G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ひょうたん】続・ひょうたんの話。今回は食べてみた。

じゃあ皆さんは、ひょうたんについて本気で考えたことがあるってんですか!?

いや、私はありませんよ。もちろんね。

 

f:id:GK_GK21:20200629192046j:image

 

まさかのひょうたん第二話です。

 

 

前回までのあらすじ

ひょうたんを買ったよ。

www.gk-gk21.com

 

ちなみにこの綺麗なひょうたんは、まだ家にあるよ。

そして前回記事は、食用ひょうたん画像と共にこんな言葉で締められていました。

ひょうたんについて調べたキャッシュのせいか、こんな商品がオススメされてきました。

食べるひょうたんってのもあるんですねえ、頼まないけど。

 

ひょうたんと僕との出会い

今回、箱根温泉辺りをぷらぷらしていたら、食べるひょうたんが売られていることに気が付きました。

 

f:id:GK_GK21:20200629192039j:image

 

ひょうたんから駒ってこういうことを言うんですかね。

こういうことを言うようになったらオッサンなんですかね。 

 

しば漬けタイプ(赤っぽい)とたまり漬けタイプ(黄色っぽい)が売られていましたが、正直なところ全く美味しそうに見えなかったので、味が誤魔化せそうな「しば漬け」にしました。

f:id:GK_GK21:20200629192046j:image

 

それっぽくパッケージには書いてありますが、実は「箱根大涌谷」の説明であって、別にひょうたんと弘法大師は関係なさそうです。

また、ひょうたんの原産地はベトナムとなっており、本当に箱根名産なのかどうかは分かりません。

f:id:GK_GK21:20200629192049j:image

 

ひょうたんのしば漬けを食べてみる

それでは食べてみましょう。

まず見た目がこちら。真っ赤っかですね。

f:id:GK_GK21:20200629192042j:image

 

ヘタの部分は取り除くとのことでしたので、切り落とした結果がこちら。

何でしょうね、この丸い物体?

あまり美味しそうには見えません。

f:id:GK_GK21:20200629192052j:image

 

がぶり⇒すっぺ!

しば漬け味が完璧に浸透しているため、かなりの酸っぱさです。

感触は、コリコリとまではいかず、シャグッって感じです。

何に似てるかなあ。しば漬けの柔らかい大根部分に似ているかも。

あるいはウリ科の植物ですので、ウリの漬け物とは似ていますが、味がしば漬け過ぎて。

f:id:GK_GK21:20200629192035j:image

 

繰り返しですが、味の感想としては酸っぱさがメイン。

もはやしば漬けとしての味であって、ひょうたんの味の評価ではないかもしれません。

ただ邪魔にならない、感触はそれなりに悪くないということを踏まえると、漬け物としては戦えるのかもしれません。

 

実際に、食用ひょうたんで戦おうとしている地域もあるようです。

【岐阜県養老町】

https://www.goodlifeaward.jp/?glaentry=glaentry-3728

 

※なお、食用以外の普通のひょうたんは、毒がある場合もあるので食べないようにしてください。

 

 

〝こんな記事もあります〞