G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【海外ドラマ】「別世界からのメッセージ」紹介。私はどの世界に?

海外ドラマ紹介のコーナー。

今回は1シーズン10話完結の「別世界からのメッセージ」です。

Amazonオリジナル作品のようです。

 

f:id:GK_GK21:20200927112429j:plain


 

 

今回は、ネタバレしないように書いていきます。

 

 

登場人物紹介

いつもはあらすじから書きますが、たまには人物紹介から。

 

ピーター

主人公、40歳前後の長身の男性。

音楽のサブサクサービスの会社でアルゴリズム関連の仕事をしているが、音楽に何の興味もない。

それどころか、毎日同じことを繰り返しで、自分の人生にすら興味がなかった。

別世界からのメッセージを受け取ることで、クララを追うことに生きがいを感じるようになった。

 

シモーン

同じくこのゲームに参加している30歳前後の女性(元男性)。

美術専攻で、美術館の案内員をしている。

活動的な女性であるが、やはり毎日退屈していたところに、この招待状を受け取ったため、楽しんでいる。

サッパリしているように見えるものの、心を閉ざして人を避けている。

 

ジャニス

70歳前後の老婆。人に流されやすく、よく分からないまま参加している。

子供を育て上げ老後を暮らしていたが、脳卒中により夫は植物状態になり、ただジャニスは話しかけるだけ。

これまで築いてきたものを失ってしまったが、別世界からのメッセージには楽しく参加している。

 

フレドウィン

30歳代中盤くらいの男性。全てを記録していて、政府の陰謀(社会実験)だと予想している。

19歳で大学を卒業し、21歳でデータサイエンティストとして100万ドルを稼ぐなど優秀。

しかし思い込みがあまりに強く、興奮や怒りやすい性格で疑り深いため、友人は極めて少ない。

 

オクタビオ

ジェジューン協会の代表者。

ドラマとしては、ストーリーテラーの役割も持っている。 

 

別世界組合

聖なる悠然を求めて、世界を良くしようとしている謎の団体。

そのカギはクララという少女が持っているとされ、クララを探すために人々を集い、暗号を送って話を進めている。

ジェジューン協会と対立関係にある。

 

ジェジューン協会

オクタビオ・コールマンが仕切る組織で、現実には商社のような存在。

別世界組合からは、邪悪な存在とされている。

代表者はオクタビオ。

 

「別世界からのメッセージ」のストーリー概要

街中に貼り出された謎のチラシ。

ちょっとした興味から、ピーターはそれを掴んで書かれた連絡先の指示に従うと、ある建物の個室に案内された。

そこに置かれたモニターでジェジューン協会のオクタビオから、「誰もが特別な人間だと言われたい。君は今この瞬間を待っていた。君は特別だ」と言われる。

初めてそんなことを言われたピーターは思わず涙するが、同時に画面の外の机から、「そこから逃げ出せ!」という多くのメモを発見し、逃走する。

 

以降、ピーターは「別世界組合」に加入し、街中で様々な指示を受け取る。

ピーターだけではなく、何十人・何百人と同じように指示を受けている市民がおり、チーム分けも行われた。

それに別世界(elsewhere)組合とジェジューン協会(商社的な存在)が対立しており、両者とも、目的はクララという少女を探し出して保護すること。

f:id:GK_GK21:20200908042357j:image

 

クララは「聖なる悠然」を用いて、人類に「別世界」をもたらすらしい。

ピーターは、チームメイトのシモーン、ジャニス、フレドウィンらとクララを求めていく。

参加者たちは、政府の陰謀だと思っていたり、社会実験だと思っていたり、はたまた大企業のマーケティングだと考えたりとそれぞれ思惑があるが、この協会と組合を巡る謎のゲームを楽しんでいたのだった。

 

賛否両論がありそうなドラマ

非常に独特なドラマで、分かりやすいヒーローも出てきませんし、刑事も脱獄囚も出てきません。

とにかく不気味な雰囲気がありつつも明るい雰囲気もあり、人生訓のようなものもありと、何でもありの様相です。

恐らく好き嫌いが大きく分かれ、つまらない人にはオチも含めて「なんだよ!」という感じになるでしょう。

ネタバレなしに感想を書くのも難しいのですが、ストーリー以上にドラマとしての構成が面白かったです。

オクタビオがストーリーテラーとして我々視聴者に語りかけるのですが、果たしてそれすらもゲームの中なのか。

どこまでがドラマの世界なのか、全てがそうなのか?

私はどの世界から、どの視点からこの作品を観ているのか?

という、不思議なふわふわした感じが終始付きまといます。

 

そして、いくつもの非現実的な物語を装いつつも、ひどく人間的でリアルな感情を描いていて、そこが面白いと感じました。

 これでシーズン3というように長々していたら飽きていたと思いますが、シーズン1、全10話で完結するので、たまにはこういう作品もいいかなと感じました。

 

ピーターのような無気力で人生に鬱屈している人(例:私)には、少し心にダメージを負うかもしれませんね。

まあ気にしない気にしない。

f:id:GK_GK21:20200927114020p:plain

 

結論としては、そこそこ面白かったです。

〝こんな記事もあります〞