G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【引越し】サービスタイムが終わりました

3月~4月に新天地になる人も多いでしょう。

物理的な場所もそうですし、職場・役職・人間関係も含めて様々に。

私にも別れが訪れました。

 

f:id:GK_GK21:20200319134949p:plain

 

 

私の住んでいるところは、マンションの玄関を開けて廊下に出ると、隣のマンションの部屋が、ちょうど目に飛び込んでくる位置関係になります。

大半の部屋はカーテンをびっちり閉め、ある部屋なんかは台風対策で貼った段ボールすらくっついたままで、ほとんど部屋の中は見えません。

が、向かいの大学生っぽい若い女性の部屋は高確率で開いています。

更にやたらとラ〇ジェリー姿でうろついていて、そんな姿も丸見えでした。

見たい・見たくないに関わらず、嫌でも目に飛び込んでくるのです。

その状態で目が合ったこともありますし、あまりに頻繁しているので、サービスタイムなのかなと思っていました。

 

3月中旬のある晴れた日、休みを持て余して真っ昼間に玄関を開けると、くだんの女性が段ボールに箱詰めしている様子が見えました。

たいてい開いていましたがカーテンも完全に外しており、どうやら引越しのようです。

 

となると、彼女のサービスタイムももう終わりですね。

私もそういえばここに越してきた三年が経過。

彼女の引越しに、時の流れを感じました。

あれ、これ犯罪者(ストーカー)の思考か?

 

ちなみに、玄関を開けると、通りを挟んだ向かいのマンションの中も見えます。

そこには時々、パンツすら履いてない、初老男性の姿が見えることがあります。

流石に距離があるので、本当に裸かはよく見えませんが…

今はなき女性のサービスタイムよりもはるかに頻度が少なかったので、これはスーパーサービスタイムと心の中で呼んでいました。

あれ、これは向こうが犯罪者(ストリーキンガー)か?

 

最近、スーパーサービスタイムの方も全く見ませんけど、彼も高齢ですし大丈夫かしらね。

 

※一応改めてきちんと書いておくと、覗きたいわけでもないですし、どちらかというと見たくないので、脱いでるならきちんとカーテンは閉めていて欲しかったです。

社会のマナーとして。

 

 

〝こんな記事もあります〞