G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

黒壁のまち・長浜に行ってきた

滋賀県長浜市

滋賀県の北東部にあり、福井県岐阜県と琵琶湖に接する市。

古くは豊臣秀吉が開発した歴史のまちでもあります。

そんな長浜の「黒壁スクエア」に行ってまいりました。

期待していませんでしたが、非常に楽しいまちでしたよ。

 

f:id:GK_GK21:20171116212638j:plain

 

 

黒壁のまち が出来上がった

「黒壁スクエア」という観光スポットを知っていますか?

名前は全国的にも有名で、観光振興の先進事例としてもよく紹介されます。

元々は、「黒壁」の歴史的建造物の多いこのエリアに、

市と民間企業が出資したいわゆる第三セクターが新しい機能をもたらしたもの。

 

最初は黒壁銀行と呼ばれた第百三十銀行の跡地を「黒壁ガラス館」に改装。

その後も次々と建物を買い取っては改装し、カフェやレストラン、工房などに変えていきました。今では30軒くらい手掛けたと聞いたような。

 

f:id:GK_GK21:20171116213237j:plain

これが黒壁ガラス館です。思ったより黒くないですね。

f:id:GK_GK21:20171116213335j:plain

中は二階建てで、ガラス製品がびっしりと売られています。

綺麗な細工が多くて見ているだけで楽しいです。

f:id:GK_GK21:20171116213452j:plain

お土産購入にも最適な場所。福袋的なものが売ってたので買ってみました。安いし。

ここは小売店ですので、入場料は無料です。

おしゃれに生まれ変わった場所も

黒壁、歴史的建物というと「和」や「小京都」的なイメージですが、

けっこうおしゃれスポットも点在しています。

例えばこんなパラソルカフェも。

洋菓子なども売られていますし、イタリアンレストランなどもありました。

f:id:GK_GK21:20171116213632j:plain

 観光前に、長浜浪漫パスポートをGETしよう

長浜浪漫パスポートというものがあります。

f:id:GK_GK21:20171116215924j:plain

これは市内の施設5か所に入ることができ、飲食店の割引なども受けられるもの。

長浜駅内の観光協会1000円で売っています。

例えば後で紹介する海洋堂ミュージアムは800円かかります。

その他の施設も300~600円くらいするところもありますので、

2~3か所回れば元が取れる計算になります。

ガイドマップなども付いてますので、買った方が良いでしょう。

 

曳舟祭り」はユネスコ無形文化遺産

長浜の伝統として「長浜曳舟祭」というお祭りが4月に行われています。

これが2016年、ユネスコ無形文化遺産に認定されています。

黒壁スクエアには、「曳舟博物館」があり、「曳舟」が展示されています。

f:id:GK_GK21:20171116214027j:plain

あまり知らなかったのですが、名前の通り、舟の形をしていました。

これを引っ張ったり、子どもが歌舞伎を演じたりするそうです。

高さは5mくらいあるのでしょうかね。

細工も結構凝っていて、これを引っ張ると考えると山車以上に凄そうでした。

フィギュアの博物館・海洋堂ミュージアム

f:id:GK_GK21:20171116215344j:plain

チョコエッグなどフィギュアで有名な海洋堂のミュージアムもあります。

まだ子供だったころ、私も一時期チョコエッグを集めており懐かしかったです。

f:id:GK_GK21:20171116215416j:plain

このウサギやトリ達は、姪っ子のおもちゃとして今でも活躍しています。

何体かは破壊されてしまいましたが…

 

f:id:GK_GK21:20171116215502j:plain

他にも初音ミクエヴァンゲリオン北斗の拳などのアニメ系や、

 

f:id:GK_GK21:20171116215539j:plain

ゴジラモンスターハンターなどのモンスター系もいました。

ビオランテも幼少の頃、父親に連れられて映画を観たような…

 

※長浜浪漫パスポートで入ると、入場者プレゼントのフィギュアは貰えません。

 

がっかり?日本一の万華鏡

ふらふらと黒壁内を歩いていると、「日本一の万華鏡」なる案内が。

通りを外れて進んでいくと、フリーマーケット開催中(うろ覚え)との文言も。

やや失礼な言い方かもしれませんが、

フリマというよりは、戦後の闇市といったイメージの場所へ。

店は古く売り物もいつのモノか分からないおもちゃなどが並び、

お店の人はいるものの商売っ気があるのかないのか分からない。

数十メートル進んだ先に、万華鏡がそびえ立っていました。

f:id:GK_GK21:20171116214405j:plain

確かに万華鏡としては大きいのかもしれません。

というより、あの手に持つ筒状のモノしか見たことありませんしね。

これは下から覗き込み、手動でハンドルを回すと中で模様がくるくる回るもの。

素敵な万華鏡をイメージして行ってはがっかりです。

まあ手作り感・味のあるモニュメントだと思いますし、確かにでかい。

 

期待をはるかに超えて楽しかった!

1~2時間のつもりが、3時間強くるくる回っていました。

過去と現代が交錯しており、面白い町だなと思います。

ガラス工芸体験なども充実しているようでしたので、

一日かけて楽しむにも十分だと思います。

また、長浜駅から西側に徒歩数分で長浜城もありますので、

城と黒壁スクエアを合わせるのもお勧めです。

グルメもけっこう特徴がありますので、それはまた次の機会に。