G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【Switchゲーム紹介34】「PiKUNiKU(ピクニック)」感想。その名の通り、ピクニックを楽しむように。お子様とも。

Switchゲーム紹介のコーナーを4日連続の巻。

今回はアクションゲームの「PiKUNiKU」です。「i」だけ小文字です。

 

f:id:GK_GK21:20200406183805j:plain

 

カラフルでまったりした世界観なので、休学中のお子様にも安心してプレイさせられると思います。

 

 

PiKUNiKUのあらすじ

いきなり呼びかけられてスタート。

f:id:GK_GK21:20200406184005j:plain

 

あやしいシルクハットのキャラが、おかねをくれるという話を持ち掛けてきます。

彼は、サンシャイン社の社長。

お金をあげるけど対価は何もなし、ただガラクタをくれればいいと言っています。

ウソじゃないそうです。

f:id:GK_GK21:20200406184052j:plain

 

そして主人公はこちらの赤い…なんと表現したらいいんでしょうね?

赤いモンスターです。

丸いお顔に足がにょっきりと生えています。

f:id:GK_GK21:20200406184131j:plain

 

洞窟で目覚めた赤い主人公。

まずは外の世界を歩き回ります。

f:id:GK_GK21:20200406184231j:plain

 

しかし、洞窟に住む怪物と間違われてしまいます。

f:id:GK_GK21:20200406184321j:plain

 

あえなく捕まってしまった主人公。

f:id:GK_GK21:20200406184314j:plain

 

しかし、「橋を修理したら許す」と言われ、橋の修理に繰り出します。

f:id:GK_GK21:20200406184318j:plain

 

橋を直したことで、誤解が解かれたようです。

f:id:GK_GK21:20200406184542j:plain

 

村の人に話を聞くと、サンシャイン社がトウモロコシを収穫する代わりに、大量にお金をもらっているそうです。

f:id:GK_GK21:20200406184619j:plain

 

一方、隣の村では、サンシャイン社のロボットによる森林破壊が進んでいました。

お金はもらえますが、木々が切り倒されて荒れていきます。

f:id:GK_GK21:20200406184710j:plain

 

森の危機に、なんだかんだあってレジスタンスの仲間になって立ち上がった主人公。

f:id:GK_GK21:20200406184818j:plain

 

こうして、主人公と謎の企業「サンシャイン社」との闘いが始まったのでした。

 

ゆるーい世界のアクション

そんなゲームですが、基本的にはアクションゲームです。

主人公はころころ転がり、足がびよんと伸びるタイプの主人公です。

f:id:GK_GK21:20200406185002j:plain

 

アクションの基本はジャンプとキックのみ、たまに転がるくらい。

操作感はけっこう快適で違和感ありませんが、空中キックだけは最後まで狙い通り出せませんでした。

ジャンプするとくるくる身体が回ってしまうので、キックは適当にしか出せません。

 

最初のうちは、敵らしい敵もいませんし、穴などもないため、やられることがありません。

泳ぐことだってできます。

f:id:GK_GK21:20200406185039j:plain

 

後半になるにつれ、少しアクション要素が強まります。

こちらはフックに足を引っかけ、次のフックへ振り子の要領で飛んで渡っていきます。

f:id:GK_GK21:20200406185154j:plain

 

また、サンシャイン社のロボットとは直接戦います。

いわゆるボス戦が4回くらいあったかな。

f:id:GK_GK21:20200406185310j:plain

 

ミニゲームやお遊び要素も

ちょっとしたミニゲームもあります。

こちらはこの世界の「バスキック」という競技で、ボール(と相手)を蹴り上げて、先に3点取った方の勝ちというゲームです。

地味だけど意外と面白い。

f:id:GK_GK21:20200406185650j:plain

 

こちらは「えんぴつぼうし」を手に入れて、カカシを作るシーン。

ふなっちょを綺麗に描きたかったのですが、Switchのコントローラーではこれが限界でした。

f:id:GK_GK21:20200406185130j:plain

 

ちゃんとカカシの顔として使われるのが良かったです。

f:id:GK_GK21:20200406185626j:plain

 

エンディングまでは2~3時間(ネタバレ)

それほど長いゲームでも難しいゲームでもなく、エンディングまでは2時間ちょっとくらいでした。

 

一応、ネタバレ注意ですが…

 

サンシャイン社のロボットを倒し続けていたところ、社長のミスター・サンシャインに捕まってしまった主人公。

脱出時にサンシャイン社の真の狙いを知ることになります。

f:id:GK_GK21:20200406190027j:plain

 

彼の目的は、ロボットたちを使って火山を噴火させ、島ごと壊滅させたのちに、新たな町を作り上げることでした。

f:id:GK_GK21:20200406190128j:plain

 

当然、止めに入る主人公とレジスタンスたち。

ミスターサンシャインもロボットで抵抗します。

f:id:GK_GK21:20200406190231j:plain

 

しかし、サンシャイン社はブラック企業だった。

そのことに気が付いたロボット社員たちは、働くことを止めました。

f:id:GK_GK21:20200406190316j:plain

 

ひとり逃げ出すミスター・サンシャイン。追いかける主人公。

f:id:GK_GK21:20200406190402j:plain

 

しかし間に合わず、火山の爆破スイッチを押されてしまいます。

f:id:GK_GK21:20200406190431j:plain

 

どーん。

f:id:GK_GK21:20200406190508j:plain

 

火山岩に乗って、飛ばされていく主人公とミスター・サンシャイン。

(ジョジョ第二部のオマージュなんでしょうか?)

f:id:GK_GK21:20200406190512j:plain

 

そこに渾身のキックを浴びせ、サンシャインを吹き飛ばしました。

彼は別の星まで飛んで行ってしまいました。

f:id:GK_GK21:20200406185549j:plain

 

ちなみに火山は、もう一つのボタンを押したら噴火が止まり、島は救われたのでした。

めでたしめでたし。

f:id:GK_GK21:20200406190645j:plain

 

 

エンディングのナゾ

という感じだったのですが、少し謎が残りました。

めでたしめでたしの前に、こんなシーンがあったのです。

 

謎のキャラクターとの会話。しかし正体は教えてくれず、主人公も何なのかは分からずじまいでした。

f:id:GK_GK21:20200406190804j:plain

 

また、スコアは「1.6点」と言われました。

これが分岐なのか、決められたシナリオなのかは分かりません。

もう一周する気力はありませんでしたしね。

f:id:GK_GK21:20200406190913j:plain

 

最近の若者はすぐに答えを知りたがるからダメらしい。

謎は謎のままということでしょうか。

f:id:GK_GK21:20200406190926j:plain

 

二人同時プレイも可能

さてPiKUNiKUは、二人同時プレイモードも用意されています。

f:id:GK_GK21:20200406191028j:plain

 

こちらはほとんどやっていないので、感想というほど語れませんが…

お互いを乗っけたり、キックしたりして、協力して進んでいくことができます。

f:id:GK_GK21:20200406191032j:plain

 

平和的な2人同時アクションゲームって最近少ない気もするので、まったりとプレイして過ごすにはいいかもしれませんね。

f:id:GK_GK21:20200406191036j:plain

 

PiKUNiKU感想まとめ

ボリュームは少なめですが、適度なゆるさのゲームで、意外と楽しかったです。

世界観やステージもカラフルかつシンプルで、楽しくサクッとプレイできました。

繰り返しですが、難易度は低めですので、小さい子や普段アクションが苦手な人でも、世界観含めてとっつきやすいゲームだと思います。

何より、これもセール時に100円で購入できたので、十分満足しました。

 

他のSwitchゲーム紹介記事

【同じようにかわいらしい世界観】

www.gk-gk21.com

 

【逆と言えば逆の、殺し屋モノ】

www.gk-gk21.com

 

【サムネに食いつく人がいるかもしれん】

www.gk-gk21.com

 

 

〝こんな記事もあります〞