G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【性】アラフィフ女性に性について聞いてみた

33歳にもなると、必然的に年上=アラフォー以上となります。

年上人気の高い私ですが今回、いろんな縁を経てアラフィフ女性と飲むことになりました。

正確には49歳だったかしら。

f:id:GK_GK21:20190407183709p:plain

酒の勢い

酒の勢いか知りませんが、ずいぶんなオープンマインドでした。

その時になるほどなあと思った話。

 

※グーグルアドセンスより、「アダルトな内容を含む」と言われてしまいましたので、表現を大幅に修正しております。直接的な表現も、そこまで詳しい描写もなかったはずなのですが…

 

 

酔っ払いって嫌いなんですよね

私の関わりたくない人のベスト3に、「酔っ払い」がランクインします。

飲み会が嫌いなのは、酔っ払いが発生するからが大きな理由であり、よっぽど慣れた人でない限り、誰かと酒を飲むこと自体が好きではありません。

まあキャンペーン期間中なので仕方ないです。

が、相手の方が非常に酔っておられたようで、だんだん饒舌になってきました。

正確に言えば、ワインを2~3口飲んだ程度でかなり酔っておられました。

「これは大丈夫なのか?」と「こいつは面倒なことになったな」思いながら聞いておりましたが、なかなかこの世代の女性に聞ける機会というのもないですので…

 

気になることはある

最初、会話形式で書いていましたが、生々しいので省略して書いております。

ついでに率直に聞いてみたかったのが、50歳近くの「性」はどうなるのか?ということ。

そこで「30歳代を超えたくらい、40歳代くらいに女性は性のピークを迎えるというのは本当か?」と尋ねてみました。

そこで得た回答としては、こんな感じ。

  • 性については、まだ欲求はある
  • 40歳過ぎた辺りから高まった気がする
  • むしろ今が一番あるっぽく、ピークはまだ先かもしれない

 

なるほど…

f:id:GK_GK21:20190407192913p:plain

 

もちろん、個人差は多分にあるでしょう。

「他の同世代もそうなのか?」と聞きましたが、「知らない」と言われました。

まあそりゃそうでしょうね。

 

40歳代でピークを迎える理由は?

男性のピークは、恐らく10代後半から20代前半くらいでしょうか。

そのころに体と心を病んだ私には無縁でしたが…

一方で、女性は30歳代~40歳代、今回の調査(サンプル数:1)ではアラフィフくらいにピークを迎えます。

 

このズレは何でしょうね。

生物学的に優秀な子孫を残すことが目的であると仮定します。

オスとメスで言えば、オスが積極的に子孫を残すべくメスにアピールするとき、メスは「こいつでいいのか?」を冷静に判断しなければなりません。

オスがピークを迎えるときに、メスもピークを迎えてしまうと、勢いだけで行動してしまうことになりかねません。

まあ実際にそういう若者もいるのでしょうが…

 

一方、不惑の40歳を過ぎれば、ほとんどの人はこれから出産することはなく、むしろ子育てもあらかた終わっている世代。

言い方は悪いですが、オスから求められる世代としてもピークは過ぎているでしょう。

なので、そこにピークをもってくることにより、子孫を残すことではなく、今後の生活を保護してくれる相手を探すようになるのではないかと考えました。

これから年を取って更に体力が落ちると、自分より強いパートナーというのは、生きていく上でそれなりに大切な存在でしょう。

そこで欲求を高めてパートナーを積極的に探すことで、自身を守らせるのではないでしょうか。

 

文明が高度化し、女性の社会進出云々という現代においては、こういう傾向も変わっていくのかもしれませんね。

ただ、何世代も子孫を残さなければ進化は起きないでしょうから、文化的なものがDNAにどの程度影響を与えるのか…

難しいことが多いですね。

 

無理やりアカデミックな話にしたけど

というわけで、無理やり生命の進化や神秘の話に持っていってみました。

向こうは酔っていてあまり覚えていないようですが、私の方はしばらく忘れないでしょう。覚えていないフリをしているだけかもしれませんが。

 

性にしたって、他の欲求にしたって、欲自体が悪いということは何もありません。

我慢できなかったり、時と場所が選べなかったりするのが悪いだけで。

それに欲がなくなれば、多くの男女は結婚しないでしょうし、婚姻以上に少子化は超加速することでしょう。

そして、いくつになっても、ときめくことは若さの秘訣かもしれない。

 

※アドセンス判断次第では本記事は消える可能性があります。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞