G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ゆ】ゆ。

いや、タイトルはミスじゃないです。

今日は「ゆ」について。

湯でもなく、ひらがなの「ゆ」です。

皆さんは「ゆ」について考えたことありますか?

 

…ゅ..ゅゆ..ゅゆ..ゆ  ←魚の群れに見えなくもない。

 

 

前にもどこかで書いたかも知れませんが、平仮名の「ゆ」に違和感があります。

日常生活でペンで字を書くことがめっきり減って久しいですが、それでも簡単なメモは紙とペンに勝るものはないと思っています。

タブレットやスマホのペン書きは、まだまだ違和感がありありですし。

 

さて話を戻して「ゆ」です。

ペンで文字を書かない中でも平仮名の「ゆ」を書くことは、特に機会がない気がします。

「あ行」や「てにおは」、「や行」でも「や」はよく書きますが、「ゆ」を使う機会と言えば…?

「ゆとり」くらいでしょうか。後はだいたい漢字ですしね。

 

さあ書いてごらん

皆さんも「ゆ」を書いてみてください。何でしょうね、この形。

落ちて上がってクルっとターン。そのままの勢いで上昇し、最後に一気に切り落とす。

f:id:GK_GK21:20190911213259j:image

 

なかなかアクロバティックなペン捌きです。

 

「ゆ」を体で表現する、ふなっちょ。

f:id:GK_GK21:20190911213302j:image

 

私は何がしたいんだろうか?と思いました。

f:id:GK_GK21:20190911213255j:image

 

「ゆ」の為になる話

このままいくと、ここまで読んでいただいた方の時間的損失があまりに大きいので、ここでひとつ、「ゆ」の豆知識。

日本では西暦900年ころ=平安時代中期、これまでの漢字ベースだった万葉仮名をやめ、平仮名が開発されました。

その際、あらゆる平仮名とカタカナは、漢字が元となって作られたのでした。

 

そんな中で「ゆ」は「由」がもとになってできた平仮名とされています。

 

由ゆ由ゆ由ゆ由ゆ由ゆ由ゆ由ゆ由ゆ由ゆ由ゆ

 

うーん、やや似てるかもしれませんが、ちょっと遠いような気がしますね。

 

そんなわけで今回は「ゆ」についてでした。

次回ターゲットとして考えている「む」については、公開時期は未定です。

というか書くかも未定です。

〝こんな記事もあります〞