G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ANN】性産業で働く人をどう捉えたらいいんだろうか?

またGoogleから怒られたくはないので、画像無し&記事の内容は真面目な話です。

オールナイトニッポン(ANN)ってあまり聞いたことないんですよね。

私はUp’s ⇒ JUNK(=TBSラジオ)派でしたので。

 

f:id:GK_GK21:20200427202740p:plain

 

 

炎上している発言

ヒマでYahooニュースでも眺めていたと思しき副社長から、「岡村の発言についてGO君はどう思う?」と聞かれました。

「こっちは姪っ子の入学祝いを考えるのに忙しいのに、勤務時間中に何だってんだ」と思いましたが、一応副社長派閥扱いになっているため、特に興味もなかったのに強制的に調べる羽目になりました。

 

ざっくりといろんな記事を読んでみると、岡村発言はこんな感じ。

「自粛中だから、風俗に今は行かない。でもコロナが収まったら、かなり面白いことが起きる。お金に困った可愛い人が働くようになるから、それを期待して金を溜めて待とう」

あぁこれはひどい。相当叩かれますね。

 

これを叩く記事を見てみると

この発言について、公の発言としてよろしくないですし、影響力があってNHK等にも出演していることを考えれば、然るべき「叩き」だと思います。

 

ただこの発言を「女性蔑視」として叩いている意見をずらっと見ていて考えたのですが、本質的には「女性蔑視」が問題なんでしょうか?

性別がどうとかいうよりは、「コロナという世界規模の災害による被害者、その貧困をあざ笑う、ゲスな金持ち」という要素の方を強く感じました。

それは、私が男だからでしょうか?

 

この発言を叩く記事を読んでいて、少し気になったことも。

支援団体がかかわらなければ、岡村がいうように、路頭に迷っている女性を商品化し、性産業に利用するスカウトが声をかけていく。

児童福祉関連の制度やシステムを改善、拡充して手厚くする方向性ではなく、性産業に従事するような構造が作り上げられてしまっている。

これを「福祉の敗北」などと批判する者もいるが、日本における性産業、性の商品化の需要は凄まじく、異常なほど女性の性的搾取に執着する構造が福祉の拡大や拡充を阻止している実態がある。

つまり、金がない女性は身体を市場で売れ、という野蛮な社会が至るところにあり、岡村のような思想、価値観が福祉の拡充を阻んでいる。

専門学校生や大学生、大学院生たちからの生活相談も止まない。

日本の学費は先進国でトップレベルに高額で、なおかつ給付型奨学金(スカラシップ)がほぼ皆無である。

だから、家庭に余裕がなければ、性産業に従事して、学費や生活費を稼がなくてはならない環境が広がっている。

近年は性産業の門戸も広がり、セックスワークに入職しやすい「簡単、安全、高収入」というイメージ戦略もとられ、ハードルが大幅に引き下げられている。

セックスワークへの誘導はするが、学業支援、生活支援、社会保障を整備しない社会だ。

日本社会は女性たちに性的搾取を強いてきたし、21世紀に入っても、このような人権無視の環境が広がっている。

困窮女性に対し、福祉や生活保障を充実させて解放するような方向性には一貫して動いていない。

誤解してほしくないのは、生活困窮者支援をするなかで、今回の緊急時だから女性が「性の商品化」をされているのではなく、日常的にそうなっている社会構造があるということだ。日常的に問題視されてこなかったものである。

https://news.yahoo.co.jp/byline/fujitatakanori/20200426-00175351/ から一部引用させていただきました)

 

1人のつまらん芸人の発言から、主語が「国」や「社会」になっているのはお約束として…

上の記事を読んで「女性の貧困に手を差し伸べるべき」という内容がありましたが、いちいち「女性」の貧困やその福祉の充実だけ疑問視していることが気にかかりました(まあ発端が女性の性産業云々なので仕方ないとも思いますが)。

人数はさておき、貧困男性と貧困女性で、それほどまでに支援制度に差があるんですかね?

私もいつ貧困男子になるか分からないので、そこの方が気にかかりました。

 

男で言えばマグロ漁船?

今回の発言を男性で言えば、一昔前にマンガなどで見聞きした「借金返せない?金が無いならマグロ漁船に乗れ!」ってことなんでしょうか。

つまり、問題の発言を男女入れ替えてみると「これから面白いのは、マグロが安くなると思うんですよ。生活に困った男が、どんどんマグロ漁船で働くから、こっちは大トロが安く食べられる」みたいな話なんですかね?

(これも本職のマグロ漁師の方には失礼な例え話なのかと思いますが)

 

強制的に船に乗せられたら拉致監禁のような、もはや事件ですが、「一気に返すならマグロ漁船じゃ!」と自分の意志で乗るなら別にいいと思います。

体験記事(本当か知らんけど)を見ると、指や足が吹っ飛んだり、最悪の場合は船外に投げ出されてサヨナラだったりするみたいですが…

 

性を商品化したい人がどのくらいいるのか?

「女性の商品化・性の商品化」というよくある問題提起の中で、逆に「商品になるなら売りたい」という人ってどれくらいいるんですかね?

一定数いるというのは、例えばTwitterで「パパ活」とでも調べればいくらでも出てくることからも分かりますし、対価次第では売っても良いと考えている人もいるでしょう(合法か非合法かは知りませんが)。

 望まない人が性産業で働くのは悲しい事ではありますが、かといって合法的なお店で合法的なことをして給料(それなり)が貰えるというのであれば、別にそれはそれである程度仕方ないとも思えます。

 

雇われでお金を稼ぐには、頭脳・経験・肉体・精神・時間など、大なり小なりを犠牲にしなければいけませんし。

皆が皆、自分の望む職業に就いて働き甲斐を持って働いている状態ではないわけで、複数の選択肢の中で性産業を選んだ人もいるでしょう。

 

まとめ:職業に貴賎なし?あり?

個人的に、性産業で働く人については、特別に尊敬もしませんが、かといって一応社会には一定数必要な職業だろうと思っています。

もちろん、違法行為とか反社とか脱税とかはしちゃ駄目ですけどね。

また「職業に貴賎なし」という言葉もあります。

なのでこういう記事を見るにつけて、「性産業で働く人」を自分の中でどのように位置付ければいいか迷ってしまいます。

可哀想と思うことは、必ずしも正しいとは思えませんし。

 

そもそも性産業を特別視すべきなのか?というのも分からなくなってきます。

本当にフラットな目で見るならば、『合法』という大前提のもとでは、性産業で働こうが、金融で働こうが、救急救命士として働こうが、それぞれにニーズがあって成り立っているわけですし。

ただ、私がこれから結婚するとした場合、相手が風俗嬢で結婚後もそのまま働くと言われたら嫌だと感じるでしょう。

そう考えると私もそれなりに偏見を持っているのでしょうし、その事が正しくないとも言い切れません。

 

それに私自身は、水商売や風俗に金を使うのは無駄としか思ってないので、これからも行くことはないでしょう。

性産業で働く人と一度くらいは話をしてみたいと思いますが、お店に行く以外に話ができるような出会い方が分かりません。

そういえば以前、貧困調査という名目でお店に通っていた人がいたような・・・?

 

最後に、ナインティナインって私が小中学生くらいの頃には「めちゃイケ」などでゴールデンで番組を持っていました。

が、昔から「芸人」がそれほど好きではなかった私は、一度も面白いと思ったことがないので、これを機にいなくなっても困らないかなあ。

 

なんでこんなことを考えたんだっけ?

ここまで意見を(勤務時間中に)考えたのも、元々は副社長の暇つぶしに付き合ったおかげなんですよね。

一応意見を求められていたので「問題の本質は女性蔑視以上に、人の不幸を楽しみと言い放ったところにあると思いますよ」と言いに行こうとしたら、定時前に帰ってやがりました(役員に定時の概念はないので仕方ないんですけど)。

彼は私の3~4倍くらいの給料をもらっているはずなので、もう少し私の相対的貧困問題についても考えてもらいたかった。

 

ちなみに姪っ子の入学祝は、AmazonにてFireタブレットのキッズ仕様にしました。

授業すら始まっていないというので、これで学習の役に立てばいいんですが。

 

〝こんな記事もあります〞