G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【世界一】世界一広いトイレに行く(飯給・いたぶ)。

千葉県市原市には小湊鉄道というローカル線が走っております。

その中の飯給駅付近には「世界一広いトイレ」があります。

ちょこっと行ってみましたので、そんな記事です。

 

 

 

世界一広いトイレの場所

さて、小湊鉄道の飯給駅ですが、皆さんは読めますか?

これは飯給(いたぶ)という難読地名で、ヤマトタケルノミコトがこの辺りを通った際に、飯を献上されたことに由来するという話で、地名の歴史は長いようです。

 

その飯給駅に隣接する形で、そのトイレがあります。

 

鉄道駅に隣接していますが、電車は1時間に1本ほどなので、恐らく行く人の大半は自動車で行くと思います。

ただし、駅に駐車場はあるものの、10台程度しかスペースがなく、休日はけっこう満車になっていることもあります。

近くに「臨時駐車場」の看板もありましたが、恐らくそれほど広いとは思えませんので、気をつけてください。

 

世界一広い(女子)トイレに入る

世界一広いトイレは、おおよそ200㎡の大きさです。

円形をしており、入り口はひとつだけ。ほとんど屋根はありません。

 

そしてこちらが世界一広いトイレの外観です。

黒い木が高さ2mほどに並べられていて、外からは見えそうで見えなくなっています。

f:id:GK_GK21:20210403182606j:image

 

大事なことですが、あくまでこれは「女子トイレ」です。

一応、男性も見学可とはなっていますが、用を足す人もいる可能性があります。

女性が用を足す場合は入り口に鍵をかけて入り、そうでない場合はドアをオープンにして見学自由という、少し柔軟な運用がされています。

f:id:GK_GK21:20210403182613j:image

 

さて、そんなドアを開けて入ると、中には桜の木とガラスの小部屋、そしてその中に便器が置いてあります。

f:id:GK_GK21:20210403182631j:image

 

ここでホラー感をひとつ。

↓↓お判りいただけただろうか…?

f:id:GK_GK21:20210403182624j:image

 

まあ、一人で入る勇気がなかったので、二人で入ってみました。

座るとこんな感じです。

f:id:GK_GK21:20210403182558j:image

 

そして、一応カーテンがあるので、二重構造で見えなくすることもできます。

ただし、ドアがある向かって左側までカーテンは届かないので、そちら側からは見えるそうです。

f:id:GK_GK21:20210403182609j:image

 

流石に左からまわりこんで撮影するとご法度なので、けろ隊と遊んで待っていました。

f:id:GK_GK21:20210403182603j:image

 

ただトイレとして清潔かというと、それほどではないそうです。

また、予想通りですが「全く落ち着かない」と話していたので、普通に使うにはイマイチなようです。

f:id:GK_GK21:20210403182555j:image

 

なお、男性(ほか、車椅子の方など)は、隣に普通のトイレがあるので、こちらを使いましょう。

f:id:GK_GK21:20210403182616j:image

 

おまけ

トイレのほとりに、お花が咲いていました。

f:id:GK_GK21:20210403182621j:image

 

ラッパのような感じですね。

「花 ラッパ 黄色」では検索しても出てきませんでした。

f:id:GK_GK21:20210403182627j:image

 

※花摘みは恐らく禁止です。

〝こんな記事もあります〞