G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【台湾】中正紀念堂へ。巨大な門と兵隊さんと。

台湾旅はほとんどノーガイドブックで行ったので、特に意識して観光地には行かなかったのですが、たまたまGoogleMapを見ていたときに見つけたのが中世紀念堂です。

 

f:id:GK_GK21:20191016063833j:image

 

「記念」じゃなくて「祈念」でもなくて「紀念」なのが、変換が面倒くさいですね。

所々間違えてたらすみません。

 

 

 

中正紀念堂の場所

まず中正紀念堂ですが、台北駅から南東方向に2km程度の所にあります。

(住所表示はよく分かりませんけど)

 

台北駅からはMRTで「中正紀念堂駅」に行くのが楽ですが、私は台北からえっちらおっちら歩いていきました。

朝にも関わらず、暑かったなあ。

 

 

巨大な門と自由広場と軍と

中正紀念堂に近づくと、まずは巨大な門が見えてきました。

f:id:GK_GK21:20191016063833j:image

 

けろ隊や人間と比べても、この大きさです。
f:id:GK_GK21:20191016063930j:image


入場料の有無など、よく調べずに来たのですが、「自由広場」と書いてある以上は入っていいだろうという判断をしました。

なお下の画像は、門をくぐってから振り返って撮影したものです。

f:id:GK_GK21:20191016063758j:image

 

門をくぐると、正面にGoogleマップの写真で見た建物がありました。

ただ、そこに至るまでは少し距離があります。

f:id:GK_GK21:20191016063826j:image

 

左右には同じような赤い屋根のおうちが。
f:id:GK_GK21:20191016063917j:image

 

寺のようにも見えますが、音楽ホールと演技場(?)だったようです。

f:id:GK_GK21:20191016063942j:image

 

f:id:GK_GK21:20191016063911j:image

 

そして音楽ホールの間では、軍か学生か分かりませんが、行進の訓練のようなことが行われていました。
f:id:GK_GK21:20191016063927j:image

 

横断したら撃たれるかと思ったので、命からがら脇を抜けて、目的の建物に近づいていきます(一部、誇張しています)。

 

中正紀念堂とは

これは事後に調べた話ですが、中正紀念堂は、台湾初代総統の「蒋介石」を奉った施設だそうです。

f:id:GK_GK21:20191016063725j:image

 

この建物も大きい。
f:id:GK_GK21:20191016063817j:image

 

ようやく近づくことに成功したので、中への侵入を試みます。
f:id:GK_GK21:20191016063850j:image

 

階段を上るのも少し疲れるくらいの大きさです。

上に登ると、門が閉ざされて、よく読めない注意書きがびっちり。

f:id:GK_GK21:20191016063935j:image

 

中正紀念堂の儀仗隊交代式

中正紀念堂の名物は、「儀仗隊の交代式」です。

儀仗隊とは、警護や儀式のために基本的に要所や偉い人を守るための兵隊です。

これも大変運が良かったのですが、知らずに行って着いたのが8時55分頃。

ちょうど始まる時間でしたし、それを知らなかったら「何だここ、広いだけか」という感想で終わっていたことでしょう。

 

儀仗隊の交代式は、毎日午前9時から毎時00分に行われ、それが見学できるというもの。

逆に言えば、その時間に行かなければ門は閉ざされたままでした。
f:id:GK_GK21:20191016063938j:image

 

門の前には既に100人程度の人が集まっていました。

午前9時、ゴゴゴゴゴゴと門が開くと、儀仗隊の皆さんが立っていました。

そして背後には、巨大な蒋介石の像が。
f:id:GK_GK21:20191016063933j:image

 

儀仗隊のパフォーマンスと中の様子(動画あり)

儀仗隊の動きは、動画でないと伝えにくいので一応貼っておきます。


台湾の中正紀念堂。儀仗隊交替式。

 

音楽等は特になく、統一された動きで銃を立てたり、ステップを踏んだりしています。

会場は(写真を撮る音やざわめきを除いて)静かで、足音や銃のカチャカチャという音がよく響いていました。

かなり独特なステップですね。音楽無しで統率の取れた動きって、けっこう難しいでしょう。

 

一応解説しておきますと。

彼らはこれから1時間、ずっと台の上で微動だにせず警備を続けるそうです。

1時間後、引率の兵士1名と交代2名が入ってきて、同じように交代式をするようです。

これはこれは、エンターテインメントでもありながら、なかなか大変なお務めですね。

 

蒋介石のバックには、「学科」「主民」「理倫」とありました…

が、右から読む時代のものだったらしく「倫理」「民主」「学科」だそうです。

f:id:GK_GK21:20191016063736j:image

 

天井も凝っていました。八角形に太陽がデザインされています。

f:id:GK_GK21:20191016063837j:image

 

中正紀念堂の下は博物館

さて、交代式を終えたので、振り返ると、そこにも広さを体感できる景色が広がっていました。
f:id:GK_GK21:20191016063815j:image

 

階段をそれなりに登りましたが、蒋介石の下はどうなっているのでしょう。
f:id:GK_GK21:20191016063746j:image

 

周り込んでみると、中は空間になっていて、ウェルカム感がありました。
f:id:GK_GK21:20191016063956j:image

 

どうやら、博物館になっているようです。
f:id:GK_GK21:20191016063904j:image

 

その他、郵便局やカフェ、休憩スペースなどの多目的な空間になっています。
f:id:GK_GK21:20191016063946j:image

 

謎の芸術作品も飾られていました。こういうものも定期的に開催しているようですね。
f:id:GK_GK21:20191016063721j:image
f:id:GK_GK21:20191016063914j:image
f:id:GK_GK21:20191016064005j:image
f:id:GK_GK21:20191016063740j:image

 

さよなら蒋介石さん

政治家として、ここまで崇拝されている人ってのもなかなか珍しいですよね。

日本には該当するような人はいないように思います。天皇陛下はちょっと属性が違いますし。
f:id:GK_GK21:20191016063820j:image

 

そんなわけで、大忠門という別の門から退出しました。

さようなら蒋介石さん。f:id:GK_GK21:20191016064002j:image

 

台湾史には疎いですが、畏敬の念は伝わりました。

 

〝こんな記事もあります〞