G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他なんでも。雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【アート】日本橋・イマーシブミュージアムに行ったけれどもしかし。

コレド室町・イマーシブミュージアムというところに行ってきました。

楽しんだ方には申し訳ないですが、率直な感想としては、良かったとは言い難いかなあ。

 

f:id:GK_GK21:20220711032630p:image

 

概要

イマーシブとは「没入感のあるさま」という意味だそうです。

なので、没入する美術館ということですね。

公式Twitterによるとこんな感じです。

 

 

具体的に言えば、巨大モニターでモネなどの印象派作品をCG等も用いてグラフィカルに投影し、あたかもその世界に没入しているかのような体験ができる…らしいです。

f:id:GK_GK21:20220711032606j:image

 

私も答えのないアート鑑賞活動を続けているので、これはと思って行ってきました。

場所は東京 の日本橋・コレド室町の5階です。

オンラインで事前予約チケットも購入可能。

 

中の様子

予約時間になったので、中に入っていきます。

f:id:GK_GK21:20220711032600j:image

 

中に入ると、ひとつの大きな部屋に通されます。

大きなといっても、25m×15mの長方形くらいでしょうか。

小学校のプールくらいですかね。

この部屋のみであり、全ての展示はここで上映されます。

f:id:GK_GK21:20220711032539j:image

 

最初に入ったときの率直な感想は「人が多すぎ」でした。

そのため、次の展示でも先に見ようかと部屋を出てしまいましたが、そのまま進んだら出口にたどり着いたため、慌てて戻ってきました。

 

部屋は長方形で、各壁に映像が投影されます。

プログラムは8つのシーンに分かれています。

最初はモネの絵から「日の出」。

画像は静止画ですが、時間経過などが映像として流れます。

f:id:GK_GK21:20220711032603j:image

f:id:GK_GK21:20220711032612j:image

 

その他、いわゆる美術展のように作品が投影・移動していくもの。

f:id:GK_GK21:20220711032551j:image

 

おっぱい。

f:id:GK_GK21:20220711032624j:image

 

印象派の筆運びや色の調合を楽しめるもの。

f:id:GK_GK21:20220711032548j:image

 

メインとなる睡蓮の絵のCG映像などが流れます。

f:id:GK_GK21:20220711032634j:image

 

そんな感じで、映像は断続的に動き続けていきます。

f:id:GK_GK21:20220711032554j:image

 

 

いくつかの不満点

文章だとすごく伝わりづらいので絵にしてみましたが、これまた伝わりづらいのです。

 

まず、部屋の寸法と映像が合っていません。

例えば青・オレンジ・緑・黄色で、全く同じ映像を4分割しているのですが、部屋の寸法と合っていないシーンが多かったです。

そのため、正面の青部分のスクリーンを見ていても、右の方でぶっつりと切れて同じ映像…という感じで、キリが悪いんですよね。

(正面を見ていると、オレンジの左端が目に入るので、同じ映像の左側が常に目に入っている状態)

せっかく360度に映像が流れているのに、変なところで途切れると没入感ダウンです。

 

この角度の写真ならば、多少伝わるでしょうか?

この時は、左と右で違う映像だったかもしれません。

ただ、それにしては座席が360度見渡しづらい構造でした。

f:id:GK_GK21:20220711032609j:image

 

そして人が多すぎです。

部屋と座席の設置状況により、上の図で言うと、実質観るのに最適なのは青の部分のスクリーンです。

下の写真を見て分かる通り、全員がほぼフラットなところにいるので、どうやっても他人は目に入ります。

f:id:GK_GK21:20220711032637j:image

 

最初に部屋に入ったときに、「人多いな」と思ったとおり、常に視界に人がちょろちょろしているので、これも没入感ダウンです。

 

座席は、部屋の真ん中にヨギボーみたいなソファがいくつかと、部屋の隅っこにすのこが積まれている部分しかありません。

すのこに座っても「隙間にスマホ落としそう」としか思わなかったですかね。

また、床にも投影されているのですが、かえって邪魔でした。

f:id:GK_GK21:20220711032542j:image

 

最後に映像そのものについて。

まあそれなりにつまらなくはないのですが…

まず時間指定チケットにもかかわらず、映像はループで流しているので、今どこなのかがよく分かりません。

入室した時点でやっているものからスタートなので、作品全体のコンセプト等が伝わりにくかったです(ないのかもしれませんが)。

このせいで、退出する人が常にうろつくことになり、没入感が失われます。

f:id:GK_GK21:20220711032627j:image


感想まとめ

今回は二人で行ったのですが、もう一人は「ちょっと作品への冒涜感も感じた」と言っていました。

色合いなどを勝手に変えて、作家が表現したかったものを壊したのではないかと。

私はそこまでは言いませんが…

f:id:GK_GK21:20220711032615j:image

 

何と言っても、一番の売りである「没入感」がほとんど感じられなかったんですよね。

・360度スクリーンで囲っているにも関わらず、正面スクリーンに固定されるような座席

・左右の短いスクリーンに横幅を揃えているせいで、正面の横長スクリーンがぶつ切り

・人が多いのでどこを見ても他人が見える

・(私が怒られるのかもしれないけど)ベビーカーで1歳くらいの子を連れてきて、派手な映像と音楽で案の定ギャン泣き

などなど。

 

上野科学博物館の360度シアターの方が、よっぽど没入感が強かったかなと思います。

あとは費用対効果ですね。

今回は2500円のチケット代ですが、作品は30分程度でループに入ります。

ヨギボー席だとしても、30分も座ってれば疲れそうなので、長さはいいのですが…

映画だって、2時間2000円もしないですからね。

 

これならいっそ、

  • 正面だけにして、映画館のような段々の座席
  • 時間をちゃんと決めて入替制で上映

の方が楽しめたかなと。

 

楽しかったら、↓こういうのも飲もうと思ったのですが、それほどでもなかったのでお土産類もスルー。

f:id:GK_GK21:20220711032618j:image
f:id:GK_GK21:20220711032557j:image
f:id:GK_GK21:20220711032621j:image

※このまめしばを使った「モネしば」も冒涜ではないかと言っていました。

 

だいぶ批判的に感想を書きましたが、経験として行くのはいいと思います。

モネの絵はモネの絵ですからね。

フォローになってないかも。

f:id:GK_GK21:20220711032545j:image

 

おまけ

行った日も大変暑かったのですが、コレド室町1~3の間辺りは日陰でもあり、風も通り抜けるので、けっこう涼しかったですね。

水や緑に囲まれるのもいいですが、こういう都会の中での涼やかさも好きです。

f:id:GK_GK21:20220711032640j:image

〝こんな記事もあります〞