G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【小噺】土佐の女性は”はちきん”と昔から申します。

えー、毎度ばかばかしい小噺をひとつ。

 

f:id:GK_GK21:20190611170627j:plain

 

はちきん

えー、昔から土佐の女は「はちきん」と申しまして、それはそれは気が強いことで有名でございます。

熊公の家に嫁いだおミツも、正にはちきんというような気の強い女でした。

しかしこのおミツ、熊公の家に嫁いだばかりの頃はしゅんとしていたが、だんだんふてぶてしくなり、家事もやらねえし旦那をたてることもしやしない。

 

かたや熊公、すっかり気が弱くっていつもおミツの言うがまま。

家事も仕事も自分でやっていて、だんだん不満が溜まってきたが言い出せねえ。

しかししかし、ある日、ついに溜まりかねた熊公が、

「ミツ、俺は疲れた。もう別れちゃくれねえか」とぶちまけた。

 

驚いたのはおミツ。

今まで気の弱かった熊公が離婚を突き付けてきたんだから。

 

ミ「お前さん、何だって急にそんなこと」

熊「お前は家でごろごろしてるばっかりで、家事も仕事もやりゃしねえじゃねえか」

ミ「やだね、何をいまさら、そんなこと」

熊「今更ってなんだい。そのあいだ、俺はずっと我慢してたんだぞ」

ミ「そんなこと言って、あたしがいなくて大丈夫なの」

熊「今だって全部俺がやってるじゃあないか」

 

そんな言い争いが続いたが、さすがのおミツも旦那から別れろと言われちゃあ仕方ない。

とうとうおミツが折れることになった。

 

ミ「今まで悪かったよ。今度からはちゃんとアンタをたてて、家事もやるよ」

熊「分かってくれればいいんだよ」

ミ「それじゃ早速、久しぶりに竿でもしまおうかね」

熊「竿?物干し竿ならもう家の中にあるじゃねえか」

ミ「やだねお前さん。お前さんに付いてる竿を中にしまうんだよ」

 

お後がよろしいようで…

 

なぜ急にエロ小噺をしたのか

オチが分からなかった人がいるか分かりませんが、下ネタオチですね。

この小噺についてですが、友人の結婚式で披露されたものです。

もちろん私が喋ったわけではありませんよ。

 

高知出身の花嫁側の友人として式に呼ばれていったのですが、その際に新婦の親戚代表がこの話をしておりました。

新郎は東京の人間でしたから、「高知の女性と結婚するのはこういうことだ」という話をしたかったのでしょう。

それがまさか、こんなエロ小噺とはかなりの衝撃を受けました。

10年経っても(一部うろ覚えですが)覚えているほどに。

 

そして厳かな結婚式という場で、100歩譲って友人代表ならまだしも、花嫁の伯父としてこんな話をスピーチで披露できるという豪胆さに、スタンディングオベーションを送りたかったです。(会場は冷え切っていましたけどね)

しかし、友達として呼ばれたけど、新婦の他に誰も知り合いがいない会場ではそれもできなかった。

 

そんな淡い思い出の詰まった小噺でした。

来月、数年ぶりに結婚式に呼ばれることになったので思い出しました。

スピーチの機会があればこの話をしたいと思います。ないけど。

 

余談ですが、「はちきん」をWikipediaで調べると、名前の由来もアレな感じでした。

本当かどうか分かりませんけどね。

ja.wikipedia.org

〝こんな記事もあります〞