G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他なんでも。雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【テック】最近気になった技術について

かがくのちからってすげー

 

 

食べられるロボット

ドラえもんは食事をすることができるロボットですが、昔は原子炉で動いていた気がします。

さておき、食べるロボットではなく食べられるロボットができたというニュースを目にしました。

www.uec.ac.jp

 

 

世界初の食べられるロボットは、グミ(のようなもの)でできているらしいです。

そして、ロボットが動いている様子が分かりませんが、動いているときに食べると味覚に変化があったとのこと。

f:id:GK_GK21:20240523080202j:image

(画像は電気通信大学より)

 

まあ感覚的にも、刺身と踊り食いでは味に違いは出そうです。

踊り食いしたことないから分からないけど…

動画がなかったので分かりませんが、どれくらい動くのでしょうか。

これだとカップの上でダンシングフラワー程度にくねるようにしか見えませんが…

 

現状がこれで精いっぱいでも、何かしらで顔を描いたり、声を出したりするとまた違いそう。

「オレヲ、食ッテ生キロ…」みたいに喋らせるとかね。

 

でも、これでアンパンマンが一歩近づくわけですね。

人間の顔を食べられるようにするか、あんパンに意思を持たせるかしかなかったわけですが、あんパン側が有利になってきました。

 

エレキソルト

こっちはもう製品化されているお話。

electricsalt.kirin.co.jp

 

スプーンに微弱な電流を流すことで、塩味が強く感じられるそうな。

細かい仕組みは知りませんが、電気で塩成分を一か所に集める…的な技術だった気がします。

要するに薄味でも、濃いめの味わいが得られるという減塩商品です。

 

ただ価格が19,800円もするんですよね。

ボーナス&親孝行で両親に買って試させても良かったのですが、減給された身には少しつらいお値段です。

そして効果も人による、くらいだとか?

 

ただこれも、しょっぱさだけではなく、甘味・塩味・苦みなど自由自在にできるようになったら素敵ですね。

それはもう、脳に直接電極でも埋め込んだ方が早いのかもしれませんけど。

 

そのほかの技術

ホログラム技術とか、映像系はまだまだ進化しそうな気がします。

と思ってましたが、立体映像みたいなのって10年くらい進化してるのかしてないのか?という感じがします。

あとはウェアラブル系。

今は腕時計型が主流ですが、メガネ型もまだまだこれからでしょうし、意外と違う形のものができるかもしれない。

運動系なら二プレスくらいでもいいかもしれないし、もしくは全身スーツ型だけど疲れが超・取れるとか。

大事なのは面白さもありますが、、一番はお手軽に手が届く価格だとうれしいですね。

 

〝こんな記事もあります〞