G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

広告担当者必見!本当は教えたくない、誰もが見たくなる広告って⁈プロが選ぶとっておき5選!!【2019年保存版】

広告を目にしない日はありませんが、宣伝文句・キャッチフレーズも日々進化していますね。

f:id:GK_GK21:20190619183923p:plain

そんな広告(主にネット広告)について思うこと。というか愚痴に近い。

 

ネット広告について

さて、ネット広告といえば、画像+30文字程度のフレーズがお馴染みですね。

ホームページを眺めていれば、目にしないことはありません。

そしてだいたい、嫌だなあと思うことがほとんどです。

恐らく、意味も深く考えず似通った単語・文章を機械的に羅列した(かのような)ものばかりで、釣る気満々みたいなのも好きではないからでしょう。

後に書きますが、私の嫌いな宣伝文句(2019夏)はあんな感じです。

つまり、あまりにパターン化されたものが好きではないですし、煽り系も好きではないです。

 

ついでにテレビCMについて

一方で、テレビCMもあまり好きではないのが多いですね。

前にもどこかで書きましたが、携帯3社のCMが下の下。

あとは「D room」(うろ覚え、賃貸アパートのCM)や日清のアオハルも少し気持ち悪かったなあ。

製作者の「面白いだろう?」的な意図が透けると嫌になるのかなあ。

キャラクターものなど、振り切れてるのは割と好きなんですけどね。昔々で言えば、ヤキソバンとかペプシマンとか。

最近で言えば、ハズキルーペは嫌いじゃなかったですよ。

 

記事タイトルの内容を回収する

人の広告は批判しておいて、自分が嘘をついてはいけませんので、今回の記事タイトルの内容を一つずつ回収していきます。

ちなみに、こういうSEO狙ってます!っていうタイトルも好きではありません。むしろ嫌いというか、飽き飽き&辟易しています。

 

「広告担当者必見」は、こんな宣伝文句は嫌っている人はいますよ、ということを必ず見てほしいのでクリア。

「本当は教えたくない」は、「またこのブログ、愚痴書いてる」と思われてしまうリスクがあり、あまり教えたくありませんのでクリア。

「誰もが見たくなる広告って?!」は、そんなもん、私が知りたいという疑問でもありますし、誰も答えがあるとは言ってないのでクリア。

「プロ」は何のプロとも言っていませんが、一応サラリーマンとして給料は貰っている、すなわち弊社業務としてはプロなのでクリア。

そして「5選」とありますので、この5つが入っていたら、確実に(私の)好感度が下がる宣伝文句・キャッチコピーを紹介しておくことでクリア。

【2019年保存版】は、あと半年以内に私がブログを消去することはたぶんなく、保存されるはずなのでクリア。

というわけで回収完了です。

 

それでは、以下に私の避ける「5選」の宣伝文句を。

 

本当は教えたくない、誰にも教えたくない!

だったら黙ってろと思いますね。広告宣伝としては全くそぐわないと思います。

本当に親しい人との会話のなかで言われれば「そうなんだ、ありがたい」と素直に受け取りますが。

前にもどこかで書いたかもしれませんが、「本当は教えたくないぐっすり眠れる〇〇」みたいな文言を見ると、単なる性格の悪い人にしか感じませんよね。「自分さえ健康なら、ほかの人はどうでもいい」的な。

 

まだ〇〇してるの?

煽る文言が注目を集めるのは分かりますが、極論すれば炎上商法と同じ匂い。

こういう劣等感を煽る手法は、少し前の流行りなのでしょうか。

これも性格悪い人が考えたんだろうなあと思います。

だいたいうさん臭い感じがして、嫌いというより不信感ですね。

コンプレックスがあると、ふらっと誘われてしまうのかもしれません。

 

〇〇したくない人は見ないでください!

これも一時期流行っていて、今でも時々見かけますね。

ストレートにすればいいのに、無理やり変化球を投げようとして失敗した印象です。

「〇〇したくても見ねーよ」と思いますね。

私がひねくれてるのは分かってますが、このフレーズもひねくれています。

 

〇〇がやっている〇〇法が話題に。

芸能人の誰それがやっているダイエット方法などが多いですかね。

タレントを知らない私からすると、何の興味も湧かないですね。春日のダイエット方なんて知らんよ。

 

ただ、その部分はいいとして。

話題になってから、「話題に。」をつけてほしいですね。

別に全て証明しろとは言いませんが、どこで誰が話題にしているやら。

誇大広告の一種ですかね。

 

「超簡単?〇〇な〇〇」などの「?」付きの広告

「超簡単?〇〇が実践するダイエット法がヤバい」みたいな感じですね。

何で「?」をつけるのか。

同じことをブログ等で言えば、何らかの紹介記事にも関わらず、タイトルに「時間は?料金は?」とか「?」をつけるのも、何か違和感がありますね。

意見文だったり、本当に本人が疑問に思っていれば分かるのですが。

まあ、お前の商品なんだから、自信をもって言い切れと。

 

まとめと、好きな宣伝文句と

いかがでしたか?(←この締め方も多くてやや食傷気味)

少しでも共感いただけると幸いです。

広告は目についてナンボ、という部分が多々あるのは分かっていますが、マイナスの効果もありますからね。

かく言う私もGoogleAdsenseは貼り付けていますし、それで収入が得られるなら嬉しいと思います。

 

嫌いなモノばかりではなく、好きなモノも少し。

といっても、具体的な広告や宣伝文句は思いつきませんが、やはり素直なのが一番ですね。

良いものなんです、買ってください!的なことを素直に表現してくれればそれでいいのです…

 

というわけで、LINEスタンプを買ってください!

たぶん良いものなんです!

お金が欲しいんです! 楽にお金が欲しいんです!

33歳児が空腹に震えているんです!

line.me

 

というような宣伝(というか陳情)では、いくら正直でも売れるものも売れないでしょうね。

批判は簡単ですが、対案や実践は難しいなあ。

 

おまけ

えっ、この中に14歳がいるの?と一瞬混乱した広告。

f:id:GK_GK21:20190618220438j:plain

 

〝こんな記事もあります〞