G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ドット絵】ドット絵を描いてみる。初代マリオは16×16マスらしいですね。

2020年に任天堂のマリオが35周年を迎えたそうです。

ちなみに同い年。といっても、マリオは設定上は26歳くらいだったと思いますが。

 

ファミコンに登場した最初のマリオは、16x16のドット絵だったそうです。

f:id:GK_GK21:20210314200330p:image

(任天堂ホームページより拝借)

 

 

16x16マス=256マスで

  • 人間であること
  • ヒゲ
  • 帽子
  • オーバーオール

などで形成されていて、さらにダッシュやジャンプ、しゃがみなどの「動き」を表現するのはさぞ大変だったでしょう。

 

下の画像が16x16マスです。

クロスワードパズルなら多いですが、何かを表現しようと思ったら、大変少ないですね。

f:id:GK_GK21:20210314202010p:plain

 

最近買ったイラストソフトのクリスタには「ドットペン」という機能があり、1マスずつ塗っていくことができます。

さながら、点描のようなものですね。だいぶ点が少ないですが。

 

 

そんなドットペン機能を用い、16x16マスでふなっちょを表現するとこうなります。

まんまるお目目は表現できませんし、まんまるボディもこんなものです。

魅力的な「3」型の口は、多少表現できています。

f:id:GK_GK21:20210314202132p:plain

 

そこで少しマスを増やし、64x64マスにしてみました(微修正前)。

アップにしたことでカクカクですが、遠目にすれば少しは滑らかになります。

f:id:GK_GK21:20210314200505j:image

 

調子に乗って、ゲーム画面で実装してみました。

⇐が16x16、⇒が64x64のふなっちょです。(狐はデフォルトキャラ)。

こうしてみると、カラーが少ない上に曲線ボディというのは、そこそこ難しいのかもしれません。

f:id:GK_GK21:20210314200514j:image

 

動かすとこんな感じです。(私のTwitterより)

 

ドット絵も奥深い分野ですからね。

100x100くらいでもやってみると、1マスの色の違いで大きく影響を受けるというのがよく分かります。

一方で、普通の絵よりも落ち着いてできますし、ドット絵ならではの味わいもあるので絵心のない私からすれば、ドット絵から入るというのもありかもしれません。

f:id:GK_GK21:20210314202105p:plain

 

なお、ふなっちょゲーム化企画は、まだ着手したばかりです。

〝こんな記事もあります〞