G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【政治】千葉市長が県知事選に出るそうですね。

政治的なことはほとんど書かないのですが、来年の知事選が話題になっていたので千葉県民として少し思うこと。

(個人の感想です)

 

f:id:GK_GK21:20200919193355p:plain

 

千葉県と千葉市の政治的関係

千葉って、県と市がものすごく仲が悪いんですよね。

千葉市は異常にプライドが高く、また政令指定都市でもあるので実際に裁量も大きい。

県は動きが遅いときもあるにはありますが、千葉市がそんな感じなので、そこが気に食わない。

オリンピック・パラリンピックも一応協力する感じにはなっていますが、実態としてはかなり連携が悪いなあと思います。

 

千葉市長が県知事選へ

千葉市長の熊谷さんが、来年4月の県知事選に出る予定というのがニュースになっておりました。

(yahooニュースなのですぐにリンク消えるかも)

news.yahoo.co.jp

 

私も元千葉市民として、また千葉市役所とも仕事をする中で感じることとして。

まず、熊谷さんは千葉市民からの人気は、結構高い印象があります。

分かりやすい話ぶりで、先進的な取り組みも行い、プライベートでは家庭を大事にしていると。

 

一方で、市役所職員の立場を見るに、この人を上司に持ちたくないなあと思います。

まず市役所内が、風通しが相当悪いです。

担当者の言っていることが課長でひっくり返り、更に部長が、局長が…ということで、最初の決めと全く違うことが出来ていきます。

そのせいか、千葉市の人からのメールが23時に来ることもざらで、結構ブラックな職場だなと思います。

その頂点にいるのが市長ですが、これがまた絶対王政で、YESMANしか置かないという風に聞いていますし、客観的に見ているとそれも事実なんだろうなあと思います。

千葉市の担当者と話していても「どうせコロコロ変わるんでしょ」という印象しかなく、こっちもやる気にならないんですよね。

二言目には「でも市長の意向が…」という忖度まみれです。

(たまに部署や担当者によっては、ちゃんと上と上手くやっている人ももちろんいますが)

千葉県内の他の自治体では、そんなことはありません。

もちろん千葉市が一番規模が大きいのは分かりますが、それ以外も市長・町長がそこまでビビらしている自治体は聞いたことないですね。

 

また、千葉市自体のプライドの高さ以上に市長のプライドが高いため、実績アピールが皮肉・嫌味になっていることも多々あります(ミスはほとんど発信されないので表面化されませんが)。

そのため政治界でも好みが分かれており、最近でも特別給付金の支給を巡って、市川市長は名指しで千葉市長批判もしています。

なので単なる市長としては人気がありますが、よく接する人からは賛否両論って感じですかね。

 

今の県知事さん

今の千葉県知事は森田健作さんです。

本名は鈴木栄治さんなので、初めて知事からの正式な書類を見たときに「誰だっけ?」と思いました。

まあタレント議員から知事になったわけですが、就任当初は特に問題がなかったように思います。

どちらかというと、知名度と消去法で選ばれたという側面もなくはないですが・・・

 

昨年の台風時に自宅に逃げ帰ったとか、そんな報道が相次ぎ、ここへ来て一気に評判が落ちていますね。

ただ、県庁職員に聞くに、庁内では評判が悪くありません。

というのも、良くも悪くもあまり口を出さないので説明さえすればだいたいの事がOKになると。

それが知事としていいのか議論はありますが、異常な忖度が必要で、かつ好みで判断されるYESMANを置きたがるよりは、決定は早いです。

県庁職員はそこそこ優秀な人が多いですが、そういう人達がのびのびと仕事ができるというのはメリットのようにも思います。

 

今の市長と県知事と、どっちが上司としてやりやすいかなら県知事かなあ。

 

千葉県民として

恐らく森田健作知事は、次回の知事選には出ないでしょう。

自民党系は鈴木大地さんを立てようとしているようですし。

 

熊谷市長が出るとかなり人気はあり、知事になってしまう気もするのですが、市長時代に絶対王政化しているので、県民としては不安半分、期待半分ですかね。

県民としては良い施策も勢いでやってくれるのかもしれませんが、知事の好みじゃない施策が停滞・凍結して影響を受けそうな気もします。

そして働く立場として、私が県庁職員なら正直嫌だなと思います。

 

ただ当選すると決まったわけではありません。

鈴木大地さんもスポーツ選手から政治経験が豊富ですし、他にも候補者が出てくるかもしれません。

 

ここは、私も出るかなあ。

 

f:id:GK_GK21:20200919200522j:plain

 

〝こんな記事もあります〞