G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ひとり旅】広島県尾道市。坂と日本遺産を味わい、千光寺でアスレチックしたよ

尾道に行った話、その2。

今回は尾道を歩いた話と、シンボリックな「千光寺」に行ってアスレチックを楽しんだ話です。

「猫の細道」の話はまた別に書くにゃん。

 

 

尾道は寺が多い

事前にイメージはなかったのですが、尾道は寺が多いです。

お寺が7つ集まって「七佛めぐり」なんて企画が立ち上がっているくらいに。

 

【七佛めぐり公式HP】

www.shichibutsu.com

 

確かにそこいらを歩いていると、すぐに寺にぶつかります。

f:id:GK_GK21:20190528204024j:image

 

正確に言えば、墓地にぶつかることが多いんですけどね。

f:id:GK_GK21:20190528204037j:image

 

今回はそんなに時間がなかったので寺巡りはほぼ行わず、その中でも最も有名(?)な、「千光寺」に行くことにしました。

 

千光寺へはロープウェイで

千光寺は大宝山の中腹にあり、標高は140mです。

歩いて登れる距離ではあるのですが、尾道は道が入り組んでいて分かりづらいんですよね。

それもあって、「千光寺山ロープウェイ」でウェイウェイと向かうことにしました。

f:id:GK_GK21:20190528204110j:image

 

ちなみにロープウェイの麓は寺ではなく神社でした。

f:id:GK_GK21:20190528204120j:image

 

ロープウェイは往復で500円、15分間隔で動いていますが、人がいっぱいになると発車してくれます。

ウェイウェイ登っていくと、3分ほどで頂上駅へ。

f:id:GK_GK21:20190528204100j:image

 

尾道らしく、猫の置物がお出迎えでした。
f:id:GK_GK21:20190528204133j:image

 

文学のこみち~千光寺へ

ロープウェイを降りると、龍伝説を模した竹垣がありました。

f:id:GK_GK21:20190528204051j:image

 

が、伝説を読むと「大蛇がいてリュウになった」というだけのストーリーが分からない伝説でした。

f:id:GK_GK21:20190528204232j:image

 

こちらは山頂から「向島」を眺めた景色。

謎のオブジェは、ここが写生地であるという記念碑です。多くの人が写生したのでしょう。
f:id:GK_GK21:20190528204159j:image

 

140mですので大した高さではありませんが、周りも低いために眺めは良いです。

f:id:GK_GK21:20190528204155j:image

 

すぐ近くの展望台からは、尾道大橋やしまなみ海道などが見下ろせます。

f:id:GK_GK21:20190528204104j:image

 

尾道市立美術館は休業だったし、恋人の聖地には何の興味もないので、文学のこみちに向かいます。

f:id:GK_GK21:20190528204211j:image

 

「文学のこみち」は、岩に文学者たちの銘文が刻まれている、ちょっとした山道です。

が、ここで中国人ツアー団体客と合流してしまうという悲しいタイミングのせいで、ほぼ写真がありませんでした。

残っていたのは、「動物っぽいなあ」と思った木の根っこの写真くらい。

f:id:GK_GK21:20190528204136j:image

 

千光寺ダイジェスト

文学のこみちは下り坂。5分ほど下っていくと、千光寺にたどり着きます。

 

 

まずは干支ごとの像がお出迎え。

f:id:GK_GK21:20190528204223j:image

 

蓮の花もあるよ。

f:id:GK_GK21:20190528204126j:image

 

縁結びにしては怖い顔をした人。

f:id:GK_GK21:20190528204141j:image

 

奇岩・三重岩。降ってこないのかしら。
f:id:GK_GK21:20190528204040j:image

 

修行大師=弘法大師。みなさまのしあわせのために修行したそうです。ありがてえ。

f:id:GK_GK21:20190528204208j:image

 

千光寺の玉の岩。ロープウェイからが一番見やすいのですが、岩の上にまあるいものが置かれています。

f:id:GK_GK21:20190528204030j:image

 

拡大するとこんな感じ。これは何でしょうか?

f:id:GK_GK21:20190528204047j:image

 

というわけで公式ホームページを見ると、「玉の岩伝説」が記されています。

www.senkouji.jp

 

抜粋すると、こんなお話。

気の遠くなるほどの昔、灯台のような灯りを照らす丸い岩があった。

そのおかげで、漁師たちは暗くなっても安全に漁ができた。

しかし、うわさを聞いた遠方の国の皇帝が、この岩を欲しいと言い出した。

部下を何人も送り込んだが、みな見つけられず、とうとう残るは2人となった。

 

ある夜、2人が諦めかけたところに、遠くに光る玉が見えた。

その玉を大喜びで持ち運ぶ2人。

ところが、港から船に積もうとした際に誤って海底に落としてしまった。

困った村の漁師たちは、玉の会った場所に、代わりに火をくべて目印とした。

今では、電気で光る玉が置かれているそうな。 

 

というわけで、現在は夜になると光るそうです。

岩じゃないんですね。

先ほどの竜伝説よりマシですが、何か少しストーリー性に欠けるような…?

 

石鎚山鎖修行でアスレチック!

そしてここからが、先ほどからアスレチックと呼んでいた場所です。

その名も「石鎚山鎖修行」(いしづちやまくさりしゅぎょう)。

奉納料100円を払い、鎖を登って石鎚蔵王大権現に会いに行くというものです。

f:id:GK_GK21:20190528204114j:image

 

画像から伝わるか分かりませんが…これがほぼ垂直の岩壁です。

これを、鎖に捕まることで登っていくのです。

f:id:GK_GK21:20190528204107j:image

 

鎖も独特の形をしているので、少し登りづらいんですよね。

それに加えて私は旅行道具を全てリュックで背負っているので、難易度がはね上がりました。

 

天気は良かったのですが、岩肌は結構滑ります。

靴をしっかりと岩壁に押し付け、腕力でグイっと上がっていきます。

ボルダリングよりは楽ですが、垂直の壁を登るのはそれなりに筋力が必要でした。

 

ここは中腹部分。

岩の高さは左の低い方で1mくらい。なのでこの場所からは3mくらい上がる感じです。

f:id:GK_GK21:20190528204018j:image

 

小学生(低学年)にはちょっと難しいかな。あとは高齢者も向かないです。

幸い、距離は大したことありません。

f:id:GK_GK21:20190528204144j:image

 

 

※他の方のブログ等を見ていたら、 鎖の大きい穴に靴のつま先を入れて登るのが正しいそうです。

道理で、やたらと腕力頼みで難易度が高いと思った…落ちてケガするだろと。

f:id:GK_GK21:20190528204144j:image

 

こちらが登り切った者しか訪れられない、石鎚蔵王大権現です。

けっこう小さいですね。

f:id:GK_GK21:20190528204027j:image

 

そしてここが登ってきた者にしか見られない景色。

ここにはさすがに団体ツアーも登ってこられませんので、静かで一人で、風を感じていい気分でした。

f:id:GK_GK21:20190528204149j:image

 

100円払って登ってきた甲斐がありました。

雰囲気あっての場所だと思いますので、ぜひ自力で到達してみてください。

f:id:GK_GK21:20190528204054j:image


帰りは鎖を使うことなく、歩いて降りることができます。墓地内に出ますけどね。
f:id:GK_GK21:20190528204123j:image


千光寺の感想

久々のアスレチックは楽しめましたし、山の上というのは景色がよく空気もいい。

登り方が間違っていたのは、ショックでしたが、久々にマシン以外の筋トレになりました。

団体ツアーとぶつかるといまいちですが、それ以外は満足した行程でした。

 

尾道編は、まだまだ続くわよ。うふふ。
f:id:GK_GK21:20190528204117j:image

〝こんな記事もあります〞