G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【今週のお題】自由研究と聞くと、昔やった人体実験を思い出す。

今週のお題「わたしの自由研究」

 

昔、人体実験をしようと思い、やってみたこと。

そんなに大したことじゃないんですけどね。

f:id:GK_GK21:20190905193324p:plain

 

ただ、よい子はマネしないでね。 

 

 

丸一日、腕を使わない

これは高校生のとき。

丸一日、腕を動かさないとどうなるのか、自らの体で人体実験してみました。

方法はシンプルで、右腕を常に脱力した状態で過ごす。だけ。

当時は左手を器用に鍛えていたので、箸くらいは使えましたし、授業のノート取りも左手で特に問題なし。

体育がない日に実行してみました。

 

ちなみに何故やろうと思ったのかは分かりません。

当時は人体実験ブームだった記憶がありますが、他にどんなことをしたのかはあいまいです。

 

実験結果

少しうろ覚えですが、当時の記憶を呼び起こします。

午前中が終わった段階で、けっこう腕にシビレが出てきました。

ただ、基本的には腕を動かさないというだけなので、難しいことはありませんでした。

その後、最初は気がつかない程度でしたが、手指が徐々に膨れ上がり始めました。

 

放課後、つまり朝から10時間くらい続けたところで、手・指の大きさが1.5倍くらいに太くなり、赤というよりも「紫」のような色になりました。

 

そこで私の中のドクターがストップをかけたのですが、腕を動かそうにもシビレがひどい。

ペンを掴もうにも肩が上がらず、腕をだらんとしたまま何とかペンを持っても感覚がありません。

ただただ、痛みとシビレのみ。

 

何とか少しずつグーパーグーパー(最初はグーできなかったけど)し、1時間程で何ともなかったかのような状態に戻りました。

腐りそうだったんですかね?

 

実験の感想

実験結果に対する率直な感想としては、10時間動かさない程度でそうなってしまうとは、人体って意外と脆いんだなあと感じました。

本当は24時間(少なくとも起きている間中)は続けたかったのですが、あの手の腫れっぷりをみると、自分のことながら「これは危険」と判断せざるを得ませんでした。

まあ、自分の体で試して良かったというべきか。

 

その経験を活かして 

その自らに課した人体実験が、今の私の介護の仕事に役立っていると思います。

嘘です。

介護業でもないし、介護経験も祖母を少しだけ、です。

 

ただ、私の祖母も最期は寝たきりでしたが、動けない事による弊害は酷かったです。

寝たきりの方の介護の褥瘡(じょくそう)対策などは相当大変だし大切なんだなあと実感します。

 

身体も心も、動くことがないとすぐに腐ってしまいます。

身体の運動も大事ですが、心が揺り動かされるような経験をしないと、腐っていってしまいますよ

 

何か良い事言った気がする。

 

繰り返しですが、よい子はマネしないでね。

馬鹿な子は、好きにしたまえ。

 

 

www.gk-gk21.com

 

 

www.gk-gk21.com

 

 

〝こんな記事もあります〞