G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【大分】荒城の月のモデルとなった岡城に行ってきた。日本最強の城?

大分県竹田市にある、岡城址(城跡ともいう)に行ってきました。

竹田市って「たけだ」じゃなくて「たけた」なんですね。

竹田市にあると、天空の城として有名な竹田城址とも被ってしまいますが、「竹田市にある岡城址」です。

f:id:GK_GK21:20190707193323j:image

 

 

岡城址の場所とアクセス

岡城址のある大分県竹田市は、大分県でも内陸部にあり、熊本県のすぐ近くです。

熊本・阿蘇からは車で1時間ちょいかかりました。

山城であるため、少し登りになっています。

 

駐車場は100台くらいは停められそう。けっこう広いですね。

f:id:GK_GK21:20190707193448j:image

 

日本最強の城?城ランキング1位?

NHK「日本最強の城スペシャル3」にて、岡城がトップになったそうです。

「最強の城」っていうのが馬鹿っぽいタイトルですが…

選定理由は、そのまま転記すると…

・石垣の魅力

・城内から眺める阿蘇山やくじゅう連山の眺望

・あんな山城に藩主や家臣が住んでいたという歴史的事実

・岡城に惹かれ移住者が出るほどの魅力…等

 

f:id:GK_GK21:20190707193414j:image

 

もうひとつ、トリップアドバイザー2018の「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング」城址部門では第1位、総合部門で第5位だそうです。

f:id:GK_GK21:20190707193344j:image

 

大雨にてストップ

私が訪れた時は、大雨洪水警報が発令中。

訪れた瞬間だけは雨がやんでいたのですが、受付の方に聞いたところ、「雨は止んでいるが、城内を見て回れるかは調査中ですので、30分ほど待ってください。調査隊が見てきた情報で、その判断をします」とのこと。

 

f:id:GK_GK21:20190707193312j:image

 

まあ雨だから仕方ない。

30分、駐車場で何もすることがなく待っていました。

結果として、ちゃんと入れたので良かったですけどね。

f:id:GK_GK21:20190707193300j:image

 

城までは5分ほど歩く

「城」までは少しだけ歩きます。

道中は、竹細工のお店などがありました。

ただ、上に書いたような危機的状況だったせいか、日曜日だというのに他に観光客は数名程度、全くにぎわっておりませんでした。
f:id:GK_GK21:20190707193421j:image

 

ペンションもありましたが、やっていたのか…?

f:id:GK_GK21:20190707193423j:image

 

ダイナミックな石壁もありました。ここは人為的に削ったのか、天然なのか。いずれにしても迫力がありました。

f:id:GK_GK21:20190707193513j:image

 

石垣は立派じゃのう

そのまま歩くと、岡城址という石看板が見えてきました。

f:id:GK_GK21:20190707193541j:image

 

ここからは坂になっています。雨のせいで、かなり滑って危険でしたが、一応舗装はsれていました。

f:id:GK_GK21:20190707193430j:image

 

挫けずに登っていくと石垣部分が見えてきます。

写真でどれだけ伝わるか分かりませんが、山城らしく傾斜&石垣というなかなか良い風景です。
f:id:GK_GK21:20190707193356j:image

 

この角度は結構お気に入り。何となく、西洋の城にも見えてきました。

f:id:GK_GK21:20190707193323j:image

 

更に登ると、ようやく平坦な高台にたどり着きます。そこは大手門跡。

f:id:GK_GK21:20190707193456j:image

 

ここが大手門だったのですね。つまりは正門。西暦1600年頃に造られたそうです。

f:id:GK_GK21:20190707193406j:image

 

大手門からの眺め。車でも登ってきてますので、それなりの標高です。

ただ、天気が悪くてよくわからんかったです。

f:id:GK_GK21:20190707193441j:image

 

荒城を散策する

それでは、城の跡地を散策していきます。ここからはおおむね平坦、ところどころ階段がある程度でした。

f:id:GK_GK21:20190707193523j:image

 

全体を見ると、結構広いんですよね。歩くと20分はかかります。

f:id:GK_GK21:20190707193534j:image

 

この空間には屋敷があったそうです。今では何もない原っぱで、トンボが飛んでおりました。

f:id:GK_GK21:20190707193426j:image

 

ハイキングコースとしてもいいかもしれません。明らかに未就学児くらいの子もはしゃいでおりました。

f:id:GK_GK21:20190707193338j:image

 

奥まで行くと、崖の上に建っているということがよく分かる景色がありました。

よくもまあ、こんな高い崖に造ったもんだ。

お子様は落っこちないように注意してください。

f:id:GK_GK21:20190707193352j:image

 

ここなんかは、最も城っぽい風体を残していますね。

f:id:GK_GK21:20190707193402j:image

 

突然のけろ隊。ジムがあったので置いてきました。

f:id:GK_GK21:20190707193329p:image

 

まあ天気が悪い悪いと言いながら、それなりの眺めは楽しめました。
f:id:GK_GK21:20190707193508j:image

 

三の丸址。まあ城の跡地としては、かなり崩壊しつくしています。
f:id:GK_GK21:20190707193500j:image

 

しかし、石垣が好きな方は、目の前に高い高い石垣があるのでご満悦できることでしょう。
f:id:GK_GK21:20190707193359j:image

 

この石段の感じも何となくいいですね。先日、尾道市に行ってきましたが、坂や階段というのは少し世界が変わる瞬間だなと思います。
f:id:GK_GK21:20190707193433j:image

 

標高は300m強だそうですが、周りはそんなに高くありません。
そのため、遠くの山々もよく見渡せます。
f:id:GK_GK21:20190707193526j:image

 

すぐ下には道路が通っていますが、崖状になっているため、距離は大したことなくても高低差が大きく感じます。
f:id:GK_GK21:20190707193348j:image

 

最後に、一番奥にあった岡城天満神社に参拝して終わりです。
f:id:GK_GK21:20190707193504j:image

 

祭神は菅原道真公。やけに新しいなあと思ったら、城と共に朽ちていたのが何べんも補修され、最新版は2016年にできたばかりということでした。
f:id:GK_GK21:20190707193318j:image 

ちなみに、そこから休憩所もすぐ近くです。

f:id:GK_GK21:20190707193418j:image

 

イスや自販機もありますので、疲れたらここで一服。
f:id:GK_GK21:20190707193326j:image

天気が良ければ、ここでしばらく眺めていたかったのですが…ベンチも湿ってましたしね。
f:id:GK_GK21:20190707193308j:image



f:id:GK_GK21:20190707193546j:image

f:id:GK_GK21:20190707193318j:image

 

荒城の月と滝廉太郎

この岡城址ですが、滝廉太郎(通称:タキレン)が、あの有名な「荒城の月」のモデルにした場所としても有名です。

f:id:GK_GK21:20190707193341j:image

 

私が以前、筆で描いた滝廉太郎(タキレン)も貼っておきますね。

f:id:GK_GK21:20190709052441p:image

 

城の奥には、タキレンの像も置かれていました。

f:id:GK_GK21:20190707193315j:image

 

何だかスタイリッシュですね、タキレン。幼少の頃をこの竹田周辺で過ごし、この岡城址で荒城の月の着想を得たとかどうとか。

f:id:GK_GK21:20190707193436j:image

 

岡城を出て下った場所にも、荒城の月の楽譜が掘ってあったり、雑にピアノが置かれたりしていました。

車の中からしか見てないのですが、これはさすがに偽物ですよね。

f:id:GK_GK21:20190709081338j:image

 

おまけ。ペンション荒城の月にあった、「岡領(竹田)の有名No.10」だそうです。

君はいくつ言えるかな!?

私は竹田のものと分かっていて言えるものはゼロでした。

f:id:GK_GK21:20190707193515j:image

〝こんな記事もあります〞