G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ポケモンGO】サカキ攻略の厳しさよ。手応えあるバトルは楽しい。

2日連続でポケモンGO記事。昨今、ポケモンGOのイベントでGOロケット団との戦いがあります。

通常のポケモンと同じくボスはサカキでしたが、なかなか苦労いたしました。

なので、私が戦ったメンバーや戦術、感想などつらつらと。

 

f:id:GK_GK21:20191117074816p:image

 

 

サカキ、弱かったなあ

サカキと言えば、初代ポケモン(赤・緑)の出演です。

ロケット団のボスでありながら、トキワシティのジムリーダー。

ただ、エスパーと水ポケモンが二強だった初代ポケモン。

ニドキングやサイドンを使うサカキは正直大した強さではありませんでした。

ストーリーも後半なので、ポケモンも十分育ってますしね。

アニメではまだロケット団が現役らしいですが。

 

サカキ、強くなったなあ

ポケモンGOのルールでは、3対3です。

サカキが繰り出してくるのは、以下の3匹。

1.ペルシアン

2.サイドン

3.フリーザ―

 

ノーマルタイプのペルシアンならば、かくとうタイプのカイリキーでいける…と思いきや、スペシャル技を繰り出す間もなく一瞬で蒸発しました。

 

何とかペルシアンを倒すと、次はサイドン。

けろ隊も頑張ったのですが、CPが18000近いサイドンの前には一対一でも勝てませんでした。
f:id:GK_GK21:20191117090609p:image

 

崩れゆくけろ隊。普通のポケモンならば、波乗り一発で勝てると思うのですが…
f:id:GK_GK21:20191117090604p:image

 

最後はフリーザ―。

岩タイプであれば、こおり・ひこうの2重弱点を突くことができるのですが、それでもなかなか強いです。

f:id:GK_GK21:20191117090553p:image

 

というわけで、あんなに弱かったサカキくんも、すっかり強くなって帰ってきました。

 

最終的に勝ったときのメンバー(CP・わざ)と戦略

試行錯誤を繰り返し、最終メンバー(CPとわざ)がこちら。

解放はしていますが、ひとつのスペシャル技しか使っていません。

1.ルカリオ(CP:2546)

 ノーマル技はカウンター、スペシャル技はグロウパンチ。

f:id:GK_GK21:20191117074833p:image

 

2.ドサイドン(CP:3692)

 ノーマル技はうちおとす、スペシャル技はストーンエッジ。

f:id:GK_GK21:20191117074822p:image

 

3.シャワーズ(CP:3072)

 ノーマル技はみずでっぽう、スペシャル技はアクアテール。

f:id:GK_GK21:20191117074845p:image

 

そこまで熱心ではないので、個体値が必ずしも高いわけではありません。

例えば、ルカリオは防御に少し不安がある個体です。
f:id:GK_GK21:20191117074849p:image

 

サカキ攻略作戦

写真を撮っている余裕がなかったので文章で。

 

(1)ペルシアン

まず相手がペルシアンを出してくるので、ルカリオを繰り出します。

ひたすらカウンターを連打し、途中でグロウパンチを繰り出してシールドを1個消費させます。

2発目が打てれば勝てるのですが、ギリギリ足らずやられてしまいます。

ただ、4分の3くらいは削れているので、ここでドサイドンを出します。

そのままノーマル技のみでペルシアンを撃破。ここでスペシャル技を出されてしまったらおしまいです。

 

(2)サイドン

ドサイドンでペルシアンを倒すと、向こうはサイドンを出してきます。

それと同時にシャワーズへと交換します。

交換中も連打していると、こちらの攻撃は繰り出せているので少しだけダメージを稼げます。

ここではシールドを削ることも目標なので、ハイドロポンプではなく、回転率の良いアクアテールをなるべく打ちます。

シールドは1回使ってしまいますが、交換中のダメージ稼ぎなども含めると、恐らくシャワーズ一人で勝つことができます。

 

(3)フリーザー

最後のフリーザー。

シャワーズが生き残っていれば、全力で戦って削れるだけ削ります。

やられたら、ドサイドンに変更。

交換中の連打によるダメージ加算に加え、うまくいけばペルシアンを倒すときにスペシャル技が打てる状態になっているので、すかさずストーンエッジを放ちます。

するともう大半が削れているので、あとは連打で何とか勝利できます。

 

ちなみに報酬ですが、ボールの数はさておき…

f:id:GK_GK21:20191117074825p:image

 

シャドウ・フリーザーが捕獲できます。

一球で捕まえることができたので、恐らくボーナス的な存在でしょう。

確かに、ここで逃したら二度と出てこないでしょうからね…
f:id:GK_GK21:20191117074837p:image

 

試行錯誤、考えて倒すのは楽しい

普通のポケモンに比べて、戦略性が乏しいポケモンGO。

ロケット団のリーダー戦も、だいたい強いポケモンで殴っていれば勝てました。

私のパーティで言えば、ディアルガやバンギラス、グラードンなど。

 

しかし、サカキ戦はただ強いポケモンで戦うだけでは勝てませんでした。

攻略サイト等をみれば倒し方というかオススメポケモンなども載っていると思うのですが、それは無しでいろいろ考えてみるのは楽しかったですね。

 

今回のシャワーズは、2016年7月23日に捕獲。

ポケモンGOの配信開始(日本)の翌日に捕獲したイーブイが今になって活躍したもので、なかなか感慨深いものがありました。

ルカリオも、CPで言えば2500しかないですしね。他に代替できるのかもしれませんが、CPの低いポケモンが活躍するのもいいことです。

(けろ隊はCP2400はあるのですが、残念ながらシャワーズの代わりはできず)

 

倒すまでに30分ほど(その場で強化したり技変えたりしていたため)時間はかかりましたが久々に楽しいバトルができました。

というより、ポケモンGOのバトルで一番面白かったかなあ。

強敵とやりたい気持ちもありますので、またこんなイベントがあるといいですね。

〝こんな記事もあります〞