G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【今週のお題】「最近見た映画」。銚子電鉄「電車を止めるな!」について。

今週のお題「最近見た映画」

 

今週のお題は「最近見た映画」でした。

もともと映画をあまり見ない上に、映画館が緊急事態宣言以降休みがちになってしまったので、めっきり見る機会が減ってしまいました。

 

f:id:GK_GK21:20201106163744j:plain

(公式HPより拝借)

 

 

 

そんな中、「銚子電鉄」が作った映画「電車を止めるな!」が一番直近で見た映画でした。

その時は、ドライブインシアターというアメリカンな文化に触れてみたいという側面もありました。

 

www.gk-gk21.com

 

が、割と銚子電鉄とは縁があるので、支援の意味合いと、そもそもの興味・関心もありました。

社長は(ほぼ一方的ですが)知っている人ですし、取締役も何人かは顔見知りにはなっています。

 

映画の上映について

私が見たのは千葉港の駐車場でのドライブインシアターですが、現在もいろいろな場所で放映されているようです。

屋外だけでなく、カフェ、寺、駅など、場所は本当に様々。

 

【電車を止めるな!公式サイト】

https://www.dentome.net/

 

それほど画質や音質に凝っているというわけではありませんので、プロジェクターさえあれば、ある程度どこでも上映可能としているようです。

 

映画の内容について

映画の内容についてですが、あまりネタバレしない程度に書いていきます。

銚子電鉄がつぶれそうなので、心霊電車を走らそうというものです。

具体的には、それを生中継しつつお化けをヤラセで出して、一気にバズらせて観光客を呼び込もうという話(実際に銚子電鉄がやってもおかしくない)。

一方で、銚子のお化け(?)の封印を、酔っ払いがぶつかって解いてしまったことで、本物のお化けが出てきてしまいました。

そんなドタバタの、半分くらいは走る電車の中でのシーンでした。

 

もちろん「カメラを止めるな!」を参考にしている部分も多々ありますし、「超C級映画」と自称するだけあって、映像などのクオリティはそこまで高いわけではありません。

ただ、個人的には温かい気持ちで見られますし、映画単体としても、カメラを止めるな程ではなくても、それなりには面白かったです。

 

出演者について

有名どころで言えば、ホラーマンガ家の日野日出志氏(顔は初めて見ましたが)やぶっちゃあブラザーズのぶっちゃあ氏(有名?)などが出ていましたが、それ以外の方は私程度の芸能知識では存じ上げない方ばかり。

 

ただ、エキストラやちょい役にけっこう銚子市民が出ており、そっちで知っている人が何人か出ていました。

エンディング歌っている人も知り合いでしたし、そういう楽しみができる映画というのは初めてでした。

 

映画を見よう

映画を見よう。とは何度も言っているんですが、やはり2時間の集中力という所がネックになっています。

映画館に行けば、2時間くらいは集中して見られるんですが、自宅では無理ですね。

今映画館行っても、鬼滅の刃一色っぽいですし、それを見てもなあ。

冷やかしにとんかつDJあげ太郎を見るというのもありかもしれませんが、2000円近く払うなら、ちょっといいトンカツでも食べた方が満足度と満腹度は高いでしょうね。

 

(追記)

>(id:hiyapa)さん  竹本先生も出てくるのですよね……?? ✨ (笑)

さすが先生(会計士)が本職とご存知なようで。エキストラっぽい感じで存在感を放ってましたよ。

〝こんな記事もあります〞