G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ひとり旅】はじめて泳いだ海の中。とっても気持ちがよくなって…(シュノーケリング編)

長年のGOファンの皆様はご存知と思いますが、私は海が苦手です。

そんな私が実に30年ぶりくらいに海に入ってシュノーケリングをした話。

タイトルは、およげたいやきくんのパクリですが、今の若い人は知っているのでしょうか?

f:id:GK_GK21:20190226045504j:plain

 

 

海に入ることが長年の課題でした

ここ何年かで、「やりたいこと100」を考えたときに、海を克服するというテーマがありました。

 

【更新すると言って1年以上放置しているやりたいことリスト】

www.gk-gk21.com

 

その場の気分で書いたので細かいことは置いておいて、そのやりたいことリストの1番に「海に入る」と書いてあります。

私はアトピーもあり、海水も日光も苦手だったので、海に囲まれた千葉県に住んでいながら、海で遊んだことがほぼ皆無です。

というわけで、海に対して憧れと言うより、むしろコンプレックスがあったわけです。

海で遊んだ記憶はほぼありません。海に潜った記憶は全くありません。

去年の夏、くるぶしくらいまで海に浸かったのが四半世紀ぶりくらいでした。

 

そんな私がなぜ海に入ったのか?

きっかけは大した話ではなく、宿にチェックインするのに前のお客さんを待っていたら、その方と宿の主人が、シュノーケリングツアーの話をしていました。

前後にもう少しやり取りがありましたが、こんな感じ。

客「スキンダイビングがしたいけど、ツアーはありますか?」

GO「(早くレンタカー貸してくれないかしら)」

宿「あるんですが、おひとりで参加となると、割高になっちゃいますよ」

客「うーん…あっ」(こっちを見ながら)

GO「おや!」(急に見つめられて緊張が走る)

客「良かったら一緒にやりませんか?」

GO「OK」

 

積極的な自分発ではないのですが、こうした流れも旅の醍醐味じゃろう。

うだうだ言って、海に入るのを棚上げにしてきたので、これはいいチャンスでもあります。

ただ、スキンダイビングなんて死ぬにきまってるので、シュノーケリングになりました。

 

船出のとき

海に入るのは30年ぶり。

そんな私なので、海で泳げるのかどうかというものも分からないですし、海で身体が浮くということも分かりません。

プールで50mくらいなら何とか泳げましたが、それも数年前の話。

 

海に入る用意なんて何にもしていないですし、ウェットスーツは借りましたが着方がわからん。

どうにかこうにか、不本意ながら全裸で着込みました。

ウェットスーツってこんなに苦しいんですね。

結局、私とそのお客さん以外にも女子2人組も追加され、4人ツアーとなりました。

女子の1人が完全初心者だったのが心強かったです。

 

そして船に乗ります。

f:id:GK_GK21:20190224035719j:image

 

見てください、この曇天を。

というか曇天のうちはまだマシでしたが、土砂降りになる瞬間もあったんですよね。

f:id:GK_GK21:20190224035727j:image

 

そして最初のシュノーケリング・スポットに到着しました。

f:id:GK_GK21:20190224035723j:image

 

場所は、私が船浮集落から歩いて行ったイダの浜の沖合い、(私の目測で)数十mくらい離れたところです。

www.gk-gk21.com

 

シュノーケリングをシュノーケリングたらしめる、口にくわえる「シュノーケル」の装備の仕方を教わり、海へ。 

足にはフィンを装着、ライフジャケットも着込みます。 

f:id:GK_GK21:20190224035734j:image

 

さようなら陸上。期待半分、不安半分で飛び込みます。

f:id:GK_GK21:20190224035730j:image

 

海の中を見てみると…

仰向けになってプカプカしていると、海の中がくっきりと見えてきました。

上から見ても、それなりに透き通っていましたが、中は全然違いました。

f:id:GK_GK21:20190224035739j:image

 

まず、魚が思った以上に多いですね。

群れている魚もいましたし、綺麗なブルーの魚などなど。

よーく見ると、小さいクラゲなども浮いておりました。なかなかこれは楽しいじゃないか。

女子たちはカメを見たそうですが、私は残念ながら発見できず。

 

シュノーケリングは泳げなくても大丈夫?

ウェットスーツ&ライフジャケットのせいで、全く沈みませんでした。

というよりも、沈もうとしても浮力が強すぎて無理でした。

プカプカと、うつ伏せ状態で浮いていれば、魚たちやサンゴを見ることができます。

 

気温は20℃くらい、水温もかなり低めだったのですが、ウェットスーツを着ていればそこまで寒くはありません。

ただ、隙間から海水が入ってくるとけっこう辛いですが…

 

シュノーケルのおかげで、呼吸もそれなりに問題ありません。

ただシュノーケルも初めてですので、うっかりしていると海水が入ってきます。

また、けっこう唾液も溜まるので、時々仰向けに戻って(海から顔を上げて)装備を整える必要があります。

 

フィンを付けたのも初めてでしたので、使い方がよくわかりませんでした。

プールで泳ぐときも腕力のみで生きてきたので、足の使い方がわからないんですよね。

潮の満ち引きで多少は流されますが、基本的には穏やかな海でしたので、平泳ぎのように腕をかけば行きたい方向に行くことはできました。

 

恐ろしく体力を消耗していた

20分くらい、ぷかぷかしたり、海を泳いだりしていましたが…

徐々に少し呼吸が疲れ、そして寒さとともに急速に眠気がやってきました。

思えば、ここ数日は午前3時頃に起き、圧倒的に寝不足で、旅行で体力も消耗している。

うつ伏せで浮いたまま、「プカプカ揺れて少し気持ちいいけど、頭がボーっとする…これはこのまま眠れるぞ…」という感じに。

あ、これたぶんこのまま死ぬんだなと。

 

というわけで、何とか最後の気力で船まで戻りました。

船によじ登ると、吸水したウェットスーツの重量に驚きました。

そして、みんなも上がってきたので次のスポットへ…となったのですが、

「ぼく、ねむいんだ…」というわけで、船室で横になっていました。

 

その後、10分ほど仮眠を取ったら復活したので、再び海へ。

場所は、船浮集落から更に南西に進んだ、網浜というエリア。

ここは東海大学の研究所があるだけで、人も住んでいなければ道路も港もない場所です。

そこでも同様にしばらくぷかぷかして、上陸しておしまい。

ここでもみんなは見たというカメは、また見られませんでした。

 

服を着るってすばらしい

で、上陸したところで天気が悪化し、海風も強いためめちゃくちゃ寒い。

特に、私はタオルすら持っていませんので、びっしょりしたまま海風にさらされるということで、「あ、これまた死ぬかな?」というほどの寒さでした。

もはや女子の目を気にする余裕がなかったので、ウェットスーツを半分めくって上半身裸だったのですが、脱いでも寒いし、再びウェットスーツを着ようとしても寒い。

何とか20分ほどの航行を丸まって寒さに耐え、乾いた服を着た瞬間に、「服を着るってすばらしい」と痛感いたしました。

 

シュノーケリングは楽しかったのか?

その後温かいシャワーを浴びて、何とか完全復活いたしました。

ものすごく疲れたのですが、いい経験ができた気がします。

個人的には海の中は十分綺麗だったのですが、ベテランの方が言うには「サンゴが死にかかっているのと、天気が悪い=暗めなのが残念だった」そうです。

確かに言われてみれば、私の想像する色とりどりのサンゴというより、白化していたように思います。

 

もっと温かい時期・温かい海でやるなら、もう一回くらいやってみていいかなあと思いました。

お値段も1万円強はかかりましたが、それでも海に入るという経験は、私にとってはかなり貴重な体験でした。

しかし、天性の肌の弱さゆえ、沖縄から帰って3日経っても肌がボロボロです。

旅行の前半は日差しも強く暑かったのに加え、このシュノーケリング=海水がとどめを刺したようです。

 

というわけで、今回のように誘われたらまたやるかもしれません。やらないかもしれません。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞