G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【キャンプ】デカトロンでエアーマットを買って試す。

タイトルまんまです。

前回気づいた、銀マットでは厳しいという課題をクリアするため、エアーベッドを買ってきたのだった。

www.gk-gk21.com

 

ちなみに今回は部屋で実験しました。 

 

 

デカトロンのエアーベッド

というわけで、最近頻発しているデカトロンに再び行き、エアーベッドを買ってきました。

前回のシルバーマットの課題は、固い&狭いこと。

なので、今回は幅がシルバーマットの2倍の120cm×200cmのにしました。

 

こちらが買ってきたままの様子。大変コンパクトです。

f:id:GK_GK21:20200926183342j:image

 

袋から出してみても、これがそんなに大きくなるとは想像できない感じです。

f:id:GK_GK21:20200926183353j:image

 

膨らませてみる

広げてみると、まあとりあえずでかいですね。

普通のシングルサイズの布団よりも大きいので、6畳間でもけっこうでかいです。

部屋の整理中でもあったので、散らかっていましたが。

f:id:GK_GK21:20200926183350j:image

 

これを口で膨らますと、たぶん私がしぼんでぺらっぺらになってしまいそうだったので、今回はちゃんとポンプも買ってきました。

f:id:GK_GK21:20200927072717j:image

 

膨らませてみると、けっこうしんどいんですよね。

このポンプはかなり強力に空気が送り込めるのですが、その分、それなりの力で踏まないといけません。

心臓マッサージの要領で手押しも試みましたが、全然ダメでした。

最初は「これ膨らむのか…?」と不安になりましたが、2分ほどしてだいたい膨らんできました。

f:id:GK_GK21:20200926183345j:image

 

寝てみる

そして前回の寝袋を使い、予行練習的に眠りについてみました。

f:id:GK_GK21:20200927072724j:image

 

ちなみにエアーベッドは同じ大きさが数種類ありましたが、ちょっといい奴にしました。(といっても8000円弱くらいですが)

4000円くらいのもあったのですが、それは横線のみの折り畳みになっていて、つまり空気を入れると横に太いのが何本も重なる感じになります。

 

文章で伝えにくいのですが、ダウンコートの表面のようにボコッボコッと横に線が並ぶ感じ。

なので、その横のボコボコと体の隙間が大きく、寝心地が悪そうでした。

大してこちらは、縦方向にも線が入っているので、身体との接点が多くなり、体重も分散しやすくなります。

実際に店頭で横になったときも、こちらの方がはるかに寝心地が良かったです。

 

ただし、これも個人の感想ですが、寝心地としては、 

布団>>>>エアーベッド(8000円)>>エアーベッド(4000円)>>>>シルバーマット という感じです。

やはりエアーだと高反発というか猛反発なのが気になりました。

もう少し空気を抜いても良かったのかもしれません。

 

畳んでみる

そしてお片付け。

空気が抜けるのにどれくらいかかるかですが、割とあっさりと抜けました。

最後に絞り込んで抜く必要はありますが、キャップを外せば1~2分でほぼペタンコです。

また袋にしまうには丸めて圧縮しなければなりませんが、多少空気が残っていても、袋には入りました。

f:id:GK_GK21:20200927072720j:image

 

 

というわけで、寝心地面では快適とまではいきませんが、シルバーマットよりはマシ。

そしてもともと不眠症なんだから、快適な眠りなどあってないようなもの。

少しだけテント生活に期待が持てました。

 

ただし、このエアーベッドがテントに入り切るのかは試していない。

 

www.gk-gk21.com

 

〝こんな記事もあります〞