くらい待たされますが、並ぶところや予約システムもないので、前の人が出てきたらその隙をついていくしかありません。

以前のジムでは広めの湯船とシャワーブースが10個程度、サウナもついていましたのでかなりの差です。

 

「3.レッスンなど飽きない工夫はない」のも、人によってはデメリットでしょう。

私も一時期、普通のジムではボクササイズやヨガなどを受講していた(もちろん無料)こともあって、何らかのレッスンプログラムというのは、それなりに楽しんでいました。

また、来店するとポイントももらえたので、それを溜めるということも、非常に微力ながらモチベーションアップにつながっていました。

24時間ジムでは、全くそういうことはありませんし、あくまで自分との戦いということになります。

それが好きな人はいいですし、私も今のところはそれでいいのですが、たまにはレッスンなども懐かしく思います。

 

こんな風にデメリットを並べてみましたが、やはり「時間」のメリットが大きいですね。

ジム通いそのものを辞めるときはくるかもしれませんが、他のジムに移動することはないでしょう。

 

フリーウエイトの連中とは仲良くなれない

ただの愚痴のコーナー。

どこのジムに行っても思うのですが、フリーウエイト中毒の人ってなんで周りへの気遣いが足らないのでしょうか?

かれこれ10年以上、いくつかのジムに通ってみましたが、フリーウエイトの連中が大抵嫌でした。

 

彼ら・彼女らの特徴としては、

・場所は基本的に譲らない(使おうとすると文句をつけられることも)

・使用後の汗は拭かない

・限界に挑むので、ジム器具の音がうるさい

・イヤホン等でガンガン鳴らしているので、周りに気が配れない

というのが、多くの場合で散見されます。

 

中にはマナーもきちんと守る人もおられるのでしょうが、基本的にはあまり(というかほぼ)いいイメージがありません。

ああいう人たちがいなくなると、もっと快適なジムライフが送れるんですけどね。

〝こんな記事もあります〞