G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【ひとり旅】日本一の石段へ挑戦・熊本県美里町

「石段数の日本一」があることをご存知でしょうか。

熊本県にある「釈迦院御坂遊歩道」は、石段数が「3333段」のながーい階段で、

その高さは日本一とされています。

私もかつては日本一を目指した男。

それが嘘であっても、日本一への挑戦するのは面白そう。

というわけで、ただ石段を昇るお話。

 

リライト記事です。

 

<目次>

 

 

石段の歴史と全体像

まずは石段について。

意外なことに歴史は新しく、1988年に「町の観光スポットとして造られた」そうです。

なので、古来から修行僧が…とか、そういうものでもないようです。

 

毎年11月には「アタック・ザ・日本一」というレースも行われるとか。

往復のタイムを競うなかで、早いと40分程度だそうです。

私の記録は後ほど書きますね。

 

何段かごとに、休憩所やトイレなどがあります。

後でも書きますが、自動販売機などはありませんので要注意。

また、夜になると暗くなるので、時間帯にも注意しましょう。

f:id:GK_GK21:20171024222600j:plain

 

交通アクセス

石段日本一の「釈迦院御坂遊歩道」は、熊本市街から車で小一時間ほどかかります。

付近には無人の駐車場がありますが、置いてある箱に「300円入れてね」等と書いてあります。

他にもいくつかあったので、もっと安いor有人の所もあるのかも。

 

カーナビを使う場合には、以下の住所を入れるとだいたいたどり着けるでしょう。

場所:熊本県下益城郡美里町坂本

 

日本一への挑戦、スタート!

せっかくなので記録を取ろうとストップウォッチをスタートし、1段ずつ昇り始めました。

一段の高さは20~30cmはあったように思います。

御影石を使った石段ですし、まだ新しいものですので、かなりしっかりした階段です。

f:id:GK_GK21:20171024215252j:plain

 

所々にベンチやトイレがあります。 ただし、自動販売機等はありません。

飲み物は無いと厳しいので、事前に用意しましょう。 

f:id:GK_GK21:20171024220118j:plain

 

 

f:id:GK_GK21:20171024220259j:plain

 

100段ごとに現在の段数が書かれた石が置かれています。

これがやる気にもつながりますし、絶望にもつながります。

正直なところ、300段くらいからけっこうきつかったです。

普通の家で1階分上がるのは恐らく15~20段分くらいだと思いますが、

これだけで15~20階分と考えると、それなりのきつさですよね。

 

昇り続けるのだ

1,000段を越えた辺りから、さらに心拍数が上がり、息も絶え絶えに切れてきました。

石段は歩きやすい反面、固くて高くてヒザへの負担がかかります。

ただ途中の道すがら、ふと横を見ると、こんな素敵な景色が見られる場所もあります。

木々の間に、まるで切り抜かれたような景色。

f:id:GK_GK21:20171024221303j:plain

 

その後、だいぶ飛ばして、2,447段へ。

1,000段~2,500段くらいが一番つらかったですが、記憶はあいまいです。

無駄にテンションが高かったので、一部走っていたように思います。

 

下の画像の通り、恐らく2,446段が、この釈迦院御坂遊歩道以前の日本一だったのでしょう。

日本一を目指したいなら、2,500段で十分なのにと強く愚痴るほど疲れていました。

f:id:GK_GK21:20171024221416j:plain

白龍が如く!!

「龍が如く」じゃないよ。

その後は、もはや気力だけで動いている感じでしたが、あと少しのため再びテンションも上がってきておりました。

 

そしてとうとう頂上! 3,333段を登り切りました!!

 

その石碑に刻まれていたのは

白龍が昇るが如し石段は三三三三段で日本一

 五七五七七かと思いきや、後半が違うという罠。

f:id:GK_GK21:20171024221756j:plain

 

気になる(?)登頂記録は、休憩合わせて54分。 

休憩は10分程度でしたので、昇っている時間だけで言えば45分程度でした。

アタック・ザ・日本一は「往復で40分」だそうですので、そりゃー凄いですね。

 

小学生くらいの子どもも挑んでいたので、時間さえかければけっこう行けるのかもしれません。

f:id:GK_GK21:20171024221734p:plain

 

でも、釈迦院まではまだ先がある

石段を登り切っても、最奥にある「釈迦院」までは、そこから軽めの坂を1km程度歩く必要があります。

ここが最終目的地だと思っていたので、更に1km追加は気持ち的にも辛い。

しかし、目的は「日本一を倒す!」だったので達成できているとはいえ、滅多に来られないので行ってみようかと。

というか、二度と行くか分からないですしね。

 

ただ、私が行った時は気象災害があったそうで、工事中でした。

ちなみに工場車両は裏手から入れるらしい=石段登らなくても行ける道がある。

 

せっかくなので、釈迦院の由緒を載せておきます。

釈迦院自体はご自分で昇ってご覧ください。

f:id:GK_GK21:20171024222200j:plain

 

この後、当たり前ですが3,333段を下りなければいけません。

疲れのせいか、もう記憶がありませんので省略します。

ヒザと心が泣いていた気がします。

 

日本一へ挑戦したことは良きことなり

釈迦院が見られなかったのは残念ですが、日本一に挑戦するというのは貴重な経験でした。

また、日が沈む直前だったせいか、あまり人もおらず、自分のペースで昇れました。

私のような普段あまり長時間運動をしない人間でも、何とか昇れましたので、体力自慢の方には余裕かもしれませんけどね。

 

皆様もぜひご挑戦ください。

 

翌日の筋肉痛、特に尻へのダメージが大きかったですが、

達成後の熊本名物・馬刺し盛り合わせは最高でした。

f:id:GK_GK21:20171024222803j:plain

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞