G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

読書感想/星野リゾートの教科書

星野リゾートの教科書」 中沢康彦 著

星野リゾートといえば、いわずと知れたリゾートホテルですね。

今は運営会社が変わってしまいましたが、

私も西表島のホテル・ニライカナイに泊まったことがあります。

そんな思い出も交えながら読んでみました。

ちなみに星野社長が書いた本ではありません。

 

「教科書通り」と言われると

教科書通りという言葉にどんなイメージを持つでしょうか?

恐らく、融通や応用が利かない、基本しかできないという意味で

捉える人もいるのではないでしょうか。

アルバイトの方が「マニュアル通り」の対応しかできないという

不満が聞かれることもありますが、それと似たニュアンスかと。

 

とはいえ、何のために教科書やマニュアルがあるかといえば、

ある学問やノウハウを体系的・効率的に教えるためと言えます。

本書では、まず「教科書」の大切さについて触れています。

 

時代を超えて読まれるビジネス書

本書自体が2010年に出たものですので、

今ほど星野リゾートの名前も知られていなかったかもしれません。

この本の構成は、「星野社長の課題意識⇒参考にした教科書の紹介」です。

その教科書は、古典とまではいきませんが、

長期的に読まれている経済本がほとんどです。

言い換えれば、たとえ8年前の本であろうと、

それくらいの時差は関係ないということです。

 

ホテル業以外でも役に立つ

私は経営者でもないですし、ホテル業でもありません。

しかし、書かれていることのいくつかは大変参考になりました。

そして、自分の勤める会社のダメな部分を再確認できました。

 

例えば、自分の会社のダメな部分として

社員と経営の距離が遠い(心的な意味で)がありますが、

やはり経営と社員のコミュニケーション不足や、

組織の縦割り・体育会系的な縦社会思考の蔓延が原因だろうとか。

解決しようと日々言ってるのですが、単なる犯行的な人という扱いを受けています。

 

ゾナー西表島(現・ホテルニライカナイ西表島)の思い出

唯一、私が泊まった星野リゾートのホテルがゾナー西表島です。

今では、ホテルニライカナイ西表島と名前が変わり、

運営も変わりましたが、施設そのものは残っているようです。

f:id:GK_GK21:20180103200023j:plain

石垣島から船で40分ちょい、そこから送迎バスで迎えに来てもらいました。

行った時は天候がイマイチでしたが、

オーシャンビューの素敵な部屋でした。

そして、ひとりで行ったのに50平方mの広い部屋に案内してもらいました。

f:id:GK_GK21:20180103200043j:plain

恐らく、タイで泊まった高級ホテルを除くと、

これまでで一番広い部屋に泊めてもらったと思います。

ホテルで様々なアクティビティも申し込め、

私はジャングルクルーズを体験することができました。

食事もバイキング&泡盛飲み放題が付いており、

沖縄&八重山の郷土料理もたっぷり食べられました。

 

運営は変わっていますが、また行ってみたいなと憧れています。