G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【カフェ巡り32】千葉県習志野市「リトル・ズー」。フクロウの鈴木さんに会える。爬虫類もいたよ。

カフェ巡りのコーナー。どごん。

今回は、千葉県習志野市にある「cafe little zoo(リトルズー)」です。

フクロウなどの猛禽類と、ヘビなどの爬虫類がいて、しかも触れ合えるという素敵なカフェです。

f:id:GK_GK21:20190716155647j:image

 

一応、爬虫類の画像も出ますので、苦手な方はご遠慮ください。

 

 

リトル・ズーの場所など

リトル・ズーは、千葉県習志野市にあります。駅で言えば「京成大久保駅」から徒歩数分のところにあります。

千葉県民的には、京成大久保って何があるのかよく分かりません。

改めて調べて、津田沼の隣なんだ、と分かるくらいの認識です。

都内の人でも「津田沼行き」があるのでご存知かと思います。

 

 

さてリトル・ズー。

外観はけっこう地味で、そのまま道を通り過ぎるところでした。

f:id:GK_GK21:20190716155602j:image

 

しかし、よく見ると遠目にフクロウがいるのが前の歩道からも見えます。

f:id:GK_GK21:20190716155745j:image

 

入り口がこちら。ドアまで少し距離が合って、やや入りづらい雰囲気ですが、侵入していきます。

f:id:GK_GK21:20190716155629j:image

 

メニューとともに、爬虫類に関する注意事項が書かれています。

爬虫類がいるよ、フラッシュ撮影はやめてね、騒がないでね。

f:id:GK_GK21:20190716155712j:image

 

ドアの前には門番がいました。シベリアワシミミズクのライル氏。写真では伝わりにくいですが、かなりでかいです。

f:id:GK_GK21:20190716155621j:image

 

格好いいワシもいました。彼は土日祝日しかいないらしいです。

f:id:GK_GK21:20190716155738j:image

 

それでは、中に入っていきましょう。

f:id:GK_GK21:20190716155742j:image

 

リトル・ズーのメニューやシステムなど

店内はそれほど広いというわけではありません。カウンターが5席ほどと、テーブルが4卓くらい。

変温動物である爬虫類もいるので、温度はそこまで低くないかと思いきや、夏場のせいか結構涼しめでした。

カウンター席は、目の前にカメのケージがあります。

f:id:GK_GK21:20190716155614j:image

 

ちなみにカメは、必死に交尾体制(?)に入ろうとしていました。後ろからいくのがお好きなんですね。

f:id:GK_GK21:20190716155617j:image

 

3羽のフクロウもお出迎え。

もう1羽、店内を自由に飛び回っている子もいました。

f:id:GK_GK21:20190716155606j:image

 

また、爬虫類たちもケージに入って、所せましと並んでいます。

f:id:GK_GK21:20190716155700j:image

 

ランチメニューがこちら。

サラダとソフトドリンク付きでだいたい千円以下の良心的なお値段です。

f:id:GK_GK21:20190716155641j:image

 

グリーンカレー(ナン)を頼みました。まあ味はそこそこって感じですかね。

f:id:GK_GK21:20190716155734j:image

 

日替わりメニューもあります。この日はハンバーグでした。

f:id:GK_GK21:20190716155555j:image

 

そして店内外にいるタレントさんの紹介がこちら。

爬虫類は、ヘビ、カメ、トカゲです。

唯一両生類として、人気のアメフクラガエルもいたのですが、基本的には真っ暗で中を見ることはできませんでした。

f:id:GK_GK21:20190716155656j:image

 

鳥たちのタレントさん。

フクロウ、ミミズクなどの猛禽類のみ。タカは土日祝日の15時以降のみということで、重役なのでしょう。

f:id:GK_GK21:20190716155719j:image

 

そして、食事が終わってスタッフの方にお願いすると、店内にいるタレントさんにお触りができます。

料理の注文は当然前提ですが、このお触りは無料です。

 

お触りタイム

というわけで、お触りタイムスタートです。

まずは店員さんから、フクロウの触り方について説明を受けます。

首から上しか触ってはだめ、羽毛にそって触る、柔らかいからといってグリグリしない、噛まれても甘噛みなので我慢しろ、など。

とはいえ、フクロウは基本的に大人しいので普通に撫でる分には特に警戒しなくて大丈夫です。

f:id:GK_GK21:20190716155653j:image

 

そしてこちらが、一番かわいかったコキンメフクロウの「鈴木さん」。

f:id:GK_GK21:20190716155647j:image

 

成体でも小さく、体長は20~30cmくらいです。

f:id:GK_GK21:20190716155550j:image

 

気が弱いのか、頻繁にきょろきょろとしています。

f:id:GK_GK21:20190716155624j:image

 

アップ。良い顔をしています。多めに撫でておきました。

f:id:GK_GK21:20190716155637j:image

 

続いては、爬虫類のお触り。

ニシマツカサトカゲの「まっちゅう」を指名しました。これも無料です。

店員さんがケージから出し、直接手渡し渡されます。

f:id:GK_GK21:20190716155644j:image

 

ウロコはやわらかくて、ヌルヌルはしていませんがヌラヌラはしています(伝わるかしら)。

軽く押すと、ぶよっとした感触です。

ちょびっと爪でひっかいてきますが、別に痛くはありません。

なお、テーブルに置くだけで身体が冷えてしまうらしいので、ずっと持っていないといけないため、本人はあまりお触り感がありません。

 

ピンぼけですが、時々ペロペロと舌を出していました。かわいいですね。

f:id:GK_GK21:20190716155610j:image

 

ちなみに、外にいたミミズク達は、別途300円の案内料が必要とのことでした。

店内の無料お触りタイムで満足したので、私はお願いしませんでしたが…

f:id:GK_GK21:20190716155708j:image

 

良心的なお値段で楽しめる

ランチ1000円、まあ味は正直それほどでもなかったですが、量は十分。

そして、お触りタイムが付いているので、かなり良心的なお値段だと思いました。

時々行きたいですね、京成大久保という場所がちょっとネックですが。

f:id:GK_GK21:20190716155703j:image

 

トカゲもサービス精神に溢れていましたし。

 

おまけ。

白ヘビがいたのですが…

f:id:GK_GK21:20190716155558j:image

 

脱皮した脱皮ガラはお土産に持って帰っていいそうです。1枚ゲットしておきました。

f:id:GK_GK21:20190716155633j:image

 

〝こんな記事もあります〞