G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。30代会社員。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ひとり旅】西表島から由布島へ。水牛に乗って行く浅瀬の島。

八重山諸島・由布島。何度か読み方を間違えましたが、「ゆぶじま」が正しいようです。

ただ、「ゆぶじま」で変換しても「油夫島」しか出てこず、「ゆふじま」だと「由布島」が出てくるんですよね。

観光のHPなどをみると、やはり「ゆぶじま」のようですが…

 

さておき、西表島から水牛に乗ってたどり着くのですが、これもさらなる離島と言えるのか?

 

f:id:GK_GK21:20190224040454j:image

 

 

由布島について。

由布島は、西表島の東部から、500mほど離れた場所に位置する小さな島です。

 

 

大きさは0.15㎢、周囲も2kmしかありません。

0.15㎢=15万㎡=東京ドーム(46,755㎡)3個分くらいですかね。

周囲で2kmしかないので、規模間で言えば「■■町〇丁目」くらいの大きさでしょうか。(だいぶ差がある例えですが)

 

さて、西表島からの500mということで簡単に目視できる距離なのですが、一応、間には海があります。

一応と書いたのは、かなり浅い海だからです。

満潮になっても、大人の腰の高さくらいまで(80㎝くらい?)。

晴れた日の干潮時はくるぶしくらいまでしか深さがないため、泳ぐどころか歩いても渡ることができます。

 

島の人口は16人とされていますが、いわゆる民家はないように見えました。

(届け出上の住所?)

一方で、牛は数十頭いますので、人口よりも牛の方が多い島でもあります。

f:id:GK_GK21:20190224040332j:image

 

由布島へは水牛車で行こう

先ほどは歩いても渡れると言いましたが、水牛車で行くのをオススメします。

この水牛の像、向かって左側から見ると一つ目に見えます。

こんな妖怪がいたような気がする。

f:id:GK_GK21:20190224040436j:image 

こちらの「旅人の駅」で牛車のチケットが買えます。

また、後で書きますが由布島は実質植物園のみなので、そのチケットもここで買います。

往復で1,720円。

f:id:GK_GK21:20190224040411j:image

 

券売機からはチケットではなく、小箱がガコンと出てきました。

開けると、リストバンドが入ってますので、これをつけて行きましょう。

f:id:GK_GK21:20190224040450j:image

 

水牛車は、15~30分に1本くらい出ています。また、台数も少なくとも10台以上は往復しているので、乗りっぱぐれることはまずないでしょう。

f:id:GK_GK21:20190224040349j:image

 

旅人の駅から見えるこの看板尾先に浜があり、そこで水牛車がたくさん止まっています。 

f:id:GK_GK21:20190224040328j:image

 

なぜ牛車に乗って行くべきかというと…

f:id:GK_GK21:20190224040345j:image

 

まず濡れたくないというのがあります。

低いときは足首までですが、裸足かビーチサンダルなどで行かねばなりませんし。

そして何より、牛車が頻繁に通るため、牛糞がものすごく落ちてるんですよね…

f:id:GK_GK21:20190224040458j:image

 

水自体は透明度も高いのですが、さすがに直で牛糞混じりの海水には歩きたくないかなあ。ということで牛車で行きましょう。

f:id:GK_GK21:20190224040441j:image

 

島全体が亜熱帯植物園。案内にやや不満なり。

牛の機嫌次第でもありますが、おおよそ10分くらいで横断することができます。

由布島ですが、島を巡るというよりも、亜熱帯植物園という一つの観光地となっています。

ちなみに牛車に乗らず来た場合には、入園料が600円がかかります。
f:id:GK_GK21:20190224040323j:image

少し残念なのは、着いた瞬間にガイドらしき人が来て、私含む数人を強制的に連れて行ったこと。

着いたらまず建物があり、そこで飲食物やお土産、ウェルカムドリンクなどがあるのに、そこを全て無視して進めと言う指示を受けました。

f:id:GK_GK21:20190224040519j:image

 

ウェルカムじゃなくなっちゃうじゃないか。

f:id:GK_GK21:20190224040506j:image

 

そのまま自分のペースで歩けず、牛車並みに遅いペースで進まされ、最終的には5分歩いた先にある、有料の水牛との記念写真撮影所に案内されて終わりでした。

「写真は結構です」といってさっさと先に行きましたが、かなり予定を狂わされた気分。

 

改めて、亜熱帯植物園

というわけで、少し気分を害しての亜熱帯植物園へ。

最初の看板で現在地を見ることもロクにできなかったので、ルートがよく分かりません。

というわけで、適当にふらふらすることにしました。

 

水牛の記念碑。水牛がいなければ、この島の観光は成り立たないでしょうからね。

f:id:GK_GK21:20190224040340j:image

 

こちらが「マンタの浜」と呼ばれる場所。

マンタ要素はよく分かりませんでした…

海水がほとんどなかったけど、これが普段通りの姿なのでしょうか?

あまり綺麗な景色とは思えませんでしたが…

f:id:GK_GK21:20190224040514j:image

 

一応、マンタの像はありました。歯まで見せなくても良かったんじゃないかな。

f:id:GK_GK21:20190224040432j:image

 

続いて、マングローブ林ゾーン。

f:id:GK_GK21:20190224040419j:image

 

シオマネキのようなカニが大量にいました。

f:id:GK_GK21:20190224040445j:image

 

でかいガジュマルの樹がやたらと生えてましたね。
f:id:GK_GK21:20190224040502j:image

 

ここにはかつて、小中学校があったそうです。

今では16人しかいないのに、どれくらいの児童がいたのでしょう。

f:id:GK_GK21:20190224040510j:image

 

ウツボカズラ。植物園ですからね。
f:id:GK_GK21:20190224040358j:image

 

メインスポットのひとつである「ちょうちょうえん」。

 

f:id:GK_GK21:20190224040319j:image

 

f:id:GK_GK21:20190224040423j:image

 

蝶々園というくらいですから、もちろん蝶がメインなのですが…

f:id:GK_GK21:20190224040415j:image

 

個人的には、こちらの金色のサナギの方が気になりました。コクーン。


f:id:GK_GK21:20190224040402j:image

 

由布島の感想

由布島全体の感想としては、少しずつの不満があるなあというのが正直なところ。

植物園という割には、そこまで植物にフィーチャーされていませんでした。

最初のガイドはさておき、園内の案内看板がかなり分かりにくく、自分がどこを歩いているのかよく分かりませんでした。

水牛の出る時間は決まっているので、結局滞在時間は1時間もいませんでした。

そんな小さな足りなさで1,720円の価値はないかなあ。


f:id:GK_GK21:20190224040428j:image

 

まあ、水牛自体は頑張っていたので嫌いじゃないですけどね。

彼らは鼻先でしか汗をかけないというのに、この亜熱帯で車を引いているわけですから。

f:id:GK_GK21:20190224040354j:image

 

西表島で「観光地」というのはそこまで多くありませんので、まあ一度行ってみるのもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞