G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【仕事】忙しいと新しいことができない

続・忙しい話です。

f:id:GK_GK21:20210426191224p:plain

イラストに意味はありません。

 

 

4月になって、何だか忙しいという話をしてきましたが、4月末になり、忙しさの質が少し変わってきました。

これまでは自分の手元作業が忙しめだったのですが、そのほとんど全てを顧客・社内の人間に投げ返したため、手元がすっきりしました。

一方で、「いつ返ってくるか分からないボール待ち」という感じになりました。

 

バラバラに返ってくる分には、サッとキャッチしてササッと作業して、シュッと投げ返すか、もしくは打ち返してやればいいだけで、そこまで忙しくありません。

ただ、いろんなところにボールを投げているため、それが一気に返ってくると、たちまち私のところがキャッチしきれず、ボールをボスボスとぶつけられる状態になります。

 

f:id:GK_GK21:20210426191416p:plain

 

 

そんな中、ある会社の人と話していた際に、DX(デジタルトランスフォーメーション)の話になりました。

RPAに興味があるものの金がないので、PowerAutomateDesktopをいじって何かしたいけど、職場で時間が取りづらいというのが私の悩み。

そこで言われたのが、経常業務比率という考え方。

普通は、会計の言葉で経常利益率と言います。

要は、会社が普通に事業を展開したときの利益(の割合)のことです。

 

それを業務時間で言うと、こんな感じになります。

どうしても経常的に発生する業務と言うのがあり、その経常業務比率が増えれば増えるほど、余裕やゆとりがなくなります。

余裕やゆとりがなければ、新しいことをする時間も取れなくなりますし、考える時間すらなくなります。

なので、まずはいかに経常業務を減らすかがキーになります。

 

f:id:GK_GK21:20210426191938p:plain

私も昔から、仕事なんてせいぜい80%くらいの力でやるべきと思っていましたので、これは賛同します。
www.gk-gk21.com

 

やはり忙しいというのは良くないことです。

先日も某省庁のキャリアと仕事をしたところ、「その日は国会対応で午前様なので、翌日でもいいですか」みたいな話をされましたが、そういう働き方をしていては、健康も失いますし、クリエイティビティを発揮する余裕もなくなります。

 

余裕があったところで私にクリエイティビティは無いのですが、組織の円滑化や業務効率化に関しては、(やる気の感じられない当社比で)人一倍やる気を示しているので、何か生み出せるかもしれません。

そして楽できるようにするんだ。

 

〝こんな記事もあります〞