G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【グルメ】熱海の「ハイパー干物クリエイター」の店でなんと、干物を食べました。

ハイパーメディアクリエイターの方の顔も名前も全く覚えてません。

が、熱海には「ハイパー干物クリエイター」がいると言うので、そのお店に訪れてみることにしました。

 f:id:GK_GK21:20210324064315j:plain

 

 

 

 

ハイパー干物クリエイターですが、私が訪れたのは干物の小売店ではなく、飲食店の方です。

場所は、熱海駅から徒歩15分くらいですかね。

お隣の来宮駅の方が近いかもしれません。

 

隣のソー○ランドのでかい看板が先に目に入り、周辺にその手のお店も多いので、間違えたかと不安になりました。

正確な店名は、「yoshi-魚-tei(よしうおてい)」です。

ハイパー干物クリエイターは、「干物屋ふじま」という干物屋を営んでおられますが、その直営店という位置づけ。

2020年11月にリニューアルされたそうです。

 

当たり前のようにハイパー干物クリエイターと書いてますが、ハイパー干物クリエイターについては、以下の公式HPをご覧ください。

www.himonoya-fujima.jp

 

メニューと店の雰囲気など

お店はカウンターが10席ほど、テーブル、個室があります。

ソープはありますが、糸川という川のほど近くで、明るいうちだったせいか分かりませんが、比較的閑静な場所でした。

f:id:GK_GK21:20210310201715j:image

 

ランチタイムには、干物定食が食べられるようです。

といっても、定食化されていないだけで、ほとんどのメニューはディナータイムも食べられるようでした。

f:id:GK_GK21:20210310201725j:image

 

干物はもちろんですが、刺身やおでんもありました。

静岡おでんには興味があったのですが、このお店のおでんがそうなのかは分かりません。

いぶりがっこ&クリームチーズはかなり好きなのですが、熱海で食べるものでもないだろうと我慢。

f:id:GK_GK21:20210310201710j:image

 

食べたものたち

日本酒を一合ほどいただきながら。

干物をメインに食べに来たわけなので、干物料理を中心に頼みます。 

刺身、サラダなどは普段なら食べますが、やはり干物を。

f:id:GK_GK21:20210310201718j:image

 

まずはイワシの干物。

脂がギラギラ(良い意味で)と乗っていて、小ぶりながら食べ応えはそこそこ。

f:id:GK_GK21:20210310201730j:image

 

少し変わり種で「和ヒージョ」という料理を。

アヒージョ風ですが、サバと思しき干物が入っております。

ミョウガとネギがたっぷりで、なぜか甘味を感じまして、大変美味しかったです。

f:id:GK_GK21:20210310201722j:image

 

さらに変わったところでは、エビの干物。

エビの干物は初めて見ました、しかも普通の干しとみりん干しです。

干物にすると歯ごたえがかなり増し、噛むとエビの風味が出てくるという感じで面白かったです。

f:id:GK_GK21:20210309171823j:image

 

そして私の中では干物といえばアジのイメージ。

最初は「今日の分がまだ届いてなくて・・」という状況でしたが、最後に間に合いました。

 

下の写真のように、背中側を上向きに出されたことで、かなり戸惑いました。

f:id:GK_GK21:20210310201706j:image

 

「本場の干物はこちら側から食べるのか?」
「ハイパー干物クリエイター流はこうなのか?」

と疑心暗鬼でしたが、普通に裏返して食べました。

 

感想まとめ

どの干物も美味しかったですね。

珍しいものも食べられましたし、魚は肉よりも体にもいいでしょう。

こんなに干物ばかりを食べたのは初めてだと思います。

ただ、一人で行くと干物って1~2匹分も食べれば十分なので、シェアできる人と行った方が、いろんな干物&別の料理も頼めていいのかなあと思いました。

それはほとんどの店にも言えることなんですけどね。

 

ただ、ハイパー干物クリエイターという肩書は素晴らしいと思うので、ぜひ一度行ってみてください(ちなみに料理人の方はハイパー干物クリエイターではないようでした)。

〝こんな記事もあります〞